2016年11月教室 『さらに新しい乾癬治療薬(生物学的製剤)』
乾癬の治療に生物学的製剤がわが国に導入されて5年間。その画期的な治療効果が多くの患者さんに福音をもたらしました。
第一世代であるTNFα抗体(ヒュミラ、レミケード)、第二世代のIL23抗体(ステラーラ)、そして昨年から新たに第三世代であるIL17抗体(コセンティクス)が登場しました。さらに今年9月、IL17受容体抗体(ルミセフ)が発売になりました。

乾癬の原因究明と、新しい治療法の研究・開発には目覚しいものがあります。
私が皮膚科医になったばかりのころ、乾癬治療を担う『ドラえもん』のポケットの中身はこんなものでした。
c0219616_18365322.png
乾癬がおきるメカニズムついての理解もこんなものでした。
c0219616_18392855.png


しかし、1980年~90年代には次々と理解が進み、紫外線照射療法、内服薬のレチノイド(日本における商品名:チガソン)、シクロスポリン、そして活性型ビタミンD3外用剤が治療に導入され、乾癬治療は格段の進歩を遂げます。
c0219616_18423122.png
c0219616_18425075.png


大きな発見は、免疫抑制薬のシクロスポリンが劇的に乾癬を良くしたことでした。今までは皮膚(表皮)の新陳代謝(角化)の異常が原因と考えられていた乾癬の原因が、一気に皮膚の免疫の異常と考えられるようになったことです。皮膚(表皮)に効くと思われていた治療・薬剤も、実は免疫調整作用で乾癬に効くと考えられるようになりました。
c0219616_18483139.png


そして、モノクローナル抗体(一つの標的だけをブロックする)の作成手法が一般的となり、乾癬にかかわる免疫物質(タンパク質)に対するモノクローナル抗体が、次々と薬剤として使われるようになりました。中には治療薬があまりに「実験的」とも思えるものもありましたが、現在では赤字で示した薬剤が乾癬の治療薬として実際に使われるようになりました。
c0219616_1854027.png


『ドラえもんの四次元ポケット』は大きく膨らみました(飯塚一先生の「乾癬治療ピラミッド」)。
c0219616_18552453.png


新しく登場した『ルミセフ』の効果・副作用を示します。
c0219616_18563353.png
c0219616_18565545.jpg
c0219616_1857873.jpg
c0219616_18572486.jpg
c0219616_18574098.png


現在わが国で発売されている乾癬治療の生物学的製剤一覧表です。
c0219616_192211.png


乾癬への効果は、いずれもたいへん優れており、ことに第3世代のものでは約半数の人で乾癬がすべて消失します。「つらい乾癬から解放される」。この歓びはどんなにか大きなものでしょう。

問題は2点。よく効く生物学的製剤も治療を中止すると、乾癬が復活します。治療は長期に及びますので、副作用(重症感染症)、治療費用が問題です。副作用については、第2、3世代のものがより安全です。値段は一律に一日換算で¥5200とされています(注射の頻度により自己負担額は異なる)。しかし、2016年9月に発売予定とされていた『トルツ』でとんでもない事態が起こりました。値段の決め方が不透明なのです。その「どんでん返し」に・・・・・・

この顛末については、また2017年2月の健康教室で詳説いたします。
[PR]
# by kobayashi-skin-c | 2016-12-01 18:37 | 「皮膚の健康教室」抄録 | Trackback | Comments(0)
2016年12月の皮膚の健康教室はお休みいたします。
12月下旬は外来が混みあうことが予想されます。
まことに申し訳ございません。お休みいたします。
2017年1月24日 『じんましんの原因と治療』にお越し下さい。
[PR]
# by kobayashi-skin-c | 2016-12-01 18:28 | お知らせ | Trackback | Comments(0)
2016年11月 『新雪!初滑り!!ヤッホー!!!』 November 2016 "New Snow, First Ski, Yahoo!"
気温が下がり、新雪が地面をおおった。待ちに待ったパウダーのシーズン到来!
c0219616_16362774.jpg


札幌国際スキー場で初滑り。
c0219616_16371763.jpg
c0219616_16372920.jpg


札幌国際スキー場には「グランドシニア」なるチケットカテゴリーがある。晴れて!二人とも有資格者となった。一日券¥3000。20本近く乗りこなすグランドシニアには大変お得である。お昼はゲレンデ食堂で「国際カレーラーメン」。
c0219616_16424296.jpg

いよいよスキーシーズンの幕開けである。
[PR]
# by kobayashi-skin-c | 2016-11-30 16:43 | PHOTO & ESSAY | Trackback | Comments(0)
2016年11月 『晩秋、落穂ひろい』 November 2016 "Des glaneuses"
「Des glaneuses(落穂ひろい)」、フランスの印象派画家ミレーの代表作。「晩鐘」とともに晩秋の農村風景として名高い。
c0219616_16471117.jpg
『落穂ひろい』??

いたいた、カラスの『落穂ひろい』!!。ポプラ並木横の実験田圃に落穂を探すカラスが群れていた。
c0219616_16493816.jpg


晩秋の北海道大学で「坂本直行さんのスケッチブック展」が開かれていた。
c0219616_16572826.jpg
坂本直行は昭和初期、北海道大学山岳部草創期に学生時代を過ごし、卒業後は日高地方で牧場開拓にあたった。貧しい開拓生活の中、日高の山々を描き、やがてその画才に目覚め、画家として独立した。坂本直行の作品としてもっとも有名なのは、あの「六花亭(旧名帯広千秋庵)」の包み紙を彩る野の草花の絵である。
c0219616_17334992.jpg


展示物の中に、日高の坂本直行の開拓地を訪れた客人の芳名録(随筆集)があった。有馬 洋、有馬 純兄弟の2ページが開かれていた。
c0219616_171540100.jpg
私の学生時代の同級生有馬君の伯父・父君のものである。有馬 洋は北海道大学山岳部在学中に日高で遭難死した。有馬 純、いや有馬先生は私の学生時代、北海道大学結核研究所(現免疫研究所)の所長で、実は私たちが学生時代に結婚式を挙げたとき仲人をつとめてくださった。残念なことに有馬先生は先年天国に召された。その有馬先生の若々しい、そしてロマンティックな文章に感激した。展示物の撮影は禁止であったが、周囲に人がいないことを確かめてカシャリした。

晩秋、言葉以上に物寂しい。もうすぐに本格的な冬が来る。
c0219616_1725156.jpg
c0219616_17251577.jpg

[PR]
# by kobayashi-skin-c | 2016-11-20 16:39 | PHOTO & ESSAY | Trackback | Comments(0)
2016年11月 『晩秋から初冬』 November 2016 "in the Late Autumn"
今年の北海道はあっという間に秋が通り過ぎていった。

中島公園の紅葉
c0219616_10521727.jpg
c0219616_1052383.jpg


初雪も早く、10月20日には一度街が真っ白となった。二日前には11月上旬としては異例の大型寒波が押し寄せ、札幌市内でも20㌢を超える積雪となり、初氷もはった。クラーク博士も寒そう。
c0219616_11532412.jpg


もう40年以上も前、私が北海道大学に入学した年の初冬のこと、広島からきたばかりの私に先輩が冬の注意として、「凍れる(しばれる)日に外で小用をたすときは、トンカチ(金槌)を持っておくのを忘れないように。出る端から小便が凍るのでトンカチで割りながらしなくてはならない」と教えてくれた。「なるほど」。またもう一つ冬の知恵としてこんなことも教えてくれた。「初冬のころ、鴨が簡単に獲れるぞ。凍ったばかりの池に行くと動けなくなった鴨がいるので、鉄砲はいらない。鎌を持っていって脚を刈ればいいんだ」と。

初氷のはった大野池。「いたいた、凍った池にじっと動かぬ鴨が数羽」。
c0219616_1224733.jpg
「しまった。鎌を持ってくるのを忘れた、残念!」

でも、よく見ていると鴨は薄氷を割りながら、歩いたり、泳いだり。どうやら氷に閉じ込められてはいないようだ。
c0219616_1253066.jpg
c0219616_1273488.jpg


その後、先輩の忠告は笑い話であることを身をもって実証したが、凍った鴨の話しはまだ少し信じている。

大野池の氷に閉じ込められた鴨ではなく、落ち葉。
c0219616_121063.jpg


銀杏並木は黄葉の最盛期の前に雪で落ちて、黄色の絨毯を作った。
c0219616_1212198.jpg


錦模様の絨毯も。
c0219616_1213212.jpg


足早に去っていった秋。晩秋から初冬、いやな季節だが新雪と残り葉の美しい一瞬がある。
c0219616_12155439.jpg
c0219616_12161423.jpg


そして、モンブランが美味しい(レストラン「プティ・サレ」にて)。
c0219616_12172343.jpg

[PR]
# by kobayashi-skin-c | 2016-11-10 17:47 | PHOTO & ESSAY | Trackback | Comments(0)