2011年5月 バスク、ピレネー紀行
サン・ジャン・ド・リュズの町並み。真っ白な漆喰壁に赤い窓枠、バスクらしい建物が並ぶ。この町で太陽王ルイ14世とスペイン王女マリー・テレーズが結婚式を行い、サン・ジャン・ド・リュズの町の名はフランス史に登場する。
c0219616_16201135.jpg

c0219616_16203970.jpg


フランス側海バスク、バイヨンヌ。バイヨンヌの名物はと言えば、バイヨンヌハムとチョコレート。迷わず両方買いました。写真は運河沿いのフリーマーケットとその広場の一角にあったチョコレート屋さん。マカロンもすごく美味でした。
c0219616_16233366.jpg

c0219616_1624174.jpg


スペイン側海バスク、サンセバスチァン。人口18万人のこの町は、美しいConcha Bayのビーチを持つリゾート地。Concha Bayは、Mt. UrgullとMt. Igueldo、そして小さなSt. Clara島によって湾が大西洋から塞がれ、ビーチは波が穏やかで、まだ5月と言うのに多くの人々が砂浜で日光浴、海水浴を楽しんでいた。
c0219616_16274036.jpg

c0219616_16504434.jpg

ビーチ沿いにはカジノもあったが、サンセバの魅力は何と言っても「食べる」こと。ミシュラン三ツ星レストランが3軒、二ッ星レストランが2軒ある。なんと羨ましいことか。それに古い街並みに出かけるとbarとcafeが軒を連ね、夜の帳が下りるころには、多くの人々で溢れかえる。
c0219616_16583186.jpg

c0219616_16591494.jpg

アルサックの一品
c0219616_171437.jpg

マルティン・ベラサテギの一品
c0219616_173541.jpg

ムガリッツの一品、まずはゴマすりから
c0219616_1761632.jpg

c0219616_1772310.jpg


サンセバスティアンに別れを告げる夕暮れ
c0219616_1710622.jpg


そして山バスクへ。
フランス側バスクの町、サン・ジャン・ピエ・ド・ポール。キリスト教三大聖地の一つ、サンチアゴ・デ・コンポステーラへの巡礼の道が一本に集まり、ピレネー越えに備える重要な宿場町。街のいたるところに巡礼者をいたわる施設がある。帆立の貝殻と杖は巡礼者の象徴。
c0219616_171528.jpg

c0219616_1715278.jpg


サン・ジャン・ピエ・ド・ポールからピレネーの山懐へ。
深い谷間と牧場が一幅の絵画を描き出す。
c0219616_171973.jpg

そしてさらに山深く、峻嶮な峰々が瞼を貫く。
c0219616_17193725.jpg

スペイン側に入りブロトの町からピレネーのトレッキングに出発した。
c0219616_1721148.jpg

c0219616_17213766.jpg

c0219616_17221069.jpg

だれ一人いない氷河谷の最奥でカモシカ(chamois)が私達を迎える。
c0219616_1722476.jpg

山のふもとでは、人と牛と羊が一体となって暮らしていた。
c0219616_17293882.jpg

c0219616_173063.jpg

またいつの日か、海バスク、山バスク。
(健康教室抄録6月もご覧ください)
[PR]
by kobayashi-skin-c | 2011-08-24 17:34 | PHOTO & ESSAY | Comments(0)
<< 2011年7月26日教室『夏の... 2011年6月28日教室 『ス... >>