2013年6月25日教室  『ヒマラヤ・アンナプルナトレッキング』
昨年に続き三度目のヒマラヤトレッキング。今回の目的は、アンナプルナ・サンクチュアリ(4130m)。世界(すべてヒマラヤ山脈にあり、ネパール・中国・パキスタンにまたがる)に14座ある8000m峰では最初に登られたアンナプルナⅠ峰(1950年フランス隊が初制覇)を中心とする、アンナプルナ・ヒマールの内懐である。アンナプルナⅠ峰の頂を目指す登山者の登山基地があり、アンナプルナ・ベースキャンプ(ABC)とも呼ばれている。
 札幌から成田へ、成田からインド・デリーへ、デリーからカトマンドゥ、さらにポカラ、そしてポカラからジョムソムへ飛び、トレッキングが始まった。ムクチナートへの巡礼、ジョムソム街道の破天荒バス旅行、そしてタトパニからゴレパニへ、シャクナゲが咲き乱れる山々を横切り、そしてアンナプルナ・サンクチュアリへと向かった。

ブログ「photo & essay」で紹介しています。ご覧ください。
[PR]
by kobayashi-skin-c | 2013-06-26 18:46 | 「皮膚の健康教室」抄録 | Comments(0)
<< 2013年6月 空沼岳、富良野... 2013年5月 May, 20... >>