2013年7月 July 2013 大雪トムラウシ山系縦走 Trekking in Taisetsu (Tomurausi) Mountains
7月14日~17日、旭岳温泉を出発し、旭岳、お鉢から白雲岳避難小屋。そして高根が原から忠別岳、五色岳を登り、化雲岳。ヒサゴ沼避難小屋に2泊し、トムラウシ山に遊び、天人峡温泉に下山した。晴天に恵まれ、白く大きな雪渓、たおやかな峰々、そして咲き乱れる花々に、目も心も奪われ心動かされた4日間の山旅であった。

第1日目。出発点の姿見の池周辺。エゾイソツツジの花と旭岳。
c0219616_14375899.jpg

さっそくチングルマのお花畑と大雪渓が迎えてくれた。
c0219616_14391359.jpg
c0219616_14393156.jpg

「お鉢」に咲くタカネキスミレ
c0219616_14413346.jpg

白雲岳頂上下の大雪渓。2週間前にはこの近くで足を滑らせた女性が滑落死した。しっかりとストックを効かせ、足をキックさせながら登った。
c0219616_14464286.jpg


第2日目。この日は白雲岳避難小屋を4:30amに出発し、高山植物の花々が咲く高根が原をのんびりと歩いた。

エゾツツジの向こうに忠別岳山頂、そして遠く遠くにトムラウシ山。
c0219616_14485441.jpg

コマクサの群落
c0219616_14502145.jpg

リシリリンドウの鮮やかな青
c0219616_1455452.jpg

タカネシオガマの美しい紫
c0219616_1457111.jpg

ミネズオウ(峰蘇芳)の可憐なピンク
c0219616_1459430.jpg


忠別分岐から五色岳までは、ハイマツ、ミヤマハンノキ、ナナカマドが茂るブッシュの中の急登が続き顎を上げたが、その先には、また美しいお花畑が広がっていた。

忠別分岐にて
c0219616_1565453.jpg

チシマツガザクラ
c0219616_1575066.jpg

イワウメ
c0219616_15141454.jpg

ホソバウルップソウ
c0219616_1584957.jpg

お花畑の向こうには、トムラウシ山
c0219616_1593589.jpg


お花畑からはまた大雪渓、その向こうにヒサゴ沼避難小屋
c0219616_15142156.jpg
c0219616_1515330.jpg


第3日目。ヒサゴ沼避難小屋は空いていた。新潟のご夫婦、東京のおじさん二人、大阪の三人家族、広島の三人娘、そして私たち、計12人の旅人たちが鼾も高らかに楽しく夜を過ごした。

雲一つない青空の朝、トムラウシ山を目指した。

ヒサゴ沼の朝
c0219616_15174695.jpg

朝日に輝くエゾコザクラ
c0219616_1520520.jpg

この辺りのトムラウシの縦走路は、日本庭園と呼ばれる。
c0219616_1524966.jpg
c0219616_15245538.jpg

トムラウシ頂上直下の北沼。4年前トムラウシ縦走ツアー一行が悪天候のため遭難した。この湖畔でまず二人が命を落とした。山は「天国と地獄」。
c0219616_1528081.jpg
c0219616_15282014.jpg


トムラウシ山頂には8:30am到着。あれだけ晴れわたっていたのに、山頂では雲がのぼり、雄大な景色を白く隠してしまった。私にとっては実に43年振りのトムラウシ、家内にとっては初めての頂である。c0219616_1547784.jpg
c0219616_15474595.jpg









南沼キャンプ場そばのエゾコザクラとハクサンイチゲの群落。4年前の遭難ではここでも二人が死んだ。信じられない。
c0219616_15552234.jpg

お花畑の向こうの雪渓を、東京のおじさんが行く。大声で別れを告げた。
c0219616_1556653.jpg


第4日目。この日も晴天の朝を迎えた。5:00amにヒサゴ沼避難小屋を出発。大雪渓を登り、ヒサゴ沼と東大雪の峰々を眺めながら贅沢な朝食をとった。
c0219616_1559941.jpg
c0219616_160211.jpg


化雲岳頂上(化雲岩)に立つ
c0219616_1605239.jpg

頂上からの大展望。遠く旭岳(左端)を望む。あそこから歩いて来たのだ。
c0219616_1615297.jpg


化雲からポン化雲にかけてのお花も素晴らしかった。花々とトムラウシの山々に感謝の言葉を告げ、天人峡温泉に下った。
エゾノツガザクラ
c0219616_1662342.jpg

ミヤマリンドウ
c0219616_1672555.jpg

エゾルリソウ
c0219616_168145.jpg

チングルマとトムラウシ
c0219616_16948.jpg


山は美しい。でも大自然の厳しさはときに人を寄せつけない。そればかりか、命をも奪ってしまう。今回の山旅は、奇しくも4年前の大遭難事故(事件)とまったく同じ日程で、トムラウシ山系を歩いた。『天国と地獄』としか言いようがない。亡くなった方々のご冥福を祈る山旅でもあった。
[PR]
by kobayashi-skin-c | 2013-07-31 14:36 | PHOTO & ESSAY | Comments(0)
<< 2013年8月教室 『さらに進... 2013年7月23日教室 『ネ... >>