2013年9月 September 2013  『魅惑のバリ Bali Ha'i』
私は山へ行くことが多く、南国のリゾートとは長らく無縁であった。しかし、次男がバリ島で結婚式を挙げるとのこと、何の縁あってか、バリにでかけることとなった。

札幌→羽田→バリは深夜便が飛んでおり、火曜日の診療を終えてから、翌朝には南国の人となっていた。

ウブドゥのリゾートホテル
c0219616_1622746.jpg


バリは実に変化に富んだ島である。リゾートなどは垣間見るほんのひとこま。欧米人(今は日本人いや中国人)が手を加えた一空間に過ぎない。豊かな自然、それも海バリと山バリがあり、そこに人々の歴史が美しい景観を描き出している。そして、伝統の文化が今も息吹いている。

ウブドゥ近郊のテガラランにひろがるライステラス(棚田)
c0219616_16225481.jpg
c0219616_16231924.jpg


伝統舞踊のレゴン、バロン
c0219616_16353983.jpg
c0219616_16355329.jpg
c0219616_16361612.jpg
c0219616_16371713.jpg


そしてケチャ
c0219616_16415270.jpg


バリ島の自然がはぐくんだ歴史遺産「タマン・アユン寺院(世界遺産)」
c0219616_17121464.jpg


海辺に広がるリゾート。こんなところで結婚式とは、何もかもが初体験。インド洋に沈む夕日が思い出のすべてを彩ってくれた。
c0219616_17401872.jpg
c0219616_1741223.jpg
c0219616_17412188.jpg

[PR]
by kobayashi-skin-c | 2013-10-09 16:24 | PHOTO & ESSAY | Comments(0)
<< 2013年10月 Octobe... 2013年8月 『北海道大学、... >>