2014年5月 『富士山大滑降』 May 2014 "Ski in Mt Fuji"
c0219616_16202650.jpg

2014年5月24日早朝、快晴の空に、雪の帽子をかぶった富士山がすっくと立っていた。『涙のアルプス・オートルート』から帰国してすぐ、「雪山登山・スキー訓練に」と思いたち、ノマド社が企画する『世界遺産 日本のてっぺんに立つ そして大滑走』に参加することを決めた。なんだか「破れかぶれ」の感がなきにしもあらず。ガイドは、『羊蹄山 春スキー』を案内してくれた小田さんである。

今年の富士山は例年になく残雪が多いんだとか。富士吉田登山道5合目の駐車場から、凍った雪道を歩き始める。スキーやアイゼンや、水に、食料、そして着替えが詰まったバックパックを背負い、スキーブーツをはいて歩くのは大変である。でもこれも訓練、訓練。しばらくは夏道をたどる。
c0219616_16343628.jpg
c0219616_16353346.jpg


ほどなく6合目からは、スキーブーツにアイゼン(クランポン)を装着し、雪渓上を直登する。
c0219616_1638262.jpg

勾配が増すにつれ雪も硬く締まってきてからは、ピッケルを手にして登り、さらに急勾配では小田さんとザイルで繋がりながら登った。5月の連休のときには二名が雪渓上の滑落で命を落としている。「転んだら最後、止まらないだろうな」と思いつつ、真っ青な空と、真っ白な雪渓、黒い岩肌を見あげる気分は爽快である。
c0219616_16401458.jpg
c0219616_16412252.jpg


24日1400、この日は本八合目の小屋にスキーをデポ(置いておく)、頂上アタックは明日とする。帰りは雪渓を尻滑りで降り、5合目の佐藤小屋に宿泊した。
c0219616_1653747.jpg


25日0430、佐藤小屋を出発し頂上を目指す。薄曇りではあるが、気温はプラス、風も穏やかで絶好の登頂日和。本八合目まではスキーを担がなかったぶん、快調に高度をかせいでいった。高山病症状もなく、ピッケルを突き刺しながら、アイゼンを蹴込みながら登る雪山は充実感に溢れていた。
c0219616_1658222.jpg
c0219616_188121.jpg


9合目の鳥居をくぐり、ほどなく吉田口山頂に至る。思わず万歳をしたくなる。
c0219616_171410.jpg
c0219616_171347.jpg


富士山山頂はお釜の向う側。爽快に大雪原を横切り、おっかなびっくり頂上直下をトラバースし、山頂に立った。山頂には十数人もいただろうか。お釜にスキーで飛び込んでいく強者もいた。
c0219616_17245553.jpg
c0219616_17254287.jpg
c0219616_1726164.jpg
c0219616_17263921.jpg


我われは、吉田口山頂から5合目まで続く「吉田大沢」を一気に滑り降りた。小田さんからは「空気が薄いですから、滑り降りるときに息を止めないこと!『ワーーッ』でも『ギャーーッ』でも叫びながら息を吐き出して下さい、そしたら息を吸い込みますから」との指示。それにしても富士の大斜面を滑り降りる爽快感と緊張感は、これぞ『日本のてっぺんからの大滑降』。小田さんの注意も忘れてたぶん息をするのを忘れていたのだろうか、何回かのターンを終えると止まって肩で息をしていた。
c0219616_17401793.jpg
c0219616_1740087.jpg



余裕の衣子、そしてみんなで『シー・ハイル(スキー万歳)!』
c0219616_17404277.jpg
c0219616_17432531.jpg


下山後、河口湖湖畔から夕焼の富士に見とれながら『あの頂きからスキーで降りてきたんだよ!』と信じられないような誇らしいような、知らない誰にでも言いたかった。
c0219616_175728100.jpg

[PR]
by kobayashi-skin-c | 2014-05-28 16:21 | PHOTO & ESSAY | Comments(0)
<< 2013年12月17日教室 『... 2014年5月 『5月の札幌』... >>