2016年2月 『三寒四温』 February 2016 "Three Cold Days, Four Warm Days"
NHKの天気予報で、「『三寒四温』はもともと中国では冬の天気を表す言葉だった」、と天気予報士の南さんが説明していた。「シベリアから張り出す寒気団も、ずっと居座り続けるわけではなく、また寒さが緩む」の意らしい。日本では春先の天気として使われることが多い。語呂あいもよく、春の訪れが感じられる良い言葉だ。

立春を過ぎて、北海道にも南からの低気圧が入れ替わり北上し、いったん暖気が入り込み、後に冬型の気圧配置をもたらし、大荒れの天候となる。北海道では荒れる『三寒四温』、と言ったところか。

このところ週末ごとにこの荒れた天気がやってくる。例の藻岩山北壁(きたかべ)に今日もハイキング、のつもりだったのだが、今日の北壁コースには昨夜からの降雪で踏み跡がなかった。膝までのラッセルを強いられたが、冬山登山の気分を味わうことができた。いや確かに冬山なのだが。
c0219616_15385932.jpg
c0219616_15394114.jpg
c0219616_1540220.jpg
暖気が影響したのか、木々の梢は霧氷で飾られていた。美しい。
[PR]
by kobayashi-skin-c | 2016-02-21 16:33 | PHOTO & ESSAY | Comments(0)
<< 2016年3月 『今年最後のパ... 2016年2月 『パウダースノ... >>