2016年6月 『赤岩ミステリー』 June 2016 "Mystery of Red Cliff Otaru"
3日前に来たばかりというのに、晴れ間がのぞいた平日、また赤岩を訪れた。今日は、赤岩西壁ルート(手前の黒い岩壁)。
c0219616_1753458.jpg
透きとおった碧色の海を眼下に眺め、遠く石狩湾を囲む積丹、増毛の山々を見渡すこの爽快感。攀じりきった達成感、安堵感も大きい。何よりもノマド宮下さんへの信頼感が支えである。
c0219616_17573665.jpg
c0219616_17575053.jpg



こんな岩登り通いを、もし、親が知ったならどんなに悲しむだろう。
それも、平日に。
(弁解がましいが、水曜日は往診日、今日は往診の依頼が無かったのです。でもよく休んでいるよな、すみません)


宮下さんと一緒に登っていると、いろんな話しも楽しい。
ここ赤岩には岩壁ゆえの悲劇があり、そして信仰の山でもあることから神秘的な逸話もたくさんある、らしい。西壁を攀じり、懸垂下降でスタート地点に戻ったら、何というミステリー。今日の西壁には私達3人と、もう2人のみしか入っていなかったのに、デポしていたリュックが別の場所に移動し、リュックにしっかりと収めてあった品々があたりに散らばっていた。財布までもがリュックの外に転がっていた。
c0219616_1895196.jpg
岩壁を彷徨う亡霊の仕業か?天狗か?
すると傍で、カラスが「かーーーーっ」と啼いた。まさか、カラスがリュックのチャックを開けるか?宮下さん曰く、「赤岩のカラスは、足でリュックを押さえ嘴でチャックを開くことができる」のだそうだ。宮下さんは以前に靴をくわえ取られたとのこと。ところで、財布の中身やいかに?まさかカラス君、抜き取ったお札をくわえてコンビニに買い物へ、・・・・・・・。まさかね・・・・・・・・・・、ヒトの言葉も喋っていたりして、・・・・・・・謎が深まる。
[PR]
by kobayashi-skin-c | 2016-06-15 17:37 | PHOTO & ESSAY | Comments(0)
<< 2016年6月 『美しい花には... 2016年6月 『小樽赤岩、岩... >>