2016年8月 『アルプスの女王、モンブラン』 August 2016 "Queen of the Alps, Mont Blanc"
シャモニーの町に来るのはこれで4度目。今年の4月、オートルート(山スキーの縦走)へ来たばかりであったが、今回の目的はツェルマットから登るマッターホルンであり、シャモニーから登るモンブランはあくまで高所順応の訓練のため。昨夏のモンブランは、熱波による落石事故多発のためグーテ小屋コースが閉鎖となり、三山縦走コースでモンブランに初めて登頂した。なかなかの難コースで登頂の歓びはひとしおであった。

今年、高所順応に訪れたエギーュ・デュ・ミディからふたたび昨年のコースを見上げたが、クレバスだらけのあの斜面をよくも登れたものである、とあらためて感心した。
c0219616_18261849.jpg


シャモニー1日目 時差調整、高所順応にまずラック・ブラン(Lac Blanc 白い湖) へ出かけた。道々モンブラン山群全体を見渡すことができ、また山の斜面ではアルペンローゼの花がちょうど満開の時を迎え、楽しいハイキングとなった。
c0219616_18281795.jpg
c0219616_18283546.jpg
c0219616_18303698.jpg
c0219616_18305262.jpg
c0219616_1829192.jpg


シャモニー2日目 終日雨と強風のため宿で停滞。日本人アルピニスト神田氏が経営する「シャレー・ジャポニアール」は自炊設備があり、また庭にはジャグジー風呂も備えられ、だれに気兼ねすることもなく快適に休息を取った。

シャモニー3日目 予定を一日遅れとして、高所順応のためValee Blanche氷河の上をエギーュ・デュ・ミディからイタリア側のエルブロンネへと歩いた。
c0219616_11321018.jpg
c0219616_11323928.jpg
c0219616_11325744.jpg
真っ青な青空、新雪が積もった真っ白い氷河、垂直にそそり立つ黄色い岩壁に囲まれて幸せな一日であった。

途中、急斜面の小ピークに上がった。
c0219616_11352635.jpg


小ピークの上でポーズをとるガイドのオルトンヌ。モンブランへは彼が私達二人をガイドする。
c0219616_11363064.jpg


イタリア側のエルブロンネからフランス側のエギーュ・デュ・ミディまでは、このゴンドラに乗って戻った。絶景の展望を望みながらの30分間の空中散歩であったが、この三連結のゴンドラは、人の乗り降りのたびに数分間隔で停止する。最高所での宙ぶらりんには、「まいった」。風が少なくて幸いだった。
c0219616_11403221.jpg
c0219616_11404678.jpg
c0219616_11412100.jpg



シャモニー4日目 シャモニーからバスでレズーシュへ移動、ロープウェーに乗ってベルビューへ上がり、今度は登山電車に乗り換えて二・デーグルへ。ここが登山口となる(2372m)。それにしてもこんな急勾配を電車が登ってくるなんてすごい。
c0219616_11481915.jpg
すでに森林限界を越えた急勾配の砂礫地をジグザグに登り、3167mのテート・ルース小屋がある雪渓へと至る。ここでクランポンを履き、ハーネス、ヘルメットを装着する。眼前に真っ黒な岩の急斜面が立ちはだかる。この急斜面にいくつかの細い谷間があり、横切っていかなければならない。ここが昨年落石で多くの人の命を奪った「グランクーロワール」。「Rock, Roc, Rock, Roc!」の大きな叫び声の後に、乾いた音をたてながら猛スピードで岩が転がり落ちていく。一つだけではなく、いくつもの岩が続く。それも何度も。「まったくなんでこんなところを登らなくちゃならないんだ」と言ったってしょうがない。ガイドのオルトンヌとロープで結ばれ、小走りに雪渓を横切った。
c0219616_12362648.jpg
下山する人たちとすれちがいながら、岩の急斜面を3時間、攀じ登った。下山してきた人たちのほとんどは、今日の悪天候でモンブランには登頂できなかった、と残念そうに語っていた。昼過ぎに3817mのグーテ小屋に到着したが、深いガスと雪のため、視界はゼロ。気温はマイナス5℃。グーテ小屋は完成したばかりの現代建築物であるものの、中も寒い。おまけに部屋が最上の4階であったため、息を切らせながらたどりつかなくてはならなかった。

シャモニー5日目 1:45am起床、2:00朝食。今日もグーテ小屋泊りの予定であるため、出発競争には加わらず、ゆっくりと小屋を3:00amに出発した。外は真っ暗で凍えるような寒さであった。ヘッドランプを点し、オルトンヌ、衣子、私の順にロープで結ばれ、雪の急斜面を登り始めた。ヘッドランプで照らされるわずか1平方メートルもの視界だけを見つめながら、息を切らせながら、ただひたすらに登り続けた。周囲にはガスがかかっているようだ。グーテ小屋を出発してから約2時間、少し山の稜線が白み始めるころ、避難小屋であるヴァロー小屋に到着した。オルトンヌの判断で、ガスが晴れるまでの間、小一時間、小屋の中で待機した。ほんの小さな小屋の中に、シュラフにくるまった登山者が転がっているのにはびっくりした。

c0219616_2305462.jpg
小休止のあと外に出ると、空は晴れ上がっていた。モンブランの頂上がまだずっと先のほうにある。
c0219616_23102969.jpg
小さなクレバスを越え、その向こうに続くボス山稜の細いリッジ上の踏み跡をみて、「あんなところを歩くのか」と少しびびる。頂上への稜線上には、登る人と降りる人で、列ができている。続いた悪天候のため今日に集中したようだ。
c0219616_2371920.jpg


そして、頂上へ至る。晴天、気温はマイナス8℃。申し分ない。アルプスの峰々と雲がはるか下に見える。遠くには紛うことなく、マッターホルン。その隣にモンテローザ山群。
c0219616_2310129.jpg
登頂の歓びは、「ウーーーム、去年のほうが格段に大きかった」かな。
c0219616_23122126.jpg


せっかくの頂上、それもこんな天気の良い日に、思いっきり写真を撮りたかったのだが、ガイドのオルトンヌは「ロープをはずしたらだめ」、「写真もだめ」と言う。客の安全のためには仕方ないのかも知れない。写真を撮れないぶん、しっかりと網膜に焼き付けたつもりではあるが、いかんせん記憶装置の劣化はどうしようもない。やはり写真が欲しいところ。頂上に名残を惜しみ、グーテ小屋へと降った。
c0219616_23171815.jpg
c0219616_23173592.jpg
昨日は全く見えなかったグーテ小屋が全貌を見せた。まるで「宇宙船」を思わせる外観。中身はいまいちなんだけど、かっこいい。

シャモニー6日目 7:00amに朝食。7:30amには下山を開始した。落石の危険を避けるため、グランクーロワールをできるだけ朝早い時間に通ったほうが良い。
c0219616_23401693.jpg
無事に通り抜け、雪渓の上を尻滑りしたり、登りでは見れなかったお花畑に感嘆したり。出発点の二・デーグルに引き返し、登山電車に乗ってシャモニーへと下山した。
c0219616_23403096.jpg
c0219616_23404872.jpg
c0219616_23223274.jpg


シャモニー7日目 悪天候で一日予定が遅れたため、休息日なしにツェルマットへ移動。昨夜来、雷が鳴り響き、雨が降り続く。予報では「山間部は雪、高所で40-50㌢の積雪」とのこと。
[PR]
by kobayashi-skin-c | 2016-08-25 17:11 | PHOTO & ESSAY | Comments(0)
<< 2016年8月 『マッターホル... 2016年7月 『日本の一、二... >>