2016年10月 『赤の季節』 October 2016 "The Season of the Red"
紅葉が美しい。晴天の日曜日、十勝連峰の富良野岳、上ホロカメットクを巡った。1週間前の大雪山に負けず劣らぬ『赤』を堪能した。
c0219616_15204348.jpg
そう私の心の中は真っ赤赤なのである。

10月1日、土曜日の診療を終えて向かったのは、夕張岳登山口に建つ夕張岳ヒュッテ。2年前に改築があいなった。林道を車でつめると札幌から約2時間のところにあるので、土曜日の診療後からでも利用できる最適の山小屋。
c0219616_15231713.jpg
ところが、ところが、美しい夕張岳を望む地点まで車は到達したものの、その先の橋は無念にも通行止め。先般の台風のため林道の路肩が崩れているのだとか。夕張市のホームページには「8月25日から林道開通」と掲載してあったのに・・・・。車の中には、山小屋宿泊のための一式をそろえた大きなバックパックが収まっている。空しく札幌に帰るのも悔しい。そのまま道路を三笠桂沢湖方面に進み、富良野から上富良野へ。十勝岳・富良野岳登山口にある自炊宿泊施設「白銀荘」に向かった。

美しい朝が迎えてくれた。朝日で「赤く」染まる富良野岳。
c0219616_1545853.jpg
富良野岳山頂にて。
c0219616_15454632.jpg


富良野岳から三峰山、上ホロカメットクへと青空の稜線を歩いた。十勝岳に向かって、ハイマツの香りに包まれながら空中漫歩。ナナカマドの葉は散っていたが「真っ赤」な実が残っている。
c0219616_1549273.jpg
c0219616_15495061.jpg


上ホロカメットク山頂から富良野岳を振り返る。
c0219616_15505111.jpg
c0219616_1551289.jpg


上ホロカメットクは今年3月に、冬山訓練で登った山である。参考までにそのときの写真。ずいぶんと違うものだ。
c0219616_15542611.jpg
c0219616_1554386.jpg


山の紅葉は、少しずつ裾野に下り始めている。紅葉と青空と、そして火山の白い山肌が絶妙のコントラスト。やはり、今年の紅葉は、「赤が濃い」。
c0219616_155811.jpg
c0219616_15583316.jpg


普通、紅葉は木々・草々の葉であるが、山肌を埋める綺麗な実の紅葉?(紅実)は初めてであった。
c0219616_1605341.jpg
まさに『赤の季節』
c0219616_161974.jpg


下山後、十勝岳安政火口を訪れてみた。黄色の硫黄で染まるむき出しの山肌、溶岩ドームの黒い塔、白く立ち上る火山蒸気、そして青い空。異世界が広がっていた。
c0219616_1651442.jpg
ウン、青?!ファイターズも頑張れ!
[PR]
by kobayashi-skin-c | 2016-10-02 16:06 | PHOTO & ESSAY | Comments(0)
<< 2016年10月『天晴れ、日本... 2016年9月 『赤に染まる大... >>