2016年12月 『新雪、雪鳴り』 December 2016 "Weeping New Snow"
冬至も近い、冷え込んだ札幌の朝。
c0219616_16203992.jpg


新雪に纏われた北大キャンパスを歩くと、キュキュ、キュキュッと雪が鳴る。「雪鳴り」あるいは「雪泣き」。俳句の季語となっている。
c0219616_16263051.jpg


雪の帽子を被ったクラークさん、どうして雪が鳴るの?
c0219616_16283590.jpg


「それは、私の後輩の中谷宇吉郎君に聞いてごらん、雪の博士だよ」。
c0219616_1632981.jpg


中谷宇吉郎博士が教鞭をとった旧理学部。玄関前の「クロフネツツジ」は雪吊で守られている。
c0219616_16342456.jpg


農学部、古河講堂、そしてポプラ並木。
c0219616_1635308.jpg
c0219616_16355650.jpg
c0219616_16361294.jpg


そして十勝連峰の三段山。マイナス20度まで冷え込んでいた。雪を被った針葉樹のクリマスツリーの間を、雪を鳴らせながら登り、雪煙を蹴立てながら滑り降りる。
c0219616_16413125.jpg
c0219616_16415685.jpg
c0219616_16421140.jpg
仲間と滑る至福の時。
[PR]
by kobayashi-skin-c | 2016-12-17 16:26 | PHOTO & ESSAY | Comments(0)
<< 診療開始時間変更のお知らせ 2016年11月教室 『さらに... >>