2017年8月 『鹿が落ちる、熊が吼える』 August 2017 "Falling Deer, Roaring Bear"
ノマドのYOUさんから素敵なお誘いがあった。「日高の沢を登りながら釣り糸をたらし、魚を焼きながらキャンプして、星空を見上げながらキャンプファイアの火のわきで酒を飲みましょう」と。「酒を飲みましょう」は私の思い過ごしだったかも知れない。
晴天にも恵まれ素敵な沢登り、そして初体験の渓流釣りもYOUさんの指導で、テンカラを操ることができるようになり、イワナ、オショロコマを釣上げることができた。テントも設営し火をおこし、YOUさんがさばいたイワナの刺身に舌鼓を打ち、ビールを飲みながらイワナが焼けるのを待っていたとき、とつぜん、背後の崖からドサッと、鹿が落ちてきた。
c0219616_08243745.jpg
c0219616_08243610.jpg
c0219616_08243900.jpg
c0219616_08243713.jpg
c0219616_08243771.jpg
c0219616_08243892.jpg


さてここからの顛末、冷静なYOUさんの記録を引用する(Facebookから)。

「ヒグマの呻き声」

昨日、日高の沢にてキャンプ中、釣りを終えて魚を捌き、皆で焚き火を囲み山の特別な時間を楽しんでいた。突然聞こえたガサガサ音。幕営地のすぐそばにある10mはあろう岩崖から鹿が降ってきた…⤵️…ドフッ…。ボディから見事に落ちた音。

…?! 一同唖然。。。落ちた鹿は、すっくと立ち上がり、上流の方へ消えて行った。

しかし、落鹿のあと数名には崖の上に🐻が居るのが見えた…。どうりで有り得ない出来事が起きた訳だ。🐻の姿はすぐに見えなくなり、焚き火を囲んで再び和やかな時間が始まろうとしていたが、上流側の岩の間からこちらを伺っている黒い影…👀追い払おうと発見者のTさん、応戦。事無きを得たかの様に思えたのは、束の間の出来事だった…。

次の瞬間、遠くから「ぅ"ぇ〜っ!うえ〜っ!ぅぇ〜っ!!」と聞いた事もない様な呻き声がだんだんと大きくなり、明らかに近づいてきていることが分かった。背筋が凍りつくような緊張感が走る。

熊スプレーのトリガーを外し、少しずつ声の方に近づく。崖の急斜面から見下ろす2歳位の若熊🐻 こちらも大きな声を出して応戦。しばらく硬直状態が続いた後、🐻は藪の中へ消えて行った…。

身体の芯に響く様な呻き声から、短い時間に色々な事を考えさせられた。迷わず張ったテントから終わりかけていた夕飯の支度なども全てを撤収し、沢を下り林道へ戻り、最後は暗闇の中、避難小屋までヘッドランプを点けて避難した。

思うに、崖に追い詰めた獲物が落ちた先に、偶然人間が居て、横取りされたと勘違いした若熊が、鹿に執着して何とか落ちたところへ来たかったのだろう。しかしながら、その鹿は無傷ではないだろうが、すぐにどこかへ。。。その事実を知らず、最終的には呻き声を上げて威嚇をし、執念深く人間を追い払おうとしたのでは…。

呻き声からそんな執念と、起きるかもしれない有事への危機感を感じ、即座に撤退の判断を下した。

誰一人襲われる事なく、無事にツアーを終える事ができ、ホッと一安心。この間の接触事故といい、何があるか分かりませんね。
(以上、YOUさんの記録から)

さて、真っ暗な中イドンナップ山荘まで引き上げて、焼きかけのまま撤収した魚を焼きなおし、ムニエルもこしらえて、炊き上がったお釜のまま運んだご飯を食べた。話題は、もちろん熊のことでもちきり。それにしてもYOUさんの冷静な判断に感謝。下の写真は急いで撤退中の沢の中。
c0219616_08255765.jpg
翌朝はイドンナップ山荘近辺の沢に釣り糸をたらし、ふたたび沢登りと釣りを楽しんだ。初心者の私の釣り針にも、多くのイワナ、オショロコマが食いついてきた。もちろんこの日のすべてのお魚さんたちはリリース。
c0219616_08243972.jpg
c0219616_08244055.jpg
c0219616_08243844.jpg
ああ、楽しかった。


[PR]
by kobayashi-skin-c | 2017-09-18 08:42 | PHOTO & ESSAY | Comments(0)
<< 2017年9月 『今年の大雪山... 2017年9月教室 『帯状疱疹... >>