2011年 05月 15日 ( 3 )
2011年5月 水芭蕉、桜
今年の北海道の春は遅い。連休が終わり、やっと水芭蕉、桜が満開を
迎えた。

石狩川河口、マクンベツ湿原の水芭蕉
c0219616_034368.jpg

札幌中島公園、豊平館の桜
c0219616_0331261.jpg

[PR]
by kobayashi-skin-c | 2011-05-15 00:35 | PHOTO & ESSAY | Comments(0)
2011年4月 大雪旭岳
3月に続き、春の大雪に遊んだ。目指したのは北海道最高峰『旭岳』。
3月末の新雪に覆われた旭岳は真っ白に輝き、神々しいまでの姿を
見せてくれた。
c0219616_0144228.jpg

しかし登山は厳しいものであった。山頂近くからは強風が吹き荒れ、
背中のザックにくくり付けたスキーがあおられるため体が宙に浮く
感じとなり、何度か雪面に這いつくばった。先を登っていたスノー
ボーダーたちは身動きできなくなっていた。
c0219616_016378.jpg

山頂での達成感、そして眺望はすべての苦労を忘れさせた。そして、
広大な北斜面を、裾合い平めがけて大滑降。
c0219616_0174123.jpg

かちんかちんの雪と、やわらかい吹き溜まりとが入り混じった難しい
斜面であったが、無事麓までたどりついた。忘れられない春(冬?)の
思い出。
c0219616_0194812.jpg

c0219616_0221733.jpg

[PR]
by kobayashi-skin-c | 2011-05-15 00:28 | PHOTO & ESSAY | Comments(0)
2011年4月26日教室 『ステラーラ』
『ステラーラ』は、新しい薬剤。乾癬の治療に使われる一番新しい生物学的製剤(バイオロジックス)です。3か月に1回の皮下注射だけで乾癬の症状がコントロールされます。3月中旬に厚生労働省で認可され、使用可能となりました。どんな薬か、どれぐらいの効き目か、副作用は、値段は、・・・・・、乾癬の患者さんすべてに効くわけではなく、またすべての方が使えるわけではありません。しかしながら、3か月に1回の治療だけで、病院通いからも、毎日の軟膏塗りからも解放されることを考えると、治療の選択の一つとして考えてみることも良いでしょう。昨年、乾癬治療に待望の生物学的製剤(バイオロジックス)が『レミケード』、『ヒュミラ』登場しました。『ステラーラ』との比較は以前の資料(院長ブログ「よくある疾患Q&A」、生物学的製剤)を参照してください。

ステラーラを発売するヤンセンが発行するパンフレット(慈恵会医科大学、中川先生監修)のコピーを掲載します。ご参考としてください。

c0219616_2347154.jpg

c0219616_23473216.jpg

c0219616_234857100.jpg

c0219616_23492623.jpg

c0219616_23495659.jpg

c0219616_23502793.jpg

c0219616_2350543.jpg

c0219616_23512539.jpg

c0219616_23532192.jpg

c0219616_23535293.jpg

[PR]
by kobayashi-skin-c | 2011-05-15 00:00 | 「皮膚の健康教室」抄録 | Comments(0)