カテゴリ:PHOTO & ESSAY( 170 )
2017年5月 『残雪の暑寒別岳』 May 2017 "Spring Ski in Mt Shokanbetsu"
暑寒別岳(しょかんべつだけ)標高1492m。

暑寒別天売焼尻国定公園内にある。増毛山地の主峰で第三紀(約400万-200万年前)に活動した火山。山名の由来はアイヌ語で「滝の上にある川」を意味する「ソー・カ・アン・ペツ」より。冬の季節風が厳しいため積雪が多く、初夏でも残雪が多い。山頂には一等三角点(点名は「暑寒岳」)が設置されており、平成20年の三角点標高改訂により1491.4mを1491.6mに変更された[Wikipediaから引用]。

それにしてもなんとロマンチックな名前。アイヌ語の名に、この漢字をあてた先人のセンスに敬服。

羊蹄山と、大雪旭岳の合間に、ノマド宮下親分の案内で増毛町の山小屋『暑寒荘』に泊まり、暑寒別岳に登頂、春スキーを満喫した。

札幌をお昼に出発し、暑寒荘に到着。
c0219616_1344371.jpg


ポンショカンベツ川に架かる橋の上で、増毛の町で買った「たこテン」、「えび天」をつまみに、まずは乾杯。
c0219616_1350861.jpg
c0219616_1351547.jpg
夜は宮下親分・シェフが料理した「イタリアンサラダ」、「チーズフォンデュ」に舌鼓を打ち、もちろんお酒もたっぷりと頂いた。
c0219616_13531318.jpg


翌朝は0500起床。朝食(宮下親分が作った「チャンプルー」)を食べて、0615に山小屋を出発した。山小屋上からすぐにスキーを装着。
c0219616_13552915.jpg


途中、軽く藪漕ぎはあったものの、快適な尾根歩きへ。ゆるゆるとダケカンバの林を登る。
c0219616_13572538.jpg


森林限界を過ぎて、通称「ドーム」に到達するころから強烈な風。途中引き返して来る人もいる。昨日は、ほとんどの人が爆風のため、登頂を断念したとの事であった。
c0219616_1405559.jpg
c0219616_1411593.jpg
強風を避けるように隊列を組み、前かがみの姿勢で頂上下の斜面を登る。

頂上直下まで来ると、なんと無風。宮下親分いわく「ムフッ❤」
c0219616_14101429.jpg


雪の暑寒別岳に初登頂!
c0219616_1411128.jpg


山頂から望む浜益岳、浜益御殿、雄冬山、西暑寒別岳(左から)、そして日本海。
c0219616_1416511.jpg


真っ白な雨竜沼湿原も見える。その向こうは大雪・十勝連峰。遠く遠くに真っ白な浮島(利尻)も見えていた。感謝、感謝、大感激。
c0219616_14185512.jpg


そして、そして大斜面を滑り降りた。しっかりとしたザラメ雪をかっ飛ばす。
c0219616_14201111.jpg
c0219616_14205063.jpg


そして大斜面に描かれたシュプールを振り返る。
c0219616_142153100.jpg


c0219616_14223229.jpg
暑寒別の山に、宮下親分に、一緒に登った仲間に、そして今日の天気に感謝。名残を惜しみつつ、日本海に向かって最後の滑降。また半年もするとパウダーの季節がやってくる。北海道って、なんて素晴らしい。
c0219616_14242497.jpg

[PR]
by kobayashi-skin-c | 2017-05-07 14:24 | PHOTO & ESSAY | Comments(0)
2017年5月 『オカマと地獄を滑る』 May 2017 "Ski in the Volcano Pot and the Hell"
ザラメ雪となり、雪崩の危険も少なくなった羊蹄山、大雪旭岳を滑った。
オカマ(お釜)は、羊蹄山の山頂にある火口。地獄は、大雪旭岳の今も活動を続ける爆裂火口(地獄谷)。

羊蹄山にはパウダースノーを求めて冬に訪れているが、山頂を踏むことは難しい。この残雪期がチャンスとなる。昨年、比羅夫登山口から山頂、お釜滑走を13時間をかけて果たした。今年は残雪量が多く、真狩登山口からふたたびチャレンジした。

c0219616_1247511.jpg
ゴールデンウイーク後半、素晴らしい晴天の日が続いた。青空の下、羊蹄山がすっくと立つ。目指せ山頂。

c0219616_12485917.jpg
登山口の雪は消えていたが、1合目半あたりからはスキーを履いて登った。4時間で避難小屋のある9合目まで辿り着いた。雪はザラメから表面がクラストした硬い雪面となる。

c0219616_12515794.jpg
外輪山に到達。お釜を見下ろす。

c0219616_12523765.jpg
やったね!一気にお釜の底へ滑り込む。クラストした表面の氷がスキーに切られて降り落ちる。ザザザザーーッと凄い音だ。滑りの模様は動画をご参照ください。https://youtu.be/XwsHSgSkCEM

c0219616_12553035.jpg
c0219616_12554470.jpg
お釜の底で歓喜!

c0219616_12563283.jpg
c0219616_12581845.jpg
お釜から外輪山へ登り返し、一気に麓をめがけて滑り降りる。眼下には洞爺湖、噴火湾。遠くに駒ヶ岳が望める。

c0219616_12583724.jpg
途中、第2テラスの沢は雪崩のデブリで埋まっていた。これだけ大きなのに遭遇したら、とても助からないだろうな。

c0219616_130818.jpg
7時間で下山。昨年の約半分の時間。この日の天気、そして雪に感謝。
麓の真狩村では畑起こしの真っ最中。春だ。



そして、大雪旭岳へ。
c0219616_13165769.jpg
旭岳山頂からのスキー滑降はすでに3回果たしているが、いずれも裾合平方向への北斜面だった。いつも気になっていたのが「地獄谷」。山頂直下からまっすぐに切れ落ち、「姿見の池」に向かって大きな地獄の口を開けている。今も大きな噴気を活発にあげている。晴天、しまったザラメ雪。小さな雪崩痕はいくつも観察されたが、今日は大丈夫そうだ。「旭岳地獄谷、行けますよ」と、ノマドの宮下親分からも背中を押されていた。親分の指示通りに、「金庫岩」の脇から地獄の底へ向かって真っ逆さま。

c0219616_132119100.jpg
c0219616_13213349.jpg
緊張した!それにも増して面白かった!

ところが斜面が緩くなるにしたがってストップ雪に悩まされ、脚はパンパン。噴気孔脇を滑りぬけるころはよれよれだった。止まってしまうとイオウガスで命にかかわる。必死でこらえたが、噴気で喉がヒリヒリとした。
c0219616_13245721.jpg
c0219616_13251554.jpg
お疲れさん。

下山後は、ロッジ・ヌタプカウシのお世話になった。露天風呂とビールが最高だった。念願だった「地獄谷」滑降。一緒にチャレンジしてくれた衣子に感謝。
c0219616_13273256.jpgc0219616_13275418.jpg
c0219616_13282125.jpgc0219616_13283788.jpg
[PR]
by kobayashi-skin-c | 2017-05-07 12:40 | PHOTO & ESSAY | Comments(0)
2017年5月 『北海道大学、春の妖精たち』 May 2017 "Fairies of the Spring in Hokkaido University"
冬から春へ。劇的な四季の移ろいが北国にはある。
今年も春を告げる妖精たちが、北海道大学のキャンパスに現れた。

c0219616_1128035.jpg
c0219616_11281844.jpg
a couple of mandarin duck 毎年訪れるオシドリ夫婦。ただ同じつがいなのかどうか、私には見分けがつかない。

c0219616_11301435.jpg
c0219616_11302876.jpg
skunk cabbage (Lysichiton camtchatcense) 水芭蕉。いつ見ても可憐で清楚。

c0219616_11313692.jpg
c0219616_11315836.jpg
magnolia kobus and silver birch 満開のキタコブシとシラカバの若葉。

c0219616_11332116.jpg
Corydalis ambigua 今年のエゾエンゴサクは当たり年!?野にも山にも青い絨毯を作っている。

c0219616_11345041.jpg
wild cherry blossoms エゾヤマザクラ。

c0219616_11352087.jpg
Trillium kamtschaticum 真白に、高貴なオオバナノエンレイソウ(大花延齢草)。また春が巡ってきた。
[PR]
by kobayashi-skin-c | 2017-05-07 11:36 | PHOTO & ESSAY | Comments(0)
2017年4月『2016-2017年思い出スキー』 "2016-2017 memorable ski"
概して今冬の北海道の雪は少なめだったのだが、スキーは存分に楽しんだ気がする。天気に恵まれたのが何よりだった。そして、北海道の「遊牧民(ノマド)」のガイドの方々が素晴らしい。これに尽きる。

まず、天気と景色を堪能したのが
c0219616_19441549.jpg
c0219616_19444033.jpg
前十勝岳。太陽の周りの大きな虹模様(halo)。見とれていると、ガイドのYouさんから「天気は下り坂です、急ぎましょう」の指示。その後にわかに掻き曇った。


初めての冬の空沼岳も素晴らしかった。
c0219616_1958531.jpg
c0219616_19593163.jpg
c0219616_19591177.jpg
ガイドのオダッチが空沼に流星を描いた。山頂から眺める。


天気と景色と温泉を堪能したのが
c0219616_1954108.jpg
c0219616_19542897.jpg
北海道を出て青森県八甲田、酸ヶ湯。初めての樹氷ラン、そして歴史ある温泉。素晴らしかった。


嬉しかったのは、小学三年生の孫を連れて登ったニセコ。ジジ孝行の孫である。天気も景色も素晴らしかった。
c0219616_2034798.jpg
c0219616_204558.jpg



こんなこともありました。
c0219616_20235710.jpgc0219616_20242174.jpg















旭岳のロープウェイ山頂駅付近はマイナス15度、北西の風15m/秒。ノマド宮下親分はそれでもバックカントリーへ。2度の凍傷。受傷翌日と1週間後の臨床症状。宮下親分は、「ちゃんとした皮膚科を受診してくださいね!」と。



あとは、パウダーワールド。写真を撮影してくださったノマド・オダッチ、ミレー札幌の林さんに感謝、感謝。
c0219616_206123.jpg
ヒエーーッ!


c0219616_207294.jpg
イエーッイ!


c0219616_209420.jpg
ガオーー!


c0219616_2010257.jpg
言葉なし!


c0219616_20103942.jpg
ワオーーッ!

AGノマドのガイドの皆さまに、ミレー札幌の林さんに、そしてたくさんの山仲間に、そして何より、今でもスキーを教えてくれる衣子に感謝。
[PR]
by kobayashi-skin-c | 2017-04-13 19:48 | PHOTO & ESSAY | Comments(0)
2017年4月 『八甲田山、酸ヶ湯、そして秋田』 April 2017 "Tohoku"
八甲田山の冬を初めて訪れた。想像以上に八甲田は美しかった。そして投宿した酸ヶ湯温泉がじつに素晴らしかった。これぞ日本、これぞ東北! そして本来の旅の目的地秋田では、乾癬治療、乾癬患者会について熱く語らせてもらった。この機会を与えていただいた秋田大学の皮膚科・形成外科教授の眞鍋 求先生に感謝。そして秋田の先生方に御礼。

c0219616_186573.jpg
千歳から青森空港に飛び、レンタカーで八甲田へ。快晴の下、ロープウエーで田茂萢岳山頂へ。すると山の上は樹氷の世界。そして北八甲田の峰々が連なる。
c0219616_18133388.jpg
c0219616_18135172.jpg
この日は快晴も風強く、山の上には人がいない。この景色を満喫して、いざ樹氷めがけてレッツ・ゴー。
c0219616_18155682.jpg


酸ヶ湯温泉の開湯はおよそ300年前にさかのぼるという。さらに、その卓越した湯治効果から日本で初めての「国民保養温泉」に指定された。八甲田というと、どうしも「八甲田 死の彷徨」を思い出してしまうが、日本で一番の積雪も記録したのだそうだ。後ろに雄大な八甲田大岳を控え、自然の中にたたずむ温泉地を多くの人々が愛した。棟方志功もここに好んで投宿し、八甲田の自然を描いたという。
c0219616_18245942.jpg
雪壁の道路の向こうに酸ヶ湯が現れた。背後に大岳。
c0219616_18254726.jpg
c0219616_18262358.jpg
c0219616_18265920.jpg
酸ヶ湯は今も混浴。
c0219616_18274451.jpg
棟方志功の書「神舞」。志功さんも神が舞うほどに混浴が好きだったのかなあ、・・・
c0219616_18391553.jpg
c0219616_18354217.jpg
その志功の写真が掲げられていた。

ほんとうに、ほっこりとする温泉だった。
c0219616_18305839.jpg


翌日も晴天。ふたたび樹氷(スノーモンスター)を抜けてバックカントリーへ。雪はシャバシャバだったが初めての樹氷ラン、ブナの森のツリーランを体験した。
c0219616_18342194.jpg
c0219616_18343656.jpg
c0219616_18394346.jpg
c0219616_18345232.jpg
c0219616_18351433.jpg
c0219616_18402446.jpg


そして秋田の街へと下った。
c0219616_18412475.jpg
佐竹氏が築いた久保城址。
c0219616_18423859.jpg


全国に広がる乾癬患者会。東北地方ではその活動がとくに活発だ。残すは秋田県だけ。眞鍋先生、山川先生に患者会設立を託した。
c0219616_18455817.jpg

[PR]
by kobayashi-skin-c | 2017-04-13 18:00 | PHOTO & ESSAY | Comments(0)
2017年2月 『人生最良のパウダースキー・デー』 February 2017 "The Best Day of Powder Ski"
3日前に「人生最高のパウダースノー」と言ったばかりなのに、今日は「人生最良のパウダースキー」。許していただきたいが、人生最高、人生最良が、これからいくらあっても良いのではないか。そんな人生がもう少しあっても・・・・・。

Today is the best day of powder snow skiing in my life.
Though I reported “the best powder snow ever in my life” three days ago, please don’t blame me because of the double best. I want to live with the many bests with the nature and my friends. I thank our guide, Oda-chee, AG-Nomad, for taking us to the powder world, and also for taking photos.

そんな言い訳はみっともないか。こんな人生最良の「パウダースキー・デイ」でした。一緒に登った仲間に感謝、そして今日のパウダーを導いてくれたノマドのオダッチに感謝。こんな凄い写真を撮ってくれてありがとう。

c0219616_22321343.jpg
c0219616_22322855.jpg
c0219616_22271598.jpg
c0219616_22273623.jpg

山の名は「秘密!」??


c0219616_22223896.jpg
c0219616_2223449.jpg
c0219616_22241323.jpg
c0219616_22244026.jpg
c0219616_2225153.jpg
c0219616_22251351.jpg
c0219616_22254199.jpg
c0219616_2226839.jpg
c0219616_22425963.jpg



彼ら(スノーモービル、スノーオートバイ)も楽しいのだと思う。でも山頂にまで大音響で登ってくる彼ら、新雪の斜面に走行痕とガソリンの臭いを振りまいていく彼ら。とても一緒には暮らせない。
c0219616_22374091.jpg

[PR]
by kobayashi-skin-c | 2017-02-05 22:28 | PHOTO & ESSAY | Comments(0)
2017年2月 『人生最高のパウダースノー』 February 2017 "The Best Powder Snow in My Life"
On the day at -20 degrees C, we experienced the best powder snow ever in my life in the Taisetsu, Mt Asahidake. The snow was so light, fluffy, silky, and even like air. The ski ran so fast. The blue sky, pine trees wrapped with white snow, and the complete silence gave us the greater joy for walking and skiing in the mountain. It was so pleasant even when we fell down in the deep snow!
c0219616_231996.jpg
c0219616_231305.jpg
c0219616_2315164.jpg
c0219616_2321132.jpg
c0219616_2323941.jpg
c0219616_2331263.jpg
c0219616_2332869.jpg
c0219616_234182.jpg
c0219616_2342157.jpg
-20℃まで冷え込んだ日、大雪旭岳に遊んだ。雪は人生最高のパウダー。スキーはよく滑る、滑る。青空、雪を被ったエゾマツ林に囲まれ、完全な静寂の中で時を忘れた。深雪の中に転ぶのも、楽しいもんだった。
[PR]
by kobayashi-skin-c | 2017-02-03 23:04 | PHOTO & ESSAY | Comments(0)
2017年1月 『羊蹄山』 January 2017 "Mt. Yotei, Ezo-Fuji"
真冬に羊蹄山が晴れることは少ない。その数少ないチャンスに巡りあった。

林道のどんずまりから、シールをスキーに貼って、さあ出発。空は快晴、雪を被った木々の間から、山が垣間見える。
c0219616_21541839.jpg
c0219616_21563431.jpg


しばらく歩いたところで、一気に視野が開けて、真っ白な羊蹄山が目に飛び込む。ヤッホーーー!
c0219616_21574158.jpg
c0219616_22125047.jpg


高度を次第に上げて、傾斜がきつくなる。登る尾根は益々細くなり、両側の沢は深い。今日は1,400mまで。
c0219616_2205610.jpg
c0219616_2211189.jpg


ここから沢地形に入りパウダー狙い。この日は前々日の強風で雪はパック状態。
c0219616_2222067.jpg

c0219616_222327.jpg
c0219616_223551.jpg


麓に降りる頃、太陽ははや羊蹄山の稜線に隠れようとしていた。雪原に描かれたシュプールに、名残を惜しみ、今日一日を感謝する。今日ガイドしてくださったノマドの宮下さん、ユー君にも感謝、感謝。
c0219616_2262497.jpg
c0219616_2263743.jpg

[PR]
by kobayashi-skin-c | 2017-01-30 22:06 | PHOTO & ESSAY | Comments(0)
2017年1月 『山の深雪』 January 2017 "Deep and Powder Snow"
今冬は雪不足が続いている。とくにパウダースノーのメッカである『ニセコ』の雪が少なく、パウダーフリークの外国人がパウダースノーを求めて彷徨っている。しかし!ある所にはあるのだ!

ふふっふ、場所は秘密。
c0219616_16292898.jpg
c0219616_16295174.jpg
c0219616_16303343.jpg
c0219616_16305468.jpg
c0219616_1631928.jpg
c0219616_16312822.jpg
c0219616_1633363.jpg
その場所は、ノマドのオダッチに聞け!ふっふ。

と、そのオダッチから厳しいお言葉。このリンクに注目!
『BCルール』AG Nomad ガイドレポート|https://t.co/FdsizA73OU
[PR]
by kobayashi-skin-c | 2017-01-28 16:35 | PHOTO & ESSAY | Comments(0)
2017年1月 『いく年、くる年、今年もディープ!』 January 2017 "Hello 2017 Deep Powder! Goodby 2016"
真冬に夕日を望むことは珍しい。2016年大晦日、今年最後の夕日が西の空に沈んだ。

北海道大学農学部時計塔に隠れる夕日
c0219616_21511268.jpg


札幌南西の山の端に沈む夕日
c0219616_21515645.jpg


そして明けて2017年の朝日
c0219616_21531123.jpg


そして1月2日。ニセコで望む夕日
c0219616_21542915.jpg


今年初の山登り。ノマドのオダッチに連れられて余市岳へ。
c0219616_21572593.jpg
c0219616_21574817.jpg
山頂からは羊蹄山(蝦夷富士)がくっきりと雲の上に見えた。目出度い、新年、明けましておめでとうございます。
c0219616_21582471.jpg


そしてDeep Powder Snowを楽しんだ。
c0219616_2201121.jpg
c0219616_2203596.jpg
c0219616_2205121.jpg
c0219616_2211170.jpg
c0219616_2213222.jpg
c0219616_2214960.jpg
皆さま、どうか健康で幸福な2017年をお過ごし下さい。小林皮膚科クリニックは、皆さまの皮膚の健康のため、今年もお役に立ちたいと思います。
[PR]
by kobayashi-skin-c | 2017-01-11 22:06 | PHOTO & ESSAY | Comments(0)