<   2011年 12月 ( 2 )   > この月の画像一覧
2011年の思い出、憧れのスイスアルプスを訪ねて
2011年7月、ヨーロッパでの会合を機会に、憧れのスイスアルプスを訪ねました。グリンデルヴァルトの町を起点に、山小屋に泊まりながら、花々が咲き乱れるトレッキングコースを歩きました。美しい山々の姿は、あらゆる方向からも、みる時間帯でも、ちょっとした光線の加減でも、さまざまな感動を与えてくれました。急速に減少しているという氷河、あまりに観光化された麓の町々、あふれる観光客の問題にも気付かされましたが、トレッキングコースでは誰にも会わず静かな山歩きを楽しむことができ、自然の懐の深さに優しく抱かれました。いつまでも、永遠にその優しさと美しさを保ち続けて欲しい、そんなアルプスでした。好きな写真を何枚かご紹介します。

グリンデルヴァルトの町からアイガー北壁を望む
c0219616_1243368.jpg


クライネシャイデックへの散歩道からグリンデルヴァルトの町、その向こうにヴェッタ―ホルンを望む
c0219616_12435125.jpg


アルペンローゼの花と、後ろはメンヒ
c0219616_12444088.jpg


クライネシャイデックからヴェンゲンへの散歩道、アイガー、メンヒを望む
c0219616_1245199.jpg


ユングフラウの夕焼け(Abend rot)、オーベルシュタインベルク小屋から
c0219616_1246123.jpg


夕焼けのユングフラウと牛と。トレッキングコースは牧草地(アルプ)の中を巡る。したがって牛たちに囲まれながら、遠慮しながら、糞に注意しながらの山歩き。
c0219616_1247201.jpg


オーベルシュタインベルク小屋からブライトホルン氷河を目指す
c0219616_12475934.jpg


お花畑の中を歩く
c0219616_12483477.jpg


左からアイガー、メンヒ、ユングフラウ
c0219616_1249879.jpg


新雪のアイガー、メンヒ
c0219616_12493883.jpg


アルプスの花々
c0219616_1250422.jpg
c0219616_1251130.jpgc0219616_1251181.jpg
c0219616_12515246.jpgc0219616_12522954.jpg
c0219616_1253717.jpg

c0219616_1254914.jpg

オーベルシュタインベルク小屋


ルツェルンの町
c0219616_1255283.jpg

c0219616_1255249.jpg

c0219616_12554685.jpg


ルツェルン郊外、リギ山を歩く。ルツェルン湖畔の町フィッツナウを望みながら
c0219616_12563042.jpg


またきっと訪れたい、アルプスの山々、そんな思いにふけりながら
c0219616_12581080.jpg

[PR]
by kobayashi-skin-c | 2011-12-28 12:58 | PHOTO & ESSAY | Comments(0)
2011年12月20日教室 『お顔の赤いトラブル、「酒さ」って知っていますか?』
お顔の赤らみで困っている方、意外と多くありませんか?お酒を飲んでいるわけでもないのに、「あらどうしたの?昼っ間からお酒を飲んで!」と友達から言われた経験はありませんか。皮膚のトラブルに「酒さ」と呼ばれる皮膚の変化があります。ここでもお酒の文字が出てきます、そして俗には「酒やけ」とも呼ばれるものの、必ずしもお酒とは関係なく生じる皮膚の病気があるのです。これが意外と多い!顔の赤みで悩んでおられる方、それって「酒さ」かも。そしてそこには落とし穴もあります。皆で勉強してみましょう、顔の赤らみを。

「酒 さ」
c0219616_1803542.jpg1.「酒さ」は、30代から60代の人に多い、炎症性かつ進行性の顔の慢性疾患です。
2.「大人のニキビ」と誤って呼ばれることもありますが、「酒さ」はまったくニキビとは違う疾患で、赤み、小さな吹き出物、顔面の毛細血管の拡張などといった症状を引き起こします。
3.「酒さ」は「酒やけ」と訳されますが、お酒を飲まない人にも起こります。皮膚の加齢現象の一つであり、ストレス、日光、飲酒などが悪化させます。

「酒さ」は症状の程度により軽症(第一度)、中等症(第二度)、重症(第三度)に分けられます。
第一、二度の症状は外用薬(塗り薬)、内服薬(飲み薬)でコントロールが可能ですが、第三度では根治が難しく皮膚手術が必要となります。早いうちに気付き、適切なケア・治療を早く始めることが大切です。

軽症(第一度)
c0219616_18185350.jpg
顔が赤らみやすくなり、顔の中心部に、なかなか消えない赤みが出現します。この赤みは、皮膚の表面に近い血管が広がることによるものです。




中等症(第二度)
c0219616_18201363.jpg
この段階では、赤みに加え、赤い発疹=酒さ性ざそう(ニキビ)が鼻、頬、額、顎などに現れます。



重症(第三度)
c0219616_18214675.jpg
重症になると、鼻や、時に頬の脂腺が拡張し、皮膚の組織が密集して赤みを帯びるようになります。









「酒さ」と区別が難しい疾患
・酒さ様皮膚炎(口囲皮膚炎) 多くの場合ステロイド含有外用剤の副作用で生じるが、「酒さ」との鑑別が困難な場合が多い。
・脂漏性皮膚炎
・アトピー性皮膚炎
・接触性皮膚炎(化粧かぶれ)
・SLE(蝶形紅斑)


「酒さ」の悪化要因
日光、カフェイン、アルコール、刺激の強い食べ物、ストレス、極端な高温・低温などの悪化要因を避けるようにしたほうが良いでしょう。人により悪化要因は異なります。自分にとっての原因を見つけるために、毎日の食事や行動などを記録すると役に立つかもしれません。詳しくは皮膚科医を受診しアドバイスを受けましょう。

「酒さ」の治療
「酒さ」を完治させる治療法はありませんが、病状のコントロールは可能です。「酒さ」は慢性の疾患であるため、治療は、症状を軽くすることと、症状が出ない状態を維持することを目的としています。皮膚科で処方される薬と、皮膚科医の推奨するスキンケアにより、症状をコントロールし、悪化を防ぎます。

「酒さ」治療の実際
エビデンスレベルの高い治療
1)テトラサイクリン、ミノサイクリン内服
2)メトロニダゾール外用
3)アゼレイン酸外用
4)免疫抑制薬(プロトピック軟膏など)外用
エビデンスレベルの低い治療
1)漢方薬、2)ビタミン剤、3)NSAIDs外用
4)手術治療(第三度に対し用いられる)
5)レーザー治療など
避けるべき治療
1)ステロイド外用・内服


治療に際しての注意事項
・「酒さ」は慢性の疾患であるため、良くなったり悪くなったりくりかえします。皮膚科医のアドバイスに基づいた適切な治療とスキンケアにより、悪化した時の症状をコントロールしましょう。
・「酒さ」は顔に表れるトラブルのため、精神心理的影響が大きいものです。逆に、そのストレスがさらに症状を悪化させます。主治医にしっかりと相談しましょう。


情報・画像の一部は、インターネット(www.galderma.jp/)から引用させていただきました。
[PR]
by kobayashi-skin-c | 2011-12-25 18:01 | 「皮膚の健康教室」抄録 | Comments(0)