<   2016年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧
2016年3月 『氷雪の上ホロカメットク』 March 2016 "Ice and Snow Climbing to Kami-Horokamettoku"
65歳の誕生日、新たな挑戦が始まった。今夏のマッターホルンを目指して、氷雪クライミングの訓練を『上ホロカメットク』で行った。指導はノマド宮下氏。

訓練にふさわしい天候であった。全山ガス、昨夜来の低気圧の影響下で風も強い。宿の窓越しにガスに包まれた森を写した。窓は氷に覆われ開けることができなかった。キタキツネも見つけた。
c0219616_1739564.jpg
c0219616_17392172.jpg



ガスの中、宮下さんに導かれて、スノーシューで登り始める。
c0219616_17435357.jpg

上ホロカメットク山(かみホロカメットクやま)は、北海道上富良野町・南富良野町・新得町にまたがる標高1,920 mの山。十勝岳と富良野岳の中間にあり、夏は縦走の一環として登られることが多い。安政火口から屹立した岩山で、冬季に氷りついた爆裂火口壁が格好の氷雪クライミングルートを数多く提供する。


c0219616_17441685.jpg
壁の手前で、アイゼンに履き替え、ザイルで結ばれるのだが、準備に手間取り、「この時間ではもうアウト!」と宮下さんから厳しい一言。


c0219616_17463578.jpg
ガスと強風の中、頂上に立つ。途中、写真を撮る余裕は皆無。ただひたすら、アイゼンを氷雪壁に蹴り込み、ピッケルを打ち込み、そして寒さに耐えた。65歳、新たな挑戦はこれからも続く、のだろうか。

正直なところ、「非常に楽しかった」。


何も見えなかった上ホロカメットクだが、宮下さんが晴れた日の写真を提供してくれた。正面に突き上げるのが、この日登った北西稜だ。すごく、かっこいいルートであると思う。
c0219616_1941512.jpg

[PR]
by kobayashi-skin-c | 2016-03-31 17:53 | PHOTO & ESSAY | Comments(0)
2016年3月 『うらら、春の山』 March 2016 "Mountains under the Spring Sunshine "
うららかなり、春の山。
c0219616_1512286.jpg
c0219616_15124728.jpg



いつもの塩谷丸山に登り、春霞の日本海に向かって滑り降りた。
遠くに真っ白な積丹・余別の峰々が美しい。
c0219616_15133989.jpg
c0219616_15141421.jpg
のんびり、まったり、素晴らしい春の一日ではあったが、やっぱり、・・・・・・。

また来年のパウダーを待とう。


うららかな春霞の中に、陽が沈んでいった。
c0219616_19445017.jpg

[PR]
by kobayashi-skin-c | 2016-03-17 15:16 | PHOTO & ESSAY | Comments(0)
2016年3月 『今年最後のパウダースノー、でも嵐』 March 2016 "The last powder snow of the season"
すっかり春めいてきた。札幌の街の雪が急速に消えている。
でも、山にはまだ粉雪が残っている。嵐がもたらした粉雪だ。おそらく今シーズン最後のパウダースノーを、漁岳、羊蹄山で楽しんだ。


c0219616_20263845.jpg
朝、札幌は快晴だった。目指す漁岳(1317.7m)は札幌・支笏湖間にある山で、かつては夏道がなかったため冬~春の山スキーヤーだけが知る超絶景ポイント。眼下にオコタンペ湖、その向こうに恵庭岳が聳え、支笏湖が横たわっている、らしい。胸をときめかせながら、春の日差しの中へ、初めての漁岳を目指して、Youさん(ノマド・ガイド)の案内で飛び出していったつもりなのだが、・・・・・・。眺望も何も、強風と吹雪だった。しかし、粉雪はあった!



さらに、羊蹄山(1898m)。ご覧のとおり超絶景(京極登山口にて)。
c0219616_2035573.jpg
c0219616_20374664.jpg



でも、山頂付近には吹き飛ばされた雪煙が立ち昇っている。


c0219616_20391834.jpg
まずは山を望みながら、オダッチ(ノマド)からガイダンスを受ける。「今日は山頂付近は強風が吹き荒れています。予報では風速25m/秒の風です。まあ、行けるところまで行きましょう」。
c0219616_20584157.jpg
「行けるところまで行きましょう。願わくば山頂まで」の心意気で出発したが、次第に山頂は雲に覆われ、登るにしたがって風が強くなった。1200m付近で断念。立っていられないほどの突風が吹きつける。風の少ない斜面を選んで、粉雪、モナカ雪、ときにアイスバーンの斜面を楽しんだ。
c0219616_2052815.jpg
c0219616_20523249.jpg
c0219616_2053241.jpg
c0219616_20532373.jpg
振り返ると羊蹄山頂は強風にたなびく雲で覆われていた。今年のパウダーは今日で終わりかな。
[PR]
by kobayashi-skin-c | 2016-03-16 18:52 | PHOTO & ESSAY | Comments(0)