人気ブログランキング |
2020年5月 『初めての日高アポイ岳、花の名山』 May 2020 "The First Visit of Mt Apoi"
一度は訪れたかった日高アポイ岳810m。
札幌からあまりに遠く、また低山であるためか、有名ではあるものの足が向かなかった。コロナ自粛が続く中、緊急事態宣言も解除され、久々に遠出を決意した。

晴天の下、期待以上の景観、花々が私たちを待っていた。
札幌を朝6:30に出発し、登山口に9:30到着。道央高速道に続き日高道ができたお蔭でずいぶんと早く着いた。途中浦河の町を通り抜けたが、昔診療に訪れていた浦河日赤病院も、そして浦河の町の面影もまったく失われていた。

登山口から小1時間、紺碧の空と、海が眼前に。
2020年5月 『初めての日高アポイ岳、花の名山』 May 2020 \"The First Visit of Mt Apoi\"_c0219616_21491352.jpg


3種類のサクラソウが目を楽しませてくれる。私の好きな花。

サマニユキワリ
2020年5月 『初めての日高アポイ岳、花の名山』 May 2020 \"The First Visit of Mt Apoi\"_c0219616_21491452.jpg

ヒダカイワザクラ
2020年5月 『初めての日高アポイ岳、花の名山』 May 2020 \"The First Visit of Mt Apoi\"_c0219616_21491435.jpg

エゾオオサクラソウ
2020年5月 『初めての日高アポイ岳、花の名山』 May 2020 \"The First Visit of Mt Apoi\"_c0219616_21505370.jpg

サクラソウの群落の間を抜けて山頂を目指す
2020年5月 『初めての日高アポイ岳、花の名山』 May 2020 \"The First Visit of Mt Apoi\"_c0219616_21491426.jpg

チングルマ
2020年5月 『初めての日高アポイ岳、花の名山』 May 2020 \"The First Visit of Mt Apoi\"_c0219616_21514882.jpg

アポイアズマギクが満開だった
2020年5月 『初めての日高アポイ岳、花の名山』 May 2020 \"The First Visit of Mt Apoi\"_c0219616_21491386.jpg

小さな小さなツマトリソウ
2020年5月 『初めての日高アポイ岳、花の名山』 May 2020 \"The First Visit of Mt Apoi\"_c0219616_21491311.jpg

ミヤマオダマキ
2020年5月 『初めての日高アポイ岳、花の名山』 May 2020 \"The First Visit of Mt Apoi\"_c0219616_21491475.jpg

アポイクワガタ
2020年5月 『初めての日高アポイ岳、花の名山』 May 2020 \"The First Visit of Mt Apoi\"_c0219616_21491484.jpg

アポイタチツボスミレ
2020年5月 『初めての日高アポイ岳、花の名山』 May 2020 \"The First Visit of Mt Apoi\"_c0219616_21523719.jpg

エゾキスミレ
2020年5月 『初めての日高アポイ岳、花の名山』 May 2020 \"The First Visit of Mt Apoi\"_c0219616_21523619.jpg

アポイキンバイ
2020年5月 『初めての日高アポイ岳、花の名山』 May 2020 \"The First Visit of Mt Apoi\"_c0219616_21523759.jpg

ヒロハヘビノボラズ(へぇ~~変わった名前!)
2020年5月 『初めての日高アポイ岳、花の名山』 May 2020 \"The First Visit of Mt Apoi\"_c0219616_22324109.jpg

アポイ岳山頂。
シラカバ、チシマザクラの木々で眺望はいまいち。おまけに、頂上標識のすぐ下に、どっかりと居座ったおばちゃん(衣子の背後)。「どけてください」とは言えなかった。
2020年5月 『初めての日高アポイ岳、花の名山』 May 2020 \"The First Visit of Mt Apoi\"_c0219616_21531873.jpg
2020年5月 『初めての日高アポイ岳、花の名山』 May 2020 \"The First Visit of Mt Apoi\"_c0219616_22165143.jpg
頂上に咲くチシマザクラ。
ほんとうに今年ほど桜を愛でた年はなかったな。



馬の背から山頂を振り返る。思い切って日高まで来てよかった。青空に、青い太平洋に、そしてアポイ岳に咲く固有の花々に心を癒された。
2020年5月 『初めての日高アポイ岳、花の名山』 May 2020 \"The First Visit of Mt Apoi\"_c0219616_21531843.jpg

下山後、がんばってふたたび3時間あまりのドライブ。
帰宅すると素晴らしい夕日が待っていた。
2020年5月 『初めての日高アポイ岳、花の名山』 May 2020 \"The First Visit of Mt Apoi\"_c0219616_21531856.jpg

今日の佳き日に乾杯!
コロナに負けるな。
2020年5月 『初めての日高アポイ岳、花の名山』 May 2020 \"The First Visit of Mt Apoi\"_c0219616_21531815.jpg

# by kobayashi-skin-c | 2020-06-01 22:29 | PHOTO & ESSAY | Comments(0)
2020年5月『コロナ自粛生活、朝の北大散歩』 May 2020 "Stay Home, COVID-19 Life"
新型コロナ緊急事態宣言が終わったものの、自粛生活(新しい生活様式)、心の曇りが続きます。皆さんはいかがお過ごしでしょうか。私が続けているのは、朝の北海道大学散歩。通い続けている北大キャンパスですが、日々いろんな発見があります。心の曇りを、青空が、そして色とりどりの花々が、そして動物たちが癒してくれます。皆さまも少しだけ外出、そしてマスクもはずして新鮮な空気を吸ってみませんか。

5月中ごろ、北大農場はタンポポの黄色い絨毯でしたが、5月末にもなると、すっかり白い綿毛のタンポポの宇宙に変わっていました。夕景ですが、無数の綿毛が夕日に照らされ幻想的で、まったく別世界にいるような気分となりました。
2020年5月『コロナ自粛生活、朝の北大散歩』 May 2020 \"Stay Home, COVID-19 Life\"_c0219616_06201691.jpg
花々の香りも格別です。
2020年5月『コロナ自粛生活、朝の北大散歩』 May 2020 \"Stay Home, COVID-19 Life\"_c0219616_06203018.jpg
スズラン

2020年5月『コロナ自粛生活、朝の北大散歩』 May 2020 \"Stay Home, COVID-19 Life\"_c0219616_06203032.jpg
ライラック

2020年5月『コロナ自粛生活、朝の北大散歩』 May 2020 \"Stay Home, COVID-19 Life\"_c0219616_06264721.jpg
オオアマナ

2020年5月『コロナ自粛生活、朝の北大散歩』 May 2020 \"Stay Home, COVID-19 Life\"_c0219616_06203065.jpg
         クロユリ



動物たちに出会えるのも楽しみの一つです。
2020年5月『コロナ自粛生活、朝の北大散歩』 May 2020 \"Stay Home, COVID-19 Life\"_c0219616_06205573.jpg
エゾリス

2020年5月『コロナ自粛生活、朝の北大散歩』 May 2020 \"Stay Home, COVID-19 Life\"_c0219616_06202234.jpg
ウンメエ~~~~



そしてオシドリ夫婦
2020年5月『コロナ自粛生活、朝の北大散歩』 May 2020 \"Stay Home, COVID-19 Life\"_c0219616_06193128.jpg
2020年5月『コロナ自粛生活、朝の北大散歩』 May 2020 \"Stay Home, COVID-19 Life\"_c0219616_06193040.jpg
2020年5月『コロナ自粛生活、朝の北大散歩』 May 2020 \"Stay Home, COVID-19 Life\"_c0219616_06193071.jpg
ほぼ毎日、10000~15000歩を歩いています。北海道の朝は早く、4時にはすっかり明るくなります。もう少し朝の徘徊を続け、コロナを忘れたいと思います。皆さまもどうかくれぐれもご自愛ください。コロナに負けるな!

# by kobayashi-skin-c | 2020-06-01 06:38 | PHOTO & ESSAY | Comments(0)
2020年5月 『コロナに負けるな!花々も応援している』 May 2020 "Overcome COVID19! Flowers with Us!"
ほんとうに未曾有の出来事です。
70年の人生を生きてきて、こんなに世界を揺るがせた出来事はなかったと思います。
でも、これが人類の歴史のひとこまと考えると、なんだか誇らしくもありませんか?
この未曾有の出来事を乗り越えた先に、また人類の歩む道があるのですから。
新しい歴史を作っていく私たち自身を誇らしく思いましょう。
けっして悲観せず、惑わされず、未来を信じて毎日を過ごしましょう。

そんな今の心に届くもの、それは変わらぬ自然の美しさです。

今だからこそ続ける朝の散歩。北海道大学キャンパスには自然が溢れています。

春を知らせる山野草が咲き始めます。恵迪の森(昔の北大学生寮「恵迪寮(けいてきりょう)」があった場所)の林床を、オオバナノエンレイソウ、ニリンソウ、エゾエンゴサクの花々が埋め尽くします。
2020年5月 『コロナに負けるな!花々も応援している』 May 2020 \"Overcome COVID19! Flowers with Us!\"_c0219616_18304965.jpg
2020年5月 『コロナに負けるな!花々も応援している』 May 2020 \"Overcome COVID19! Flowers with Us!\"_c0219616_18221619.jpg
2020年5月 『コロナに負けるな!花々も応援している』 May 2020 \"Overcome COVID19! Flowers with Us!\"_c0219616_18305058.jpg
2020年5月 『コロナに負けるな!花々も応援している』 May 2020 \"Overcome COVID19! Flowers with Us!\"_c0219616_18305031.jpg
2020年5月 『コロナに負けるな!花々も応援している』 May 2020 \"Overcome COVID19! Flowers with Us!\"_c0219616_18304901.jpg

さらに色とりどりの花々が続きます。
2020年5月 『コロナに負けるな!花々も応援している』 May 2020 \"Overcome COVID19! Flowers with Us!\"_c0219616_18232157.jpg
2020年5月 『コロナに負けるな!花々も応援している』 May 2020 \"Overcome COVID19! Flowers with Us!\"_c0219616_18340893.jpg
2020年5月 『コロナに負けるな!花々も応援している』 May 2020 \"Overcome COVID19! Flowers with Us!\"_c0219616_18410652.jpg
2020年5月 『コロナに負けるな!花々も応援している』 May 2020 \"Overcome COVID19! Flowers with Us!\"_c0219616_18221692.jpg

北大農場はタンポポのじゅうたんとなります。牛さんたちは草をむしゃむしゃ、元気いっぱいのようです。
2020年5月 『コロナに負けるな!花々も応援している』 May 2020 \"Overcome COVID19! Flowers with Us!\"_c0219616_19000320.jpg
2020年5月 『コロナに負けるな!花々も応援している』 May 2020 \"Overcome COVID19! Flowers with Us!\"_c0219616_19000201.jpg

さらに木々の花は絢爛豪華に咲き誇ります。蝦夷山桜、枝垂れ桜、八重桜、そしてクロフネツツジ。
2020年5月 『コロナに負けるな!花々も応援している』 May 2020 \"Overcome COVID19! Flowers with Us!\"_c0219616_18242545.jpg
2020年5月 『コロナに負けるな!花々も応援している』 May 2020 \"Overcome COVID19! Flowers with Us!\"_c0219616_18232123.jpg
2020年5月 『コロナに負けるな!花々も応援している』 May 2020 \"Overcome COVID19! Flowers with Us!\"_c0219616_18232174.jpg
2020年5月 『コロナに負けるな!花々も応援している』 May 2020 \"Overcome COVID19! Flowers with Us!\"_c0219616_18421381.jpg
2020年5月 『コロナに負けるな!花々も応援している』 May 2020 \"Overcome COVID19! Flowers with Us!\"_c0219616_18410605.jpg
野山でも可憐な花たちが迎えてくれました。藻岩山にて。
2020年5月 『コロナに負けるな!花々も応援している』 May 2020 \"Overcome COVID19! Flowers with Us!\"_c0219616_18485094.jpg
2020年5月 『コロナに負けるな!花々も応援している』 May 2020 \"Overcome COVID19! Flowers with Us!\"_c0219616_18485071.jpg
2020年5月 『コロナに負けるな!花々も応援している』 May 2020 \"Overcome COVID19! Flowers with Us!\"_c0219616_18441850.jpg
外の世界では色とりどりの花が私たちを迎えてくれます。
それは山野草や、木々ではないかも知れません。あたりまえの景色なのかも知れません。でも自然が目の前に広がり、私たちを包み込んでくれます。ひょっとるすと、コロナも私たちを包み込む自然の一環なのかも知れませんね。コロナに負けない、そうココロは負けない。みなさま、どうかくれぐれもご自分の生活、命を、自分の力で正しく守ってください。


最後に、北海道大学の夕景をみながら、また明日の活力が生まれるよう元気にお過ごしください。
2020年5月 『コロナに負けるな!花々も応援している』 May 2020 \"Overcome COVID19! Flowers with Us!\"_c0219616_18551305.jpg
2020年5月 『コロナに負けるな!花々も応援している』 May 2020 \"Overcome COVID19! Flowers with Us!\"_c0219616_18551308.jpg
2020年5月 『コロナに負けるな!花々も応援している』 May 2020 \"Overcome COVID19! Flowers with Us!\"_c0219616_18551335.jpg


# by kobayashi-skin-c | 2020-05-16 19:03 | PHOTO & ESSAY | Comments(0)
新型コロナウイルス感染症対策・電話対応
新型コロナウイルス感染が止まりません。
北海道の緊急事態、特定地域も5月31日まで続くこととなり、厳しい行動制限、自粛が求められています。毎日の生活、仕事に不安を抱えておられることとお察しいたします。

小林皮膚科クリニックでは、日ごろからスタッフ全員で衛生・清潔に気を付けておりますが、なおいっそう手洗い、消毒、部屋の換気に注意しながら、診療を続けております。

しかしながら小林皮膚科クリニックは込み合うことが多く、受診されるみなさまもご心配であると思います。緊急事態発令後、受診される人数は普段より少なくなっておりますが、感染がご不安な方に対しては、電話での対応を行っております。

お薬の処方で済ませられる方は、電話にて必要なお薬をお知らせください。窓口ですぐにお薬を手渡しできる準備をいたします。あるいは交通機関を使って来院することが不安な方には、郵送でお送りいたします(郵送料はご負担いただきます)。

皮膚の病状に不安がある場合は、申し訳ございませんが、直接の受診をお願いいたします。初診の方の電話対応もできません。

一刻も早い終息を願うばかりですが、大方の予想のとおり、私もこの新型コロナウイルスとの戦いは続くものと思っています。おそらくは戦いというよりは「共存」への道のりとなるのでしょう。

みなさまのご健勝を心からお祈り申し上げます。

# by kobayashi-skin-c | 2020-05-10 10:53 | お知らせ | Comments(0)
2020年4月『春の羊蹄山、四景』 April 2020 "Mt Yotei, Four Sceneris"

ニセコ・チセヌプリに登り、羊蹄山でも遊んだ。あいにく風が強く山頂は断念したが、青空に立つ堂々とした羊蹄山の姿に見惚れた。
2020年4月『春の羊蹄山、四景』 April 2020 \"Mt Yotei, Four Sceneris\"_c0219616_21473446.jpg
2020年4月『春の羊蹄山、四景』 April 2020 \"Mt Yotei, Four Sceneris\"_c0219616_21473527.jpg
2020年4月『春の羊蹄山、四景』 April 2020 \"Mt Yotei, Four Sceneris\"_c0219616_21452237.jpg
2020年4月『春の羊蹄山、四景』 April 2020 \"Mt Yotei, Four Sceneris\"_c0219616_21452048.jpg

# by kobayashi-skin-c | 2020-04-28 22:05 | Comments(0)