次回の健康教室は2019年1月22日(火)1:30pmから
2018年12月の健康教室はお休みいたします。

2019122日(火)『食物アレルギーと皮膚』


 近年に至るまで食べ物のアレルギーでアトピー性皮膚炎が悪くなる、あるいは蕁麻疹が現れる、あるいはニキビが悪化する、といった説明がなされたりしていましたが、最近の研究で、「皮膚は食物アレルギーの結果」と言うよりも、「皮膚は食物アレルギーの原因を作る」と言うことが分かってきました。「悠香の茶のしずく石鹸」事件を覚えていらっしゃいますか?しっとりと泡立ちの良い石鹸には小麦成分が含まれていました。この石鹸を使って洗顔することで、皮膚から小麦アレルギーを生じ、パスタやパンで重症の場合アナフィラキシーショックを起こす人が出てきたのです。海外ではピーナッツアレルギーの人がたいへん多いのですが、このピーナッツアレルギーも赤ちゃんのころから食べるのではなく、身近にあって触れることでアレルギーが生じてしまうことが知られています。
この季節、乾燥肌で皮膚のバリア障害が生じ、そこからアレルギーが始まることも予測されます。食物アレルギーと皮膚について、そしてスキンケアについて勉強いたしましょう。


小林皮膚科クリニックでは、毎月1回(第4火曜日)130pmから、その季節季節の皮膚のトラブル、その折々の皮膚の話題を取り上げながら健康教室を開催しています。申し込みは不要です。自由にご参加ください。


[PR]
by kobayashi-skin-c | 2014-07-31 12:20 | 「皮膚の健康教室」のご案内 | Comments(0)
<< 2014年8月教室 『あせ、汗... 2013年12月17日教室 『... >>