2018年8月「マッターホルンプロジェクトその2、La Meije」August 2018 "La Meije"
Queyras Mountainsから下山した後、休息日をはさんでブリアンソンのクリストフの家からラ・グラーブ村へ移動。ラ・グラーブからはゴンドラに乗って、一気に3000mへ。ゴンドラ駅のすぐ先からは広大な氷河が広がっていた。

ラ・グラーブからみるLa Meije北壁
La Meijeはいくつかの鋭鋒からなる山塊であり、最高峰はGrand Pic de la Meije 3983 m。北壁と南壁が屹立するLa Meijeは他の名だたるアルプスの山々が登攀された後も唯一未踏峰であったが、1877年地元フランス人カステルノーとガイド、ガスパールが初制覇した。
c0219616_15003314.jpg


ここからはピッケル・アイゼンの世界。確実にアイゼンを効かせながら氷河をつめる。下の写真中央・上の、山の中に突きあがる氷河上のコルを越える予定であった。
c0219616_15003352.jpg

しかし氷河上部には大きなクレバス。まず一番目のクレバスをなんとか越えたが、その先にもクレバスが続き、上部コルを越えることはできなかった。それにしてもマッターホルンプロジェクトにアイスクライミングまであるとは!
c0219616_15003456.jpg

予定を変更して別のコルを越えて南斜面へ出ると、またまったく別の世界が広がっていた。美しい。
c0219616_15003481.jpg

氷河地形の急坂を下りたどり着いたのがSelle小屋。急斜面にへばりつくように建てられていた。フランス人が二人、オランダ人が三人、日本人が二人、そしてガイドが二人。和気藹々と夕食を囲んだ。
c0219616_15302178.jpg
c0219616_15335749.jpg
Selle小屋からはいったんLa Meije南山麓のベラルドの村に下山し、再度La Meije南壁を目指した。美しいエタンソンの谷を黙々と登る。白い花崗岩の岩山、青い空、緑の草原と針葉樹の森。クリストフの足並みは速く、ゆっくりと景色に浸っていることはできなかった。
c0219616_15075163.jpg
c0219616_15003445.jpg


途中、クリストフのガイド仲間とすれちがった。大切な山の情報交換。上部氷河で大きな落石があり、一人が負傷したらしい。クリストフが指差しているのがLa Meije南壁。

c0219616_15003408.jpg
途中の山小屋で小休止。大きな大きなオムレツをいただいた。中にはぎっしりとチーズとハムが詰まっていた。衣子が一人で食べたわけではありません。三人で仲良く分けました。
c0219616_15003547.jpg
c0219616_15020249.jpg
さらにこの山小屋から登ること800m。やっとの思いで標高3092mのPromontoire小屋に辿り着いた。きつかった!行動時間11時間、28kmを歩いた。
c0219616_15003540.jpg
c0219616_15075167.jpg
ところでこの素晴らしいLa Meije南壁上、どこに山小屋が建っているかおわかりかな? 写真中央やや左寄りのやや上、白い小屋がぽつんと見える。

c0219616_15020280.jpg
Promontoire小屋は、La Meije登山基地。小屋には詳しいルート写真があり、さらに詳細なポイントマップも置かれていた。我々は上を目指さない。左下に引かれた黒い線のルートを行く。
c0219616_15020270.jpg

素晴らしい雰囲気の山小屋だった。小屋の主人が、山の注意点、天気予報を皆に説明する。日本語でないのが残念。
c0219616_15020251.jpg

山小屋で誕生日。みんなでハッピバースデイの歌を合唱した。
c0219616_15020298.jpg
夕食後、暮れ行くエタンソンの谷を見下ろす。ため息がもれるほど美しい。
c0219616_15101423.jpg

夕焼けに染まるLa Meijeの鋭鋒群
c0219616_15101406.jpg

明日越えるコル。氷河上にある。
c0219616_15101479.jpg

朝4時、ヘッドランプを点して山小屋を出発。朝日が昇るころ、コルに達した。
c0219616_15101499.jpg

それにしても、凄いとこまで来たもんだ!
c0219616_15101580.jpg
c0219616_15101560.jpg

コルを越えるとまた大氷河!
c0219616_15101509.jpg

登って下りて、また登って、そして最後に岩壁の下降訓練が待っていた。
c0219616_15101502.jpg
c0219616_15101347.jpg
c0219616_15101529.jpg
美しい La Meije、どうもありがとう。次に来るときは山頂へ。その前にマッターホルンに行かなければ。計7日間のマッターホルンプロジェクト訓練が終わった。

[PR]
by kobayashi-skin-c | 2018-08-23 16:10 | PHOTO & ESSAY | Comments(0)
<< 2018年8月『マッターホルン... 2018年8月『マッターホルン... >>