2018年11月『京都の紅葉』 November 2018 "The Autumn of Kyoto"
屋久島から札幌に帰る途中、京都に寄り道をして、さらに今年の秋の紅葉を楽しんだ。秋の京都を訪れるのは生まれて初めて。今でも、北海道大雪山の紅葉が世界で一番と思っているが、京都の紅葉もなかなか。あまりの美しさに、そしてあまりの人の多さにいささか驚いた。
c0219616_19495213.jpg

いわゆる紅葉の名所の数々。なんと日本人は、春の桜、秋の紅葉と、大好きなことか。「散る美しさ」?、作られた神話!

まず訪れたのが東福寺。人の多さに仰天した。
c0219616_20071416.jpg
c0219616_20114650.jpg

真如堂。人が少なく、祈りの場所であった。
c0219616_20122895.jpg

南禅寺。外国人の多さに圧倒される。
c0219616_20125522.jpg

永観堂。人もさることながら、お寺と紅葉の調和は随一と感じた。
c0219616_19495338.jpg
c0219616_19495320.jpg
c0219616_19495306.jpg


池を巡らす紅葉

c0219616_19513145.jpg
昼に拝観、夜に拝観。
c0219616_20342119.jpg
夜桜の言葉はあるが、「夜紅葉」とは!
昼も夜も拝観料を取られた。「商魂逞しい」?!


人ごみを避けた京北山の貴船、鞍馬寺ではもう紅葉は散り始め。
c0219616_20143471.jpg

c0219616_20145721.jpg
c0219616_20145757.jpg

貴船神社は「絵馬」発祥の宮であるとのこと。


最後に訪れた下鴨神社、糾の森。

c0219616_20154853.jpg
c0219616_20154820.jpg
河合神社の祭神は、神武天皇の母神「玉依姫命」。女性の美の神様であるらしい。多くの若い女性が訪れていた。私が祈るのって、何?? 参拝者が奉納した顔の絵馬が愛らしくも、いじらしかった。私的には、一番下の段、右から三番目が好き!
c0219616_20154811.jpg


京都では、神様、仏様の数々に(お名前を言えないのが不信心、無教養!)お詣りし、自身のそして家族の平安、さらに世界の平和を祈った。「商売繁盛」、「縁結び」、「安産」の神様にもお祈りした。欲張りすぎた感がなきにしもあらず。

かくして、秋の山旅が終了。ありがとうございました。泊まったお宿、食事などなど、他にも多くの思い出が残りました。

[PR]
by kobayashi-skin-c | 2018-12-10 21:07 | PHOTO & ESSAY | Comments(0)
<< 2018年12月『広島カープあ... 2018年11月『続報、屋久島... >>