人気ブログランキング | 話題のタグを見る
2023年4月『四国遍路③・修行の道場土佐の国 後編』 April 2023, "③Shikoku-Henro, TosanoKuni Part 2"
2023年4月『四国遍路③・修行の道場土佐の国 後編』 April 2023, \"③Shikoku-Henro, TosanoKuni Part 2\"_c0219616_10070833.jpg
おさらいをしておきましょう。今は高知県(土佐の国)、弓なりの土佐湾の真ん中あたりまで来ています。


4月20日、15日目

  かがみの海 のりあい船で 行く遍路

昨日札を打った36番青龍寺から次の37番霊場岩本寺までが60.0㎞、そしてその次の38番霊場金剛福寺までがさらに94.2㎞。土佐の国が「修行の道場」と言われる所以でしょうか。この日は朝早く宿を出て船着き場へ。宇佐湾に続く浦の内湾(横波三里)を船で渡ります。なんでもお大師様も青龍寺へ行くときは船で渡ったと伝えられているのです。ですからこの渡し船も正式なお遍路コースなのです。
2023年4月『四国遍路③・修行の道場土佐の国 後編』 April 2023, \"③Shikoku-Henro, TosanoKuni Part 2\"_c0219616_17554342.jpg
2023年4月『四国遍路③・修行の道場土佐の国 後編』 April 2023, \"③Shikoku-Henro, TosanoKuni Part 2\"_c0219616_17554421.jpg
2023年4月『四国遍路③・修行の道場土佐の国 後編』 April 2023, \"③Shikoku-Henro, TosanoKuni Part 2\"_c0219616_17554454.jpg
船で約10㎞進み、横浪で下船した後、27.4㎞。中土佐町久礼の町に着きました。知っている方は少ないかもしれません。久礼はカツオの町。昔、純平と八千代が暮らしていました。
2023年4月『四国遍路③・修行の道場土佐の国 後編』 April 2023, \"③Shikoku-Henro, TosanoKuni Part 2\"_c0219616_18001533.jpg
港に出ると純平と八千代!?
2023年4月『四国遍路③・修行の道場土佐の国 後編』 April 2023, \"③Shikoku-Henro, TosanoKuni Part 2\"_c0219616_18010525.jpg
カツオのたたきを目当てに町の大正市場へと向かいましたが、「この3日間カツオの水揚げがない」とのこと。仕方なくイサキのたたきを買ったところ、お接待にとご飯、タケノコのおひたし、カツオの燻製を持たしてくれました。
2023年4月『四国遍路③・修行の道場土佐の国 後編』 April 2023, \"③Shikoku-Henro, TosanoKuni Part 2\"_c0219616_18070487.jpg
お接待をいただきながらこの夜は久礼で宿泊。


4月21日、16日目

  四万十の 夢にまでみた うなぎ喰らう
  四万十の 清き流れに アイシング
2023年4月『四国遍路③・修行の道場土佐の国 後編』 April 2023, \"③Shikoku-Henro, TosanoKuni Part 2\"_c0219616_18214364.jpg
久礼の町を出発し25.9㎞、37番霊場岩本寺へ。この日は足がはかどりました。お昼過ぎには岩本寺のある四万十町に入りました。その理由は、「うなぎ」!「うなきち」と呼ばれる名店があり、ちょうど話題になっていた「うな丼大臣」も訪れたお店です。なんでもお昼2時くらいには品切れとなるとのこと、足がはかどったわけです。美味しかった~💕 岩本寺宿坊に入るのにはまだ時間が早すぎたので、町の観光センターで自転車を借りて四万十川にかかる若井の沈下橋へ。憧れの清流四万十川、夢にまで見た四万十川、何かデジャブの感覚でした。
2023年4月『四国遍路③・修行の道場土佐の国 後編』 April 2023, \"③Shikoku-Henro, TosanoKuni Part 2\"_c0219616_18214244.jpg
2023年4月『四国遍路③・修行の道場土佐の国 後編』 April 2023, \"③Shikoku-Henro, TosanoKuni Part 2\"_c0219616_18214390.jpg
2023年4月『四国遍路③・修行の道場土佐の国 後編』 April 2023, \"③Shikoku-Henro, TosanoKuni Part 2\"_c0219616_18214388.jpg

4月22日、17日目

お接待 遍路フレンズ 笑みこぼれ

岩本寺からは94.2㎞先の足摺岬、38番霊場金剛福寺を目指します。途中2泊します。今日は太平洋をずっと左に見ながら歩き、海辺の民宿に投宿しました。今日で17日目、総歩行距離488.5㎞。まだ半分も歩いていません。この頃になると宿やお接待所で一緒になるメンバーが顔見知りになってきます。この日、道端のおじいさんから「コーヒーを飲んでいきなさい」と声を掛けられ、おじいさん手作りのお接待所に入ると、あらまみんな顔見知り。思わずみんなの笑みがこぼれました。遍路フレンズの皆さん、いい笑顔ですね。
2023年4月『四国遍路③・修行の道場土佐の国 後編』 April 2023, \"③Shikoku-Henro, TosanoKuni Part 2\"_c0219616_18494456.jpg
2023年4月『四国遍路③・修行の道場土佐の国 後編』 April 2023, \"③Shikoku-Henro, TosanoKuni Part 2\"_c0219616_18494413.jpg
豆知識 「お接待とは」 お遍路さんに対する四国の文化と言ってよいと思います。お遍路は「同行二人」と言われるよう、お大師様とともに歩いています。その二人に祈りを託すおもてなしが「お接待」であり、「お接待をすることで自らの代わりに遍路巡礼を託す」、あるいは、「お接待自体が功徳である」(四国遍路公式WEBサイト)と言わています。「お接待」を受ける私たち遍路は、ありがたく頂戴することが修行となっています。

海辺の景色
2023年4月『四国遍路③・修行の道場土佐の国 後編』 April 2023, \"③Shikoku-Henro, TosanoKuni Part 2\"_c0219616_18494427.jpg

そして今日の海辺の宿
2023年4月『四国遍路③・修行の道場土佐の国 後編』 April 2023, \"③Shikoku-Henro, TosanoKuni Part 2\"_c0219616_18494590.jpg
2023年4月『四国遍路③・修行の道場土佐の国 後編』 April 2023, \"③Shikoku-Henro, TosanoKuni Part 2\"_c0219616_18494533.jpg
ビールを片手にこぼれる笑顔、まだまだ悟りの世界からは遠いようです。

  大海原 ビール片手に 笑みこぼれ


4月23日、18日目

  潮風に 霞む岬の 遠さかな

足摺岬まであと30㎞。景色の良い四万十川河口付近を歩きました。砂浜、松原がとてもきれいでした。心が洗われます。
2023年4月『四国遍路③・修行の道場土佐の国 後編』 April 2023, \"③Shikoku-Henro, TosanoKuni Part 2\"_c0219616_09505119.jpg
浮鞭(うきびち)海岸
2023年4月『四国遍路③・修行の道場土佐の国 後編』 April 2023, \"③Shikoku-Henro, TosanoKuni Part 2\"_c0219616_09474905.jpg

入野松原
2023年4月『四国遍路③・修行の道場土佐の国 後編』 April 2023, \"③Shikoku-Henro, TosanoKuni Part 2\"_c0219616_09474961.jpg
2023年4月『四国遍路③・修行の道場土佐の国 後編』 April 2023, \"③Shikoku-Henro, TosanoKuni Part 2\"_c0219616_09482725.jpg

四万十大橋を渡る。四万十の清流も河口付近にまで来ると大河の趣です。
2023年4月『四国遍路③・修行の道場土佐の国 後編』 April 2023, \"③Shikoku-Henro, TosanoKuni Part 2\"_c0219616_09474909.jpg

この日は、足摺岬まで28㎞の「安宿」に泊まりました。電話で予約の際「やすやどさんですか?」と聞くと「あんしゅくです!」とのこと。失礼しました。カツオの刺身、ごちそうさま。
2023年4月『四国遍路③・修行の道場土佐の国 後編』 April 2023, \"③Shikoku-Henro, TosanoKuni Part 2\"_c0219616_09474932.jpg

4月24日、19日目

   潮騒に 心洗われ 心みがく

「鯨道」とよばれる遍路道をたどりながら、念願の足摺岬に!台風接近のせいか風が強く、波が高く押し寄せ、「これが足摺岬!」と実感しました。そして38番霊場金剛福寺に札を打つことができました。自分の足に感謝、みんなに感謝。
2023年4月『四国遍路③・修行の道場土佐の国 後編』 April 2023, \"③Shikoku-Henro, TosanoKuni Part 2\"_c0219616_10210507.jpg

1丁(109.9m)ごとに置かれた「丁石」。江戸時代のものが所々に残っている。
2023年4月『四国遍路③・修行の道場土佐の国 後編』 April 2023, \"③Shikoku-Henro, TosanoKuni Part 2\"_c0219616_10210597.jpg
2023年4月『四国遍路③・修行の道場土佐の国 後編』 April 2023, \"③Shikoku-Henro, TosanoKuni Part 2\"_c0219616_10210531.jpg
2023年4月『四国遍路③・修行の道場土佐の国 後編』 April 2023, \"③Shikoku-Henro, TosanoKuni Part 2\"_c0219616_10210571.jpg
2023年4月『四国遍路③・修行の道場土佐の国 後編』 April 2023, \"③Shikoku-Henro, TosanoKuni Part 2\"_c0219616_10210587.jpg
2023年4月『四国遍路③・修行の道場土佐の国 後編』 April 2023, \"③Shikoku-Henro, TosanoKuni Part 2\"_c0219616_10210534.jpg

4月25日、20日目

   落ちてなお 凛とたたずむ 紅つばき
冷たい雨が降りしきる中、足摺岬を出発し三十九番札所延光寺へ向かう。ここも62.8㎞、ただ無心に歩く。山辺の遍路道に落ちた赤い椿の花に目がとまった。
2023年4月『四国遍路③・修行の道場土佐の国 後編』 April 2023, \"③Shikoku-Henro, TosanoKuni Part 2\"_c0219616_10300906.jpg


4月26日、21日目
台風の影響でまだ雨が残る中、39番札所延光寺に向かって、海の遍路から山の遍路へ。長く厳しい道のりでした。歩いている間、ほとんど無心です。悟りを開かん、と深く思考できるのではないかと期待もしていましたが、考えることと言えばせいぜい今日の句を頭に浮かべるぐらい。たいていは歌を口ずさんでいました。それも子供のころの童謡ばかり(「夕焼け小焼け」が一番多かったかな)。そしてこのポーズが大のお気に入りでした。
反射鏡 見るたびポーズ 山遍路
雨上がり 新緑の中に 竹の秋
2023年4月『四国遍路③・修行の道場土佐の国 後編』 April 2023, \"③Shikoku-Henro, TosanoKuni Part 2\"_c0219616_10330436.jpg
2023年4月『四国遍路③・修行の道場土佐の国 後編』 April 2023, \"③Shikoku-Henro, TosanoKuni Part 2\"_c0219616_10330458.jpg
2023年4月『四国遍路③・修行の道場土佐の国 後編』 April 2023, \"③Shikoku-Henro, TosanoKuni Part 2\"_c0219616_10330446.jpg
39番霊場延光寺に札を打ちました。ずいぶんと髭が伸びました。特に験を担いだわけではありませんが、何となく「非日常」のことをしてみたかったのでしょうか。そもそもお遍路を始める前、①頭を剃ろう、②酒断ちをしよう、③緊急時以外は携帯を避けよう、の「三断ち」をこころざしましたが、①は衣子の「絶対ダメ、そんなことしたら別れるわよ!」であえなく断念。②は最初に泊まった宿坊で到着するなりビールの自販機をみつけ「シュパッ!」であえなく断念、③は毎日Facebookがお友達でした。

次の40番霊場観自在寺からは、もう伊予の国 愛媛県です。
お遍路日記はあたかも観光案内のごとくですが、なにとぞご寛容のほどをよろしくお願い申し上げます。

by kobayashi-skin-c | 2023-06-29 11:42 | PHOTO & ESSAY | Comments(0)
<< 2023年4月『四国遍路④・菩... 2023年4月『四国遍路②・修... >>