人気ブログランキング |
カテゴリ:PHOTO & ESSAY( 246 )
2013年5月 May, 2013 ヒマラヤ・アンナプルナトレッキング Himalaya-Annapurna Trekking
2013年4月~5月の3週間、三度目のネパールを旅した。
4月17日、札幌から成田、そしてインド・デリーへ。
4月18日、デリーからカトマンドゥ。翌4月19日、カトマンドゥからポカラへ。
4月20日、ポカラからジョムソム(2743m)へ。ここで飛行機旅を終了し、トレッキング開始。砂漠のごとく荒涼とした大地をカリ・ガンダキに沿ってカグベニ(2807m)へ。

ジョムソム空港。後ろはニルギリ連峰。
2013年5月 May, 2013  ヒマラヤ・アンナプルナトレッキング Himalaya-Annapurna Trekking_c0219616_165538100.jpg

カリ・ガンダキの川原を行く。前方に緑のカグベニの村。
2013年5月 May, 2013  ヒマラヤ・アンナプルナトレッキング Himalaya-Annapurna Trekking_c0219616_16573953.jpg


4月21日、カグベニから聖地ムクチナ―ト。標高3800mのムクチナ―トは不思議な所。ヒンドゥー教・仏教両者の聖地であり、多くの巡礼者がこの高地を訪れる。この日は気温が低く、ミゾレまじりの雨で、地面にはまだ雪が積もっていた。
2013年5月 May, 2013  ヒマラヤ・アンナプルナトレッキング Himalaya-Annapurna Trekking_c0219616_1753829.jpg
巡礼者が聖水で沐浴する、あまりに寒いので必死で走りぬけていた。
2013年5月 May, 2013  ヒマラヤ・アンナプルナトレッキング Himalaya-Annapurna Trekking_c0219616_1755629.jpg


予定ではムクチナートに宿泊するつもりであったが、あまりに寒いのですぐに下山した。さいわいローカルバスに乗車できたが、ジョムソムまで、そしてジョムソムからラルジュンまでのジョムソム街道のバス旅行は、とんでもなく楽しかった。乗車したバスと、車内の映像(激しく揺れてピンボケ、前の座席では脚が宙に浮いている)。
2013年5月 May, 2013  ヒマラヤ・アンナプルナトレッキング Himalaya-Annapurna Trekking_c0219616_1711966.jpg
2013年5月 May, 2013  ヒマラヤ・アンナプルナトレッキング Himalaya-Annapurna Trekking_c0219616_17144041.jpg


4月22日、23日、ラルジュン村の丘の上にあるナウリコット村、タサン・ビレッジ(2700m)に滞在。昨年1月以来の再訪である(2012年1月「神々が生まれ、神々が棲むところ」を参照)。電気系統が故障のため、2泊3日の間、夜は蝋燭の灯りのもと過ごした。
4月23日、晴天の朝を迎え、ダウラギリⅠ峰(8167m)を仰ぎ見ることができた。見事な朝焼けであった。
2013年5月 May, 2013  ヒマラヤ・アンナプルナトレッキング Himalaya-Annapurna Trekking_c0219616_17242110.jpg
2013年5月 May, 2013  ヒマラヤ・アンナプルナトレッキング Himalaya-Annapurna Trekking_c0219616_1724788.jpg
2013年5月 May, 2013  ヒマラヤ・アンナプルナトレッキング Himalaya-Annapurna Trekking_c0219616_17245830.jpg


ラルジュン村からふたたびバスでタトパニ(1189m)へ。
2013年5月 May, 2013  ヒマラヤ・アンナプルナトレッキング Himalaya-Annapurna Trekking_c0219616_857767.jpg

タトパニからは山道を歩き始めた。まずはシーカ(1980m)で宿泊。

4月24日、シーカからゴレパニ(2853m)へ。
シーカの村からダウラギリⅠ峰(8167m)を望む。タサン・ビレッジから仰ぎ見た山容とずいぶん形が異なる。
2013年5月 May, 2013  ヒマラヤ・アンナプルナトレッキング Himalaya-Annapurna Trekking_c0219616_1735124.jpg


4月25日早朝、日が昇る前にプーンヒル(3198m)へ。この辺りで一番の展望台である。
アンナプルナ山群が朝日を背に美しいシルエットを描く。そしてダウラギリⅠ峰(8167m)が朝日に染まった。
2013年5月 May, 2013  ヒマラヤ・アンナプルナトレッキング Himalaya-Annapurna Trekking_c0219616_17411791.jpg
2013年5月 May, 2013  ヒマラヤ・アンナプルナトレッキング Himalaya-Annapurna Trekking_c0219616_174119100.jpg


あたり一面は赤いシャクナゲの花が咲き乱れ、その向こうにダウラギリⅠ峰(8167m)とトゥクチェピーク(6920m)が美しく白い稜線を見せていた。
2013年5月 May, 2013  ヒマラヤ・アンナプルナトレッキング Himalaya-Annapurna Trekking_c0219616_17452792.jpg


プーンヒルから下山後、遅い朝食をとり、タダパニ(2721m)へ向かった。途中デオラリ(3103m)までの間、まさにシャクナゲ街道。白く光るヒマラヤの雪峰を背景に、山肌は真っ赤に染まっていた。
2013年5月 May, 2013  ヒマラヤ・アンナプルナトレッキング Himalaya-Annapurna Trekking_c0219616_1752910.jpg
2013年5月 May, 2013  ヒマラヤ・アンナプルナトレッキング Himalaya-Annapurna Trekking_c0219616_17531139.jpg
2013年5月 May, 2013  ヒマラヤ・アンナプルナトレッキング Himalaya-Annapurna Trekking_c0219616_17525365.jpg


4月26日、タダパニからチョムロン(1951m)。景色は一変し、段々畑の間を縫うように歩き、アンナプルナの山々が眼前に迫ってきた。ダウラギリの姿はもう見えない。
2013年5月 May, 2013  ヒマラヤ・アンナプルナトレッキング Himalaya-Annapurna Trekking_c0219616_17583842.jpg
2013年5月 May, 2013  ヒマラヤ・アンナプルナトレッキング Himalaya-Annapurna Trekking_c0219616_17592275.jpg

左からアンナプルナ・サウス(7219m)、ヒウンチュリ(6441m)、アンナプルナⅢ(7555m)、マチャプチャレ(6993m)
2013年5月 May, 2013  ヒマラヤ・アンナプルナトレッキング Himalaya-Annapurna Trekking_c0219616_1813489.jpg


4月27日、チョムロンからドバン(2580m)。この日はチョムロンから一気に350mを下り、谷底のなが~い吊橋を渡って、今度は一気に900mを登り返す。ますますアンナプルナの峰々が近付いてきた。
2013年5月 May, 2013  ヒマラヤ・アンナプルナトレッキング Himalaya-Annapurna Trekking_c0219616_18133485.jpg
2013年5月 May, 2013  ヒマラヤ・アンナプルナトレッキング Himalaya-Annapurna Trekking_c0219616_18144396.jpg
2013年5月 May, 2013  ヒマラヤ・アンナプルナトレッキング Himalaya-Annapurna Trekking_c0219616_1815219.jpg


4月28日、ドバンからマチャプチャレ・ベースキャンプ(3650m)。いよいよ山懐に入る。マチャプチャレの黒い壁の真下にある。マチャプチャレ(6993m)とは、現地の言葉で「魚の尻尾(fish tail)」。頂がちょうど魚の尻尾のような双耳峰となっている。神聖な山で、今も頂きを踏むことは許可されていない。
2013年5月 May, 2013  ヒマラヤ・アンナプルナトレッキング Himalaya-Annapurna Trekking_c0219616_1821291.jpg
2013年5月 May, 2013  ヒマラヤ・アンナプルナトレッキング Himalaya-Annapurna Trekking_c0219616_18225192.jpg


4月29日、マチャプチャレ・ベースキャンプから、アンナプルナ・ベースキャンプ(A.B.C. 4130m)へ。いよいよ最終目的地へ。さすがに息は切れるが高山病の症状はまったく出ない。晴天の下、青い空と白い峰々を仰ぎ見ながら、足下にはサクラソウの花が咲き乱れ、気分は高揚。申し分ない山歩きを楽しむことができた。
2013年5月 May, 2013  ヒマラヤ・アンナプルナトレッキング Himalaya-Annapurna Trekking_c0219616_1832381.jpg
2013年5月 May, 2013  ヒマラヤ・アンナプルナトレッキング Himalaya-Annapurna Trekking_c0219616_18321372.jpg
念願のA.B.C.に到着。アンナプルナⅠ峰(8091m)が壁のように迫っている。
2013年5月 May, 2013  ヒマラヤ・アンナプルナトレッキング Himalaya-Annapurna Trekking_c0219616_18355272.jpg


ABCから仰ぎ見る360度のアンナプルナ連峰
2013年5月 May, 2013  ヒマラヤ・アンナプルナトレッキング Himalaya-Annapurna Trekking_c0219616_1551432.jpg


美しいマチャプチャレの夕焼けが、この日を締めくくってくれた。
2013年5月 May, 2013  ヒマラヤ・アンナプルナトレッキング Himalaya-Annapurna Trekking_c0219616_1840147.jpg
2013年5月 May, 2013  ヒマラヤ・アンナプルナトレッキング Himalaya-Annapurna Trekking_c0219616_18404112.jpg


4月30日、日の出前の真っ暗な時間から、アンナプルナ南氷河を見下ろす高台に登り、夜明けを待った。下弦の月が、青白くヒウンチュリの頂きを浮かび上がらせた。やがて、山々は曙の明かりに白くはっきりと姿を現し、そしてまずアンナプルナⅠ峰が赤く照らされた。刻々と変わる大景観の移ろいに、地球の鼓動を聴く思いであった。
2013年5月 May, 2013  ヒマラヤ・アンナプルナトレッキング Himalaya-Annapurna Trekking_c0219616_18495890.jpg
2013年5月 May, 2013  ヒマラヤ・アンナプルナトレッキング Himalaya-Annapurna Trekking_c0219616_18501066.jpg
2013年5月 May, 2013  ヒマラヤ・アンナプルナトレッキング Himalaya-Annapurna Trekking_c0219616_1852739.jpg
2013年5月 May, 2013  ヒマラヤ・アンナプルナトレッキング Himalaya-Annapurna Trekking_c0219616_18514988.jpg
2013年5月 May, 2013  ヒマラヤ・アンナプルナトレッキング Himalaya-Annapurna Trekking_c0219616_18525570.jpg
2013年5月 May, 2013  ヒマラヤ・アンナプルナトレッキング Himalaya-Annapurna Trekking_c0219616_18522573.jpg


アンナプルナⅠ峰は、高さこそ8000mをわずかに超えるだけだが、今も難攻不落の山として知られ、「魔の山(killer mountain)」と呼ばれている。A.B.C.には山で亡くなった大勢の人たちのケルンが立てられていた。冥福を祈り、この山に来ることができたことに感謝しつつ、A.B.C.をあとにした。
2013年5月 May, 2013  ヒマラヤ・アンナプルナトレッキング Himalaya-Annapurna Trekking_c0219616_1925743.jpg
2013年5月 May, 2013  ヒマラヤ・アンナプルナトレッキング Himalaya-Annapurna Trekking_c0219616_193660.jpg
2013年5月 May, 2013  ヒマラヤ・アンナプルナトレッキング Himalaya-Annapurna Trekking_c0219616_1954783.jpg
2013年5月 May, 2013  ヒマラヤ・アンナプルナトレッキング Himalaya-Annapurna Trekking_c0219616_1933714.jpg


4月30日、A.B.C.からもと来た道を引き返した。この日はドバンへ。
5月1日、ドバンからチョムロンへ。5月2日、チョムロンからトルカ。5月3日、トルカからダンプス。そして5月4日ポカラへ下った。ゆっくりと振り返り、振り返り、春の空気にかすむ峰々に別れを告げた。
2013年5月 May, 2013  ヒマラヤ・アンナプルナトレッキング Himalaya-Annapurna Trekking_c0219616_19145440.jpg
2013年5月 May, 2013  ヒマラヤ・アンナプルナトレッキング Himalaya-Annapurna Trekking_c0219616_1914321.jpg



さて今回のトレッキング、まだこれで終わったわけではありません。5月5日、6日、7日には、ダディン県パタレ村をホームステイのため訪れました。その模様は、「皮膚の健康教室抄録 7月23日教室『ネパールの人々の暮らし』」でご覧ください。
by kobayashi-skin-c | 2013-05-29 16:53 | PHOTO & ESSAY | Comments(0)
2013年5月 May, 2013  ピンクに染まる北大キャンパス Hokkadio University in pink
北大早春賦をお届けして1週間、春は一気に爆発しまさに「春爛漫」。キャンパスはピンク色に染まった。

北大正門を入ってすぐ右手、北海道大学本部・事務局前のクロフネツツジ
2013年5月 May, 2013  ピンクに染まる北大キャンパス Hokkadio University in pink_c0219616_1610296.jpg

総合博物館(旧理学部)前のクロフネツツジ
2013年5月 May, 2013  ピンクに染まる北大キャンパス Hokkadio University in pink_c0219616_1612060.jpg

もう40年以上も前、北大に入学したころ、医学部本部前にあったクロフネツツジを見て「世の中にこんな美しい花があるのだ」と驚いたことを記憶している。そんなピンクの花である。
2013年5月 May, 2013  ピンクに染まる北大キャンパス Hokkadio University in pink_c0219616_16153346.jpg


エルムの森のヒナギク
2013年5月 May, 2013  ピンクに染まる北大キャンパス Hokkadio University in pink_c0219616_16383688.jpg


エルムの森の向こうにピンクの建物(旧札幌農学校図書館・読書室)
2013年5月 May, 2013  ピンクに染まる北大キャンパス Hokkadio University in pink_c0219616_1643494.jpg


総合博物館(旧理学部)横の枝垂れ桜
2013年5月 May, 2013  ピンクに染まる北大キャンパス Hokkadio University in pink_c0219616_16162859.jpg


工学部前庭のシャクナゲ
2013年5月 May, 2013  ピンクに染まる北大キャンパス Hokkadio University in pink_c0219616_16242121.jpg


ポプラ並木横の花木園のヤシオツツジ
2013年5月 May, 2013  ピンクに染まる北大キャンパス Hokkadio University in pink_c0219616_16271247.jpg


大野池たもとに咲く・・・桜
2013年5月 May, 2013  ピンクに染まる北大キャンパス Hokkadio University in pink_c0219616_1633325.jpg


1週間前のポプラはまだ裸の梢であったが、一気に新緑の葉を芽吹いていた(2013年5月「北大早春賦」を参照)
2013年5月 May, 2013  ピンクに染まる北大キャンパス Hokkadio University in pink_c0219616_16344556.jpg


ピンクも良いが、やはり春の北大キャンパスは、白く気高いこの花。オオバナノエンレイソウ。
2013年5月 May, 2013  ピンクに染まる北大キャンパス Hokkadio University in pink_c0219616_16405298.jpg


遅れていた春が一気に爆発。もう少しするとライラックの清楚な香りが漂い始めるだろうか。
by kobayashi-skin-c | 2013-05-29 16:18 | PHOTO & ESSAY | Comments(0)
2013年5月 May, 2013  北大早春賦  Visit of Spring in the Campus of Hokkaido University
もう5月も下旬となるというのに、やっとエゾヤマザクラが満開の時を迎えた(中央ローンに咲くエゾヤマザクラは、一昨年の秋、早すぎた初雪の重みで一度倒れてしまったが、大切に復元され見事な花を咲かせるまでに回復した)。
2013年5月  May, 2013  北大早春賦  Visit of Spring in the Campus of Hokkaido University_c0219616_1003785.jpg


農学部時計塔を背景に咲くコブシ。北海道では、コブシの白い花がまず春の訪れを告げる。
2013年5月  May, 2013  北大早春賦  Visit of Spring in the Campus of Hokkaido University_c0219616_104414.jpg

2013年5月  May, 2013  北大早春賦  Visit of Spring in the Campus of Hokkaido University_c0219616_1044735.jpg
















エゾエンゴサク(北大キャンパスのいたるところに咲いている)
2013年5月  May, 2013  北大早春賦  Visit of Spring in the Campus of Hokkaido University_c0219616_10421065.jpg

          水芭蕉(大野池の畔)2013年5月  May, 2013  北大早春賦  Visit of Spring in the Campus of Hokkaido University_c0219616_1044433.jpg

















田植え前の実験農場(ポプラの梢はまだ裸、水を張った田圃が残雪の手稲山を映す)
2013年5月  May, 2013  北大早春賦  Visit of Spring in the Campus of Hokkaido University_c0219616_10452563.jpg
2013年5月  May, 2013  北大早春賦  Visit of Spring in the Campus of Hokkaido University_c0219616_10462371.jpg


紅のエゾヤマザクラ
2013年5月  May, 2013  北大早春賦  Visit of Spring in the Campus of Hokkaido University_c0219616_10471044.jpg


恵迪寮寮歌「都ぞ弥生」一番で、こう謳われた「春」。

都ぞ弥生の雲紫に 花の香漂ふ宴遊(うたげ)の筵(むしろ)
尽きせぬ奢に濃き紅や その春暮ては移らふ色の
夢こそ一時青き繁みに 燃えなん我胸想ひを載せて
星影冴かに光れる北を
人の世の 清き国ぞとあこがれぬ


今日は、弥生どころか、皐月の下旬。こんない遅い春も珍しい。
そして今の北大では「野外のジンギスカンパーティー禁止令」。
「花の香漂ふ宴遊の筵」は遠い昔の思い出か。
by kobayashi-skin-c | 2013-05-19 10:00 | PHOTO & ESSAY | Comments(0)
2013年3月 March, 2013 塩谷丸山春スキー Ski in the spring
私たちの山のホームグランド「塩谷丸山」。
3月の最終日、山スキーを履いて出かけました。
頂上付近は思いもかけず、まだ粉雪。存分に雪と戯れました。
今年はまだ残雪がたっぷり。まだまだ楽しめそうです。
2013年3月 March, 2013  塩谷丸山春スキー Ski in the spring_c0219616_172384.jpg
途中吹雪かれたが、頂上が近付くにつれ青空が広がった。
2013年3月 March, 2013  塩谷丸山春スキー Ski in the spring_c0219616_1725753.jpg
2013年3月 March, 2013  塩谷丸山春スキー Ski in the spring_c0219616_17154315.jpg
青空が広がる頂上にて、小樽・積丹の美しい海岸線を望む。
2013年3月 March, 2013  塩谷丸山春スキー Ski in the spring_c0219616_1745943.jpg
頂上には先行の7人パーティーが待ち受けていたが、その中から”小林先生!”と声を掛けられてびっくり。なんと”かんせん”仲間のKさんだった。いっしょに写真をパチリ。後ろに積丹岳。
2013年3月 March, 2013  塩谷丸山春スキー Ski in the spring_c0219616_1775285.jpg

頂上からは青い海と空に向かって、粉雪の上を大滑降。春の好日、誕生日。
by kobayashi-skin-c | 2013-03-31 17:12 | PHOTO & ESSAY | Comments(0)
2013年2月 February 2013, 新雪の北海道大学キャンパス Winter Campus of Hokkaido University
今冬、北海道は例年になく寒さが厳しかった。雪嵐(ブリザード)によるいたましい犠牲者さへ出してしまうほどであった。札幌も例外ではなく、野も山も、街も道路も雪に埋もれ、いたるところで交通障害、落雪事故、凍った雪道での転倒傷害が続発した。

そんな中でも、青空の朝、新雪に覆われた光景を目の当たりにすると、冬のつらさを忘れてしまう。凛とした静寂、透き通った青い空と、そして真っ白な雪。この感動は何物にもかえ難い。
2013年2月 February 2013, 新雪の北海道大学キャンパス Winter Campus of Hokkaido University_c0219616_1863810.jpg

by kobayashi-skin-c | 2013-03-06 18:07 | PHOTO & ESSAY | Comments(0)
2013年2月 February 2013 冬のイタリア、ドロミテ紀行 The Winter of Dolomiti, Italia
「イタリアでスキーですか?」と不思議そうに尋ねられるのだが、いまや必ずこう答えている。「海外スキーに出かけるのなら、ぜったいドロミテです!」と。広大なドロミテ山塊に12のスキーエリア。450基をこえるリフト、ケーブルカー、ロープウエイがあり、一枚のスキーパスですべてを滑走することも可能だ。垂直に切り立つ岩山が連なり、その麓には真っ白な斜面と、黒いもみの木の森が広がる。抜けるような青空のもと、山々を眺めながら、広大な斜面のなかを、森のあいだを、滑りぬけるよろこびは、この上もなく楽しく大きいものであった。

Sassolungo サッソルンゴ(3181m)をAlpe Di Siusiから望む。Sassolungoの岩峰の左側遠方に、台形に峰々を連ねるSella山群
2013年2月 February 2013  冬のイタリア、ドロミテ紀行 The Winter of Dolomiti, Italia_c0219616_114457.jpg

Sellaronda  ドロミテ・スキーのハイライトは「Sellaronda セラロンダ」。
Sella山群をぐるりと一周、リフト・ロープウエイを乗継ながら42㎞を滑りとおす。時計回りと、反時計回りのどちらも可能。時計回りのオレンジコースの方が2478mまで登るハードなコース。Sellaの山々も、Sassolungoも、そして周囲の山々も、リフトで登るたびに、滑り降るたびに、その姿を変える。思わず感嘆のため息を飲み込む。
2013年2月 February 2013  冬のイタリア、ドロミテ紀行 The Winter of Dolomiti, Italia_c0219616_11172087.jpg

2013年2月 February 2013  冬のイタリア、ドロミテ紀行 The Winter of Dolomiti, Italia_c0219616_11202790.jpg

2013年2月 February 2013  冬のイタリア、ドロミテ紀行 The Winter of Dolomiti, Italia_c0219616_11213863.jpg

2013年2月 February 2013  冬のイタリア、ドロミテ紀行 The Winter of Dolomiti, Italia_c0219616_11305282.jpg


Mt Marmolada ドロミテの最高峰マルモラーダ3342m直下までロープウエイが伸びる。そして標高差1800mを一気に滑り降りる。頂上直下から氷河上の滑降だ。
2013年2月 February 2013  冬のイタリア、ドロミテ紀行 The Winter of Dolomiti, Italia_c0219616_11253753.jpg

2013年2月 February 2013  冬のイタリア、ドロミテ紀行 The Winter of Dolomiti, Italia_c0219616_11262982.jpg

2013年2月 February 2013  冬のイタリア、ドロミテ紀行 The Winter of Dolomiti, Italia_c0219616_112758.jpg


晴天のもと、山小屋のテラスは快適そのものだった。
2013年2月 February 2013  冬のイタリア、ドロミテ紀行 The Winter of Dolomiti, Italia_c0219616_11283349.jpg
2013年2月 February 2013  冬のイタリア、ドロミテ紀行 The Winter of Dolomiti, Italia_c0219616_1129658.jpg

2013年2月 February 2013  冬のイタリア、ドロミテ紀行 The Winter of Dolomiti, Italia_c0219616_11365351.jpg


また訪れてみたいと思う、しかし、ドロミテは遠い。再訪の夢を持ち続けよう。

行ってみたいと思う皆さまへ、①とにかく広い地域なので下調べが大切です。どこを滑りたいか、どこに宿泊するか、どの交通手段を使うか、宿によってはリフト・ロープウエイでしか到達できません。②ゲレンデ(ピステ)の状態は、とにかく硬い(アイスバーン)。オフピステも滑り放題で新雪の後は実に快適です。しかし雪崩は多いとのこと。ガイドを伴うことが勧められています。③イタリア人はとにかく速い。さほど上手にも見えない人たちが、バンバン飛ばしている。だからか、9割の人達はヘルメットを着用している。14歳以下の子供達にはヘルメット着用が義務づけられている。

ドロミテ全図(④のVal Gardena領域にあるOrtiseiの村を拠点に、リフト・ロープウエイ・スキーバスを駆使して周辺まで滑りつくした)
2013年2月 February 2013  冬のイタリア、ドロミテ紀行 The Winter of Dolomiti, Italia_c0219616_2081619.jpg

Val Gardena俯瞰図(Val Gardena領域だけで80をこすリフト・ロープウエイがある)
2013年2月 February 2013  冬のイタリア、ドロミテ紀行 The Winter of Dolomiti, Italia_c0219616_20124956.jpg

Sellaronnda周辺地図(オレンジ色矢印が時計回り、緑色が反時計回りの周回コース)
2013年2月 February 2013  冬のイタリア、ドロミテ紀行 The Winter of Dolomiti, Italia_c0219616_20125877.jpg

by kobayashi-skin-c | 2013-02-21 11:33 | PHOTO & ESSAY | Comments(0)
2013年2月 February 2013 ヴェネチアンカーニバル Venezian Carnival
2013年2月、ドロミテに向う途中、ヴェネチアの街に立ち寄った。初めてのヴェネチアは思いのほか寒かったが、素敵な彩りに溢れていた。
2013年2月 February 2013 ヴェネチアンカーニバル  Venezian Carnival_c0219616_1042748.jpg
2013年2月 February 2013 ヴェネチアンカーニバル  Venezian Carnival_c0219616_105095.jpg
2013年2月 February 2013 ヴェネチアンカーニバル  Venezian Carnival_c0219616_1053755.jpg
2013年2月 February 2013 ヴェネチアンカーニバル  Venezian Carnival_c0219616_106635.jpg


まだ朝日がサンタ・マリア・デッラ・サルーテ教会の屋根を赤く染めるころ、岸辺のゴンドラ乗場付近には多くの人が集まっていた。
2013年2月 February 2013 ヴェネチアンカーニバル  Venezian Carnival_c0219616_1013216.jpg


カーニバルを彩る人達だ。2013年2月 February 2013 ヴェネチアンカーニバル  Venezian Carnival_c0219616_10134046.jpg2013年2月 February 2013 ヴェネチアンカーニバル  Venezian Carnival_c0219616_1014369.jpg2013年2月 February 2013 ヴェネチアンカーニバル  Venezian Carnival_c0219616_10182667.jpg2013年2月 February 2013 ヴェネチアンカーニバル  Venezian Carnival_c0219616_10185031.jpg2013年2月 February 2013 ヴェネチアンカーニバル  Venezian Carnival_c0219616_10202624.jpg
2013年2月 February 2013 ヴェネチアンカーニバル  Venezian Carnival_c0219616_10375531.jpg2013年2月 February 2013 ヴェネチアンカーニバル  Venezian Carnival_c0219616_10194155.jpg2013年2月 February 2013 ヴェネチアンカーニバル  Venezian Carnival_c0219616_1020299.jpg













中世の面影がそのままに残るヴェネチアの街並みを背景に、その人達は誇らしげにレンズに微笑みかける。
by kobayashi-skin-c | 2013-02-21 10:18 | PHOTO & ESSAY | Comments(0)
2012年9月  秋、手稲山残照
2012年9月  秋、手稲山残照_c0219616_1846265.jpg

2012年9月  秋、手稲山残照_c0219616_18471070.jpg

豊かに稔れる石狩の野に 雁(かりがね)遥々(はるばる)沈みてゆけば
羊群声なく牧舎に帰り 手稲の嶺(いただき)黄昏(たそがれ)こめぬ

(明治45年度恵迪寮寮歌「都ぞ弥生」二番)

赤木顕次君(作曲者)も横山芳介君(作詞者)も、同じ夕日と同じ手稲山をみていたのだろうか。
by kobayashi-skin-c | 2012-11-28 18:47 | PHOTO & ESSAY | Comments(0)
2012年10月、11月 『広島から、鹿児島へ、そして憧れの屋久島宮之浦岳』
10月27,28日 私の郷里広島で、日本皮膚科学会西部支部学術大会が開かれた。久々の里帰り、懐かしの三段峡を散策し、学会に参加した。学会では、天谷雅行先生(慶応大学)の講演「生命の境界で何が起きているか?皮膚科学からの挑戦」に深い感銘を覚えた。今春には、玉井克人先生(大阪大学)の講演「皮膚は地球を救う」に感動し、夏には日本乾癬学会で聴いた患者会代表の方の言葉に涙した。自分自身も「皮膚科学を極め、皮膚科医療の先駆者たりたい」と願うものの、足は山へと向かう。「自然との対話」もまた素晴らしきこと。広島から、鹿児島へ、そして憧れの屋久島宮之浦岳へと足が伸びた。


2012年10月、11月 『広島から、鹿児島へ、そして憧れの屋久島宮之浦岳』_c0219616_19172443.jpg
朝霧にかすむ広島の里。


広島太田川上流に刻まれた渓谷「三段峡」にて。
2012年10月、11月 『広島から、鹿児島へ、そして憧れの屋久島宮之浦岳』_c0219616_19185168.jpg
2012年10月、11月 『広島から、鹿児島へ、そして憧れの屋久島宮之浦岳』_c0219616_19191511.jpg




2012年10月、11月 『広島から、鹿児島へ、そして憧れの屋久島宮之浦岳』_c0219616_19295182.jpg
鹿児島についてすぐに「霧島神宮」へ向かう。旅の安全と健康を祈願した。広島から鹿児島まで新幹線を利用したが、それにしても、新幹線が「旅の手段」ではなく、単なる「移動の手段」に過ぎないことを実感(がっかり)した。「便利」ではあるけれど、・・・・・・


2012年10月、11月 『広島から、鹿児島へ、そして憧れの屋久島宮之浦岳』_c0219616_19243147.jpg
霧島えびの高原、六観音御池から霧島韓国岳を望む。


2012年10月、11月 『広島から、鹿児島へ、そして憧れの屋久島宮之浦岳』_c0219616_1928640.jpg
韓国岳山頂から、高千穂の峰(奥)、新燃岳(手前の蒸気を上げる火口)を望む。


2012年10月、11月 『広島から、鹿児島へ、そして憧れの屋久島宮之浦岳』_c0219616_1936267.jpg
えびの高原は、高校生時代の修学旅行以来。その時にバスガイドさんから習った歌が、レンタカーを運転しながら自然に口をついて出た。「峠越えれば高原の、・・・・・」。あの時と同じように、えびの高原はススキの穂に覆われていた。

2012年10月、11月 『広島から、鹿児島へ、そして憧れの屋久島宮之浦岳』_c0219616_19433926.jpgまず、韓国岳山頂(1700m)をきわめた。「我、汝より高きこと、五尺五寸。霧島の山々を睥睨し、・・・」、頂上では大声で高らかに漢詩を吟ずる老登山家に出会った。韓国岳に登ること、二十数回と。





次に向かったのは「開聞岳」。途中、桜島が噴火する場面に驚いたが、今年はすでに700数回爆発しているとのこと。
2012年10月、11月 『広島から、鹿児島へ、そして憧れの屋久島宮之浦岳』_c0219616_1955875.jpg


開聞岳(924m)
2012年10月、11月 『広島から、鹿児島へ、そして憧れの屋久島宮之浦岳』_c0219616_19554485.jpg
2012年10月、11月 『広島から、鹿児島へ、そして憧れの屋久島宮之浦岳』_c0219616_19555970.jpg
深田久弥の言葉を借りると、「これほど完璧な円錐形もなければ、全身を海中に乗り出した、これほど卓抜な構造もあるまい。名山としてあげるのに私は躊躇しない」。


2012年10月、11月 『広島から、鹿児島へ、そして憧れの屋久島宮之浦岳』_c0219616_2056356.jpgそれにしても「開聞岳、なかなかやるな!」。もっと遊歩道の続きのような山道を想像していたが、登山道は深くえぐれ、頂上に近づくにしたがい岩道となり、梯子・ロープ補助も現れた。頂上からは360度、見渡す限りの眺望を得ることができた。それにもまして感動的だったのは、頂上で出会った地元の登山者達。登山道で見つけたという「あけび」の様な美味しい果実を分けてくれた。でも、彼らが話す言葉の嵐、さっぱり理解できない。「私らの言葉、分らないでしょう、この前はこう言われたのよ、『あんた達、日本語上手だね、韓国から来たの?』」




鹿児島から屋久島まで「トッピ―(とびうお)」に乗って移動した。そして圧倒的な存在感の屋久杉達、そして洋上のアルプスへといざわなわれた。二泊三日の縦走。登り口は屋久杉ランド。石塚小屋で一泊し、花之江河を経て宮之浦岳、そして高塚小屋で二泊目を過ごし、縄文杉、ウイルソン株を経て、辻峠から白谷雲水峡へと下山した。

2012年10月、11月 『広島から、鹿児島へ、そして憧れの屋久島宮之浦岳』_c0219616_14534084.jpg登山口から歩くこと約2時間、すっくと伸びる巨大な「大和杉」に遭遇した。樹齢は推定2000~3000年、人っ子一人いない山道での遭遇に畏怖というよりも、むしろ恐怖に似た感覚を覚えた。











花之江河にて
2012年10月、11月 『広島から、鹿児島へ、そして憧れの屋久島宮之浦岳』_c0219616_2122373.jpg

頂上直下の「モアイ像?」
2012年10月、11月 『広島から、鹿児島へ、そして憧れの屋久島宮之浦岳』_c0219616_21225294.jpg

宮之浦岳頂上から永田岳を望む
2012年10月、11月 『広島から、鹿児島へ、そして憧れの屋久島宮之浦岳』_c0219616_21234119.jpg

左が翁岳、右が宮之浦岳
2012年10月、11月 『広島から、鹿児島へ、そして憧れの屋久島宮之浦岳』_c0219616_21241832.jpg

縄文杉
2012年10月、11月 『広島から、鹿児島へ、そして憧れの屋久島宮之浦岳』_c0219616_21145160.jpg
2012年10月、11月 『広島から、鹿児島へ、そして憧れの屋久島宮之浦岳』_c0219616_1525024.jpg



2012年10月、11月 『広島から、鹿児島へ、そして憧れの屋久島宮之浦岳』_c0219616_2130557.jpg屋久杉に抱かれながら登る山道は、優しく、荒々しく、神秘的で哲学的であった。素晴らしい山行き、「自然との対話」に感謝する。宮之浦岳の頂上(1935m)からは「洋上のアルプス」であることを実感。360度が海に囲まれ、すぐ近くには種子島、そして荒々しい姿の薩摩硫黄島、さらに遠くには開聞岳がその円錐形の姿を見せてくれた。





「もののけ姫」の舞台では、屋久鹿がその雰囲気を盛り上げてくれた。自然の神秘に圧倒される。
2012年10月、11月 『広島から、鹿児島へ、そして憧れの屋久島宮之浦岳』_c0219616_21543032.jpg

2012年10月、11月 『広島から、鹿児島へ、そして憧れの屋久島宮之浦岳』_c0219616_22184487.jpg





屋久島に泊まるなら「San Kara」。登山基地としても、全身のリラクセーションのためにも屋久島で最高のホテル!いや日本で最高!スタッフの方々が素晴らしい。料理が美味しい。デザートは夢みたい!また泊まりたいホテルのNo.1!2012年10月、11月 『広島から、鹿児島へ、そして憧れの屋久島宮之浦岳』_c0219616_215623100.jpg2012年10月、11月 『広島から、鹿児島へ、そして憧れの屋久島宮之浦岳』_c0219616_2157232.jpg





2012年10月、11月 『広島から、鹿児島へ、そして憧れの屋久島宮之浦岳』_c0219616_22321663.jpg
ここのホテルも素晴らしかった「石塚小屋」。総収容人員20名、この夜の滞在者は5名。夜半には満天の星、朝には真っ青な空と冷気(一面の霜)が我々を迎えてくれた。

いま一度、屋久島へ。
by kobayashi-skin-c | 2012-11-15 19:22 | PHOTO & ESSAY | Comments(0)
2012年10月 ふたたび紅葉を求めて『大雪愛山渓から永山岳』
9月、大雪山上の紅葉に落胆したのち、中腹から山麓の紅葉を求め、愛山渓から山中に入った。毎年おなじみの沼の平コース。10月と云うのに、山頂にまったく雪はない。永山岳を目指した。
2012年10月 ふたたび紅葉を求めて『大雪愛山渓から永山岳』_c0219616_18344065.jpg
途中、滝ノ上分岐から見た紅葉。なかなか!

2012年10月 ふたたび紅葉を求めて『大雪愛山渓から永山岳』_c0219616_18523312.jpg
途中沼の平を望む。

2012年10月 ふたたび紅葉を求めて『大雪愛山渓から永山岳』_c0219616_18391046.jpg
でも、このウラシマツツジのまだらな赤模様が今年の紅葉を象徴している。まあ、これはこれで目を楽しませてくれるが、全体としては「どうも・・・・」

2012年10月 ふたたび紅葉を求めて『大雪愛山渓から永山岳』_c0219616_18414847.jpg
永山岳山頂(2046m)から愛別岳(2112m)を望む。

2012年10月 ふたたび紅葉を求めて『大雪愛山渓から永山岳』_c0219616_18532876.jpg途中この景色に見とれていたのか、岩道に足を取られて転倒し、頭と胸を強打した。頭は「たんこぶ」で済んだが、左第10肋骨を骨折した。今年はこれで5本目の骨の損傷。
by kobayashi-skin-c | 2012-11-15 18:59 | PHOTO & ESSAY | Comments(0)