<   2018年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧
2018年1月『行く年、来る年、雪山に遊ぶ』 January 2018 "The Snow Season Has Come"
2018年、雪山シーズンが始まった。今年は気温が低く、雪も深く、スキーコンディションは最高!

2017年暮、大雪黒岳にて。ノマドYOUさん、宮下親分の案内で、黒岳山頂からパウダースノーの斜面を大滑降。
c0219616_18042715.jpg
c0219616_18055894.jpg
c0219616_18042784.jpg
c0219616_18055874.jpg
c0219616_18042734.jpg
c0219616_18042753.jpg


年が明けて、初夢は大雪旭岳で。夢から覚めると窓の外は白銀の世界。ノマド宮下親分と旭岳バックカントリーへ。去年はここで頬をー15℃の強風に叩かれて凍傷を負った。今年も寒いが絶好のパウダー。
c0219616_18090782.jpg
c0219616_18090715.jpg
c0219616_18090774.jpg
c0219616_18090850.jpg
c0219616_18090793.jpg

そして、札幌近郊の山々も深い深いパウダーに覆われている。宮下親分いわく『危うく溺れ死ぬかと思った』ワオーーーッ!
c0219616_18233524.jpg
c0219616_18190276.jpg
c0219616_18190210.jpg
c0219616_18190289.jpg
c0219616_18190207.jpg
c0219616_18190193.jpg
c0219616_18215973.jpg
c0219616_18190238.jpg
c0219616_18190236.jpg
c0219616_18215910.jpg
「ああ、楽しかった!」と洩らすと、宮下親分から「危ないですね、もうそれは粉中毒ですよ!」と。山があり、雪があり、そして仲間がいる。やめられそうもない。それにしても、写真で自分と衣子のスキーを比べると、差が歴然。衣子のスキーは軽々と雪の上を浮くように滑っているが、私のそれは突っ込み過ぎ、力が入り過ぎ!危ない、危ない。

写真を撮影していただいたノマド宮下親分、オダッチ、YOUさん、ミレー札幌林さん、まことに有難うございました。



[PR]
by kobayashi-skin-c | 2018-01-25 18:31 | PHOTO & ESSAY | Comments(0)
2018年1月『新年、明けましておめでとうございます』 January 2018 "A Happy New Year"
2018年、新年明けましておめでとうございます。元旦の朝は望むことが出来ませんでしたが、1月2日の朝、素晴らしい初日の出を迎えました。本年も、このブログをとおして皆さまと、皮膚の健康のこと、素晴らしい大自然、時事の話題などで繋がってまいりたいと思います。診療の場ではお話しできないことなど、画面からですが、皆さまにお伝えしてまいります。
c0219616_17510218.jpg
日高山脈の右端から朝日が昇る。襟裳岬の近辺だろうか。


c0219616_17511357.jpg

朝日に照らされる新雪は白銀に輝く。凛とした空気も素晴らしい。
冴えわたる札幌の冬の景色。


[PR]
by kobayashi-skin-c | 2018-01-25 17:57 | PHOTO & ESSAY | Comments(0)
2017年10月29日 『世界乾癬デー』 October 29, 2017 "World Psoriasis Day"
10月29日は『世界乾癬デー World Psoriasis Day』。

乾癬は皮膚表面に現れる慢性の非伝染性疾患であり、世界の人口の約2%(1億2500万人)の人が持つものです。皮膚の変化に加え、強いかゆみがあったり、皮膚以外に関節の痛みを伴うことがあります。体の表面に現れるがゆえに、乾癬患者は周りの人々からの誤解や偏見を受けることが多く、心の痛みも抱えています。

IFPA(国際乾癬患者会連合)の提唱により始まったのが『世界乾癬デー World Psoriasis Day』です。全世界で乾癬 Psoriasisの声を上げ、乾癬の仲間たちが絆を確かめ合うとともに、社会に向かって乾癬の認知を呼びかけることが目的です。

今年の『世界乾癬デー World Psoriasis Day』では、日本各地においてさまざまな催し、呼びかけが行われました。北海道でも新聞一面に啓発記事が掲載され、乾癬の会が函館で学習懇談会を開催しました。

10月29日北海道新聞朝刊
c0219616_06424324.jpg

函館「ハリストス正教会(ガンガン寺)」
c0219616_06431551.jpg

乾癬学習懇談会 2017 in 函館『世界乾癬デー、いい皮膚の日に呼応して』
c0219616_06431451.jpg
函館中央病院皮膚科 保科大地先生の講演
c0219616_06431447.jpg

函館山に集まった乾癬の仲間たち、「Inspire Japan」のTシャツを着て。
c0219616_06431401.jpg


「Inspire Japan!」また来年に向かって進んでいこう!
c0219616_06442134.jpg


[PR]
by kobayashi-skin-c | 2018-01-23 06:52 | PHOTO & ESSAY | Comments(0)
2017年10月-12月 『秋から冬へ』 Oct. - Dec. 2017 "From th Autumn to the Winter"
2017年暮は、忙しい毎日であった。あっという間に初春を迎え、実は今日はもう2018年1月21日。

北海道の秋から冬への点描。

10月下旬、大好きな支笏湖の 風不死岳を訪れた。登山口の樽前山7合目までの道路は、すでに支笏湖岸で冬季閉鎖。樽前山からの縦走を諦め、北尾根ルートを登った。登山口からすでに地面は雪で覆われていたが、五合目を過ぎると足首までは雪に埋もれ、山頂に近付くにつれ登山道は氷化した雪道となった。12本爪のアイゼンを持参して正解であった。雲一つない青空の下で、誰もいない山頂から、眼下の支笏湖、対岸の恵庭岳、遠くの羊蹄山、そして不気味に雪で光る樽前山を望んだ。
c0219616_17411026.jpg
c0219616_17411099.jpg

下山後は、久しぶりに丸駒温泉に立ち寄った。途中、湖岸の紅葉に見惚れた。
c0219616_17411083.jpg
c0219616_17411136.jpg

丸駒温泉は秘湯100選に選ばれる名湯。今は有名になりすぎて昔の風情はなくなったが、湖岸に繋がる岩風呂は今も健在であった。
c0219616_17411143.jpg
丸駒温泉から、支笏湖の対岸に聳える風不死岳を望む。
c0219616_17410984.jpg

北海道の秋の天気はうつろいやすく、驟雨の中、雄大な虹の橋を架ける。
c0219616_17573511.jpg

人々は最後の紅葉に見入る。
c0219616_17591257.jpg
c0219616_17591267.jpg

そして枯葉の頃、景色が一変する。
c0219616_17573617.jpg
c0219616_17573614.jpg
c0219616_17573583.jpg
c0219616_18013086.jpg
c0219616_18020641.jpg
そして師走を迎え、2017年が過ぎ行きた。
c0219616_18041484.jpg




[PR]
by kobayashi-skin-c | 2018-01-21 18:05 | PHOTO & ESSAY | Comments(0)