<   2018年 12月 ( 8 )   > この月の画像一覧
2018年12月『広島カープありがとう!2018年を振り返って』December 2018 "Many Thanks to Hirosima Base Ball Team in 2018"
c0219616_21522297.jpg

2018年の思い出、いろいろあったが
これに尽きる。もちろん、9月26日のセリーグ三連覇の日。
そして・・・・

6月6日、広島マツダスタジアム、広島カープ 対 北海道日本ハムファイターズ戦の始球式。小林 礼が投じた球は、直球ど真ん中、広島の捕手會澤のミットに音を立てて吸い込まれた。広島カープのベンチ脇でそれを見ていたジジこと私の目は熱くなった。
c0219616_17445817.jpg
広島カープ球団オーナーから、6月5日の広島カープ 対 北海道日本ハムファイターズ戦始球式のオファーがあったのは去年のこと。夢のような話であったが、現実のものとなった。当日は、北海道から職員一同、北海道広島県人会の有志、私の広島の縁者がマツダスタジアムに駆けつけた。ところがプレーボール直前に降雨、中止が決まった。まさにこの日、広島は入梅。

どんなに落胆したことか。孫はグランドまで下りて、広島選手とキャッチボールも終えてからの決定だった。応援に駆けつけてくれた皆さまにも申し訳ない、と思っていた矢先、オーナーの松田 元様からなんと「始球式のスライド登板」の機会を与えていただいた。応援に皆が残ることはできないが、孫、両親、私たちジジ、ババは広島に残り、雨が上がるのを待った。

そして成し遂げた「ド真ん中、ストライク」の始球式だった。投球を終え、日ハムの一番バッター西川選手に、アンパイアに、そして広島の會澤捕手に一礼し、両親の元に小走りに戻ってきた。感謝、感謝、広島カープに北海道日本ハムに、とりわけ松田オーナーに。
c0219616_17445874.jpg
始球式スライド登板までは全員が残れなかったが、職員一同で広島平和記念公園、宮島を訪れ、私の故郷である広島をみんなに見てもらった。感謝、感謝である。
c0219616_17524265.jpg
c0219616_17524278.jpg

オバマ前米国大統領が折った折鶴が展示されていた。オバマさんが被爆者と抱き合ったあの光景を忘れることができない。彼はアメリカ大統領としてはじめて全世界の非核化を目指そうとした。実現までには遠い道のりだろうが、また誰かがその意志を継ぐことだろう。
c0219616_17524202.jpg
c0219616_17524178.jpg
c0219616_17524296.jpg
c0219616_17524111.jpg
c0219616_17551181.jpg
c0219616_17551268.jpg
c0219616_17551233.jpg

そして、その広島カープはセリーグ3連覇を達成した。なんと、目の前で胴上げをみることができた。さらに優勝祝賀会ビールかけも、そっと見守ることができた。「ありえないこと」と思っていたことが眼前で起こり、日頃から「カープの優勝・胴上げをみることができたなら、死んでもいい」と嘯いていたことが恐ろしくなった。すぐに「カープ日本一が・・・」に切り換えた。
c0219616_17465489.jpg
c0219616_17465462.jpg
c0219616_17465420.jpg

ビールかけ会場にて、選手入場前に写させていただいた。湯崎広島県知事、松井広島市長も一緒でした。
c0219616_17465470.jpg
優勝翌日の中国新聞切抜き。松田オーナーのインタビュー。
彼と高校時代3年間バレーボールを一緒にしたことが今も縁として続いている。感謝である。
c0219616_17465534.jpg
優勝翌日の広島駅。
広島の町全体としての盛り上がり方が素晴らしい。
c0219616_17465419.jpg
うむ、日本シリーズは残念であったが、寿命が延びたな!また来年だ。頑張ろう!!

[PR]
by kobayashi-skin-c | 2018-12-14 21:54 | PHOTO & ESSAY | Comments(0)
2018年11月『京都の紅葉』 November 2018 "The Autumn of Kyoto"
屋久島から札幌に帰る途中、京都に寄り道をして、さらに今年の秋の紅葉を楽しんだ。秋の京都を訪れるのは生まれて初めて。今でも、北海道大雪山の紅葉が世界で一番と思っているが、京都の紅葉もなかなか。あまりの美しさに、そしてあまりの人の多さにいささか驚いた。
c0219616_19495213.jpg

いわゆる紅葉の名所の数々。なんと日本人は、春の桜、秋の紅葉と、大好きなことか。「散る美しさ」?、作られた神話!

まず訪れたのが東福寺。人の多さに仰天した。
c0219616_20071416.jpg
c0219616_20114650.jpg

真如堂。人が少なく、祈りの場所であった。
c0219616_20122895.jpg

南禅寺。外国人の多さに圧倒される。
c0219616_20125522.jpg

永観堂。人もさることながら、お寺と紅葉の調和は随一と感じた。
c0219616_19495338.jpg
c0219616_19495320.jpg
c0219616_19495306.jpg


池を巡らす紅葉

c0219616_19513145.jpg
昼に拝観、夜に拝観。
c0219616_20342119.jpg
夜桜の言葉はあるが、「夜紅葉」とは!
昼も夜も拝観料を取られた。「商魂逞しい」?!


人ごみを避けた京北山の貴船、鞍馬寺ではもう紅葉は散り始め。
c0219616_20143471.jpg

c0219616_20145721.jpg
c0219616_20145757.jpg

貴船神社は「絵馬」発祥の宮であるとのこと。


最後に訪れた下鴨神社、糾の森。

c0219616_20154853.jpg
c0219616_20154820.jpg
河合神社の祭神は、神武天皇の母神「玉依姫命」。女性の美の神様であるらしい。多くの若い女性が訪れていた。私が祈るのって、何?? 参拝者が奉納した顔の絵馬が愛らしくも、いじらしかった。私的には、一番下の段、右から三番目が好き!
c0219616_20154811.jpg


京都では、神様、仏様の数々に(お名前を言えないのが不信心、無教養!)お詣りし、自身のそして家族の平安、さらに世界の平和を祈った。「商売繁盛」、「縁結び」、「安産」の神様にもお祈りした。欲張りすぎた感がなきにしもあらず。

かくして、秋の山旅が終了。ありがとうございました。泊まったお宿、食事などなど、他にも多くの思い出が残りました。

[PR]
by kobayashi-skin-c | 2018-12-10 21:07 | PHOTO & ESSAY | Comments(0)
2018年11月『続報、屋久島。火山噴火』 November 2018 "Volcano Eruption"

永田岳を越えて永田歩道をくだり、永田集落に向かったのには二つの理由があった。一つが東シナ海に沈む夕日を見たかったこと、そしてもう一つが永田集落いなか浜の送陽邸を訪ねたかったから。

東シナ海に臨む送陽邸は素晴らしかった。

翌朝、いなか浜を散策していると、海の向こうの口之永良部島の山の端に黒い雲が立ち昇り始めた。どんどんと高さを増していく。すわ、大噴火、またしても全島避難の事態が勃発か!と一人で興奮していたら、送陽邸の若旦那いわく「こんなのしょっちゅうよ」と軽くかわされた。不謹慎にも「なーーんだ、がっかり」。


いなか浜。衣子の左後の建物が「送陽邸」。そして右後の島が口之永良部島。まだ何も起こっていない。
c0219616_12012616.jpg
ふと気がつくと、山の端に噴煙が!
c0219616_12012679.jpg

みるみる噴煙は空高く昇っていく。「すわ、大噴火!」と思うよな。
c0219616_12012617.jpg


「しょっちゅう」と言われると、大げさに驚いた自分が馬鹿のように思えたが、この日の午後のこと、屋久島西部林道から見る口之永良部島に、またしても噴煙が高く昇っていた。これが日常茶飯事なんて、信じられない!島の人たちはさぞ不安なことだろう。
c0219616_12012548.jpg

翌朝、屋久島は雨。しっとりと濡れた木々は緑を増していた。名残惜しい気持ちを胸に、島をあとにした。


[PR]
by kobayashi-skin-c | 2018-12-07 12:18 | PHOTO & ESSAY | Comments(0)
2018年11月『世界遺産、屋久島』 November 2018 "Yakushima (Yaku-Island) - World Heritage- "

世界自然遺産、屋久島。

太平洋から昇る朝日に送られて出発、東シナ海に沈む夕日に祝福されてゴール。島を横断する一泊二日の山旅を終え、言葉に言い尽くせぬほどの感動を屋久島の大自然から貰った。

まずはそのコース。屋久島の南東部にあるサン・カラホテルを出発し、淀川登山口から花ノ江河を経由して屋久島(九州地方)最高峰の宮之浦岳に登頂。つぎに二番目に高い岩の永田岳を登り越し、鹿之沢小屋で山泊。翌日は鹿之沢小屋から海抜0mの永田集落まで下山し、東シナ海に沈む夕日に迎えられた。

太平洋から昇る朝日

c0219616_20340621.jpg


屋久島には1800mを超える山が8座あり、森林限界を超えた頂上付近は小型の笹に覆われている。左端の丸い頂が宮之浦岳1936m。
c0219616_20340741.jpg

山頂には我々のほかに男性が一人。これから新高塚小屋に向かうと言う。私たちが6年前に縦走したときの経験から、高塚小屋の素晴らしさを伝えた。「今日は十五夜、月明かりに照らされる縄文杉が美しいに違いない、高塚小屋からは10分の距離ですよ」と。彼がいなくなった宮之浦岳山頂は我々だけとなった。頭上の雲と霧は消え去り、雲海に浮かぶ屋久島の高山が美しかった。
c0219616_20343119.jpg

宮之浦岳から雲海に浮かぶ永田岳を目指す。
c0219616_20435556.jpg

永田岳は岩山である。
c0219616_20493122.jpg


永田岳頂上の岩に立つ。
c0219616_20343168.jpg

永田岳から鹿之沢小屋までの下りがくせ者だった。大きな岩をくぐりながらの下り道、登山道の侵食が激しく、道が深くえぐれている。おまけにシャクナゲの枝・葉が道をふさぎ、足もとが見えない。先を歩く衣子が「キャーッ」と悲鳴を上げた。距離を開けて後を歩いていた私には何がおこったのか分からない。道を急いだが衣子の姿が見えない。「ここよ、ここよ」という声は私の足もとから聞こえてきた。シャクナゲの大きな枝を持ち上げると、その下に衣子の頭が見えた。2㍍は転落したようだ。怪我がなくてよかった。やっとの思いで鹿之沢小屋に到着。鹿之沢小屋は屋久島の避難小屋の中でも最も古くに建てられたもので、石壁でできた重厚な建物。
c0219616_20355724.jpg

翌日は、下ったり登ったり、登ったり下ったり、えんえんと8時間、ただただ歩き続けた。屋久杉の森を抜ける一帯では木々に見惚れていたが、やがてそれもなくなり、ゴールだけが待ち遠しかった。
c0219616_21145532.jpg
途中、三度の徒渉。増水時は危険が伴うが、この日の流れは穏やかだった。

有名な「くぐり杉」とは別ものだが、この杉もかなりの樹齢に違いない。
c0219616_21151052.jpg


ついに永田歩道入口に辿り着いた。ほんとうは海抜0㍍の永田集落を目指していたが、今晩の宿の送陽邸から車の迎えを受けた。
c0219616_20343126.jpg



ゴールの永田集落「いなか浜」、美しさに感嘆の声を上げた。
c0219616_20340720.jpg


そして東シナ海の水平線に沈む夕日に感動した。
c0219616_20340761.jpg



屋久島の巨木たち。

「大和杉」
ヤクスギランドから2時間の山道を歩かなくてはならないため、誰もいない。6年前の屋久島縦走のとき、石塚小屋までの辛い登りの途中で初めてこの木に対面し、あまりの感動に、そのときまたの再会を誓った。その再会がなんともうれしかった。
c0219616_21223002.jpg


「母子杉」ヤクスギランド
説明には樹齢2600年と。ただ母も子も両方の木がともに2600歳とのことで、ちょっと解しかねた。お母さんは2630歳では??
c0219616_21223061.jpg




「紀元杉」
淀川登山口手前の道路脇に立つ。安全登山を祈願して触らせていただく。
c0219616_21223074.jpg


岩崎ホテルのロビー内に立つ屋久杉。これには驚いた!
人の手によるイミテーションなのだそうだ。ロビーの向こうにモッチョム岳の岩壁が見える。
c0219616_21223066.jpg

標高1000m付近には、杉以外の巨木も数多い。なかでもヒメシャラの大きさ、太さに圧倒される。
c0219616_21222964.jpg

c0219616_21223178.jpg


登山道の真ん中にいきなりこれが現れてびっくり!しげしげと見つめたが、どうしてこんなにうまく出来たものかと感心した。まさか、人が作って人が垂れ下がったわけではないよな。
c0219616_21223158.jpg



屋久島は太古の昔の火山活動で、海底の花崗岩がせり上がってできたのだそうだ。そのため島全体に巨岩、奇岩がおおく、また岩の間を流れる水の清らかさに目を奪われる。


宮之浦岳山頂近くに立つ「ウルトラマン」
c0219616_21412550.jpg



同じく宮之浦岳山頂近くにごろんと「とうふ岩」。
誰がこんなにきれいに切ったのか、どうやってここに置いたのか?
c0219616_21412486.jpg

永田岳山頂近くに立つ「ローソク岩」。
c0219616_21412687.jpg



同じく永田岳山頂付近から見えた雲海の上の奇岩。
c0219616_21412554.jpg



岩が積み重なった永田岳
c0219616_21412555.jpg

岩の隙間、チムニーを登って永田岳山頂へ。
c0219616_21412723.jpg


永田岳山頂の岩に立つ、イエイッ!!
c0219616_21412745.jpg


千尋(せんぴろ)の滝。圧倒的な花崗岩。
c0219616_21412685.jpg


大川(おおこ)の滝
c0219616_21412656.jpg

c0219616_21412504.jpg

c0219616_21470209.jpg

岩と水と、苔と森と、そして雨と雲と青空と、屋久島の自然とすこし会話ができた山旅でした。

もう一つ、大きな大自然に出くわしました。
また次回。

[PR]
by kobayashi-skin-c | 2018-12-06 22:12 | PHOTO & ESSAY | Comments(0)
2018年11月『深秋、札幌』 November 2018 "Late Autumn, Sapporo"
秋、この季節を一番好きと答える人は約3割。ちなみに春が4割でトップ、夏が2割で、冬が1割。

私はひねくれていますが、冬ですね。もちろん、・・・・・だから。

秋の彩りは色とりどりで美しいのですが、なにか物寂しいですよね。その点、冬は凛とした厳しさと、白い雪の純潔さ。ことに雪に覆われた冬山は美しいですね。

ところが、今年の気候はどうしたことでしょう。雪は遅くいつまでも暖かい日が続きます。もう少し秋を楽しむことといたしましょう。札幌の街角の紅葉と近郊の山の紅葉をお届けいたします。

北海道大学イチョウ並木
c0219616_14414612.jpg

北大エルムの森と旧昆虫学教室
c0219616_14414518.jpg

北大正門前、カナダ楓の紅葉
c0219616_14414578.jpg
c0219616_14414618.jpg

ヤマモミジの紅葉とイチョウの黄色い絨毯(北大工学部前)
c0219616_14420781.jpg


札幌近郊の八剣山(観音岩山)
c0219616_14525507.jpg
c0219616_14525468.jpg
c0219616_14525456.jpg
c0219616_14525553.jpg
c0219616_14525591.jpg
この日、1-2時間後、この岩壁を転落して死亡した方がいた。何が起こったのだろうか、辛い悲しい思いである。ご冥福をお祈りいたします。


この季節、虹が頻繁に現れる。朝、紅葉の北大キャンパスの向こうに鮮やかな虹。
c0219616_14420707.jpg


虹の翌日には手稲山の初冠雪。
c0219616_14414506.jpg



秋はまだ続く。
屋久島、京都を旅した。


[PR]
by kobayashi-skin-c | 2018-12-05 15:05 | PHOTO & ESSAY | Comments(0)
2018年10月『支笏湖、樽前山、 風不死岳』 October 2018 "Lake Shikotsu and Mountains"
札幌は素晴らしい。たった一時間のドライブでこの大自然に包まれることができるのだから。大好きな支笏湖と囲む山々。

山の紅葉は台風の影響か、いまひとつであったが、麓に下りてきてからはいつもの錦模様を見せてくれた。支笏湖にカヤックを漕ぎ出し、岸辺の紅葉を愛でた。
c0219616_14120108.jpg


定番の樽前山、 風不死岳。いつものようにナナカマドの紅葉と眼下の支笏湖を楽しませてくれる。ほんとうに素晴らしい。さらに下山後には温泉と美味しい食べ物が待っている。
c0219616_14120143.jpg
c0219616_14120288.jpg
c0219616_14120292.jpg
c0219616_14120149.jpg
まだまだ、今年の秋は続く・・・・・

[PR]
by kobayashi-skin-c | 2018-12-05 14:18 | PHOTO & ESSAY | Comments(0)
2018年10月『森と湖と紅葉の山々、阿寒』 October 2018 "Lake, Forest, Mountains in Akan, Autumn"
秋が続く。暖かい。
二泊三日で、雌阿寒岳、雄阿寒岳に登り、オンネトー、阿寒湖を囲む紅葉に見惚れ、雌阿寒温泉(野中温泉)、十勝川温泉に癒された。

まず札幌を出発し、オンネトー登山口から雌阿寒岳へ。いつ来てもこの頂から「地球の鼓動」が聞こえてくる。音を立てて昇る噴気、赤や緑の火口湖、砂漠のような火山礫地。地球のエネルギーがみなぎっている。
c0219616_13450918.jpg
c0219616_13450926.jpg
c0219616_13450977.jpg
c0219616_13451089.jpg
火口の向こうに阿寒湖、そして雄阿寒岳

下山したら、オンネトーが鏡になっていた。今登った雌阿寒岳、阿寒富士、裾野の紅葉を映し出していた。「完璧!」
c0219616_13451053.jpg
c0219616_13451013.jpg

雌阿寒温泉(野中温泉)に浸りリラックス。
c0219616_13451082.jpg
c0219616_13451069.jpg
c0219616_13451064.jpg

翌朝は霧の中、雄阿寒岳へ。途中から雪がちらつき始めた。頂上からは阿寒湖、ペンケトー、パンケトー、屈斜路湖、そして深い森が見渡せる。「森と湖と、そして火山の大地」。「完璧!」

霧の阿寒湖
c0219616_13480800.jpg

針葉樹林の林床はびっしりと苔
c0219616_13480852.jpg

紅葉の太郎湖
c0219616_13480863.jpg

紅葉の阿寒湖
c0219616_13480993.jpg


そして十勝川温泉に寄り道。十勝川の向こう日高山脈に沈む夕日を眺め、秋の味覚に舌鼓。
c0219616_13480918.jpg
c0219616_13480824.jpg
今年の秋はまだまだ続く。

[PR]
by kobayashi-skin-c | 2018-12-05 14:01 | PHOTO & ESSAY | Comments(0)
2018年10月『秋の羊蹄山』 October 2018 "Mt Yotei in the Autumn"
北海道では異例とも言える暖かい秋である。
各地の山の紅葉を楽しんだ。

晴天の羊蹄山を狙ったつもりが・・・・・
避難小屋からの夕日、夕焼けは素晴らしかった。
c0219616_13170512.jpg
c0219616_13170685.jpg
c0219616_13170647.jpg
翌日の晴天が約束されたものと思っていたところ、翌朝はガスの中。真っ白な闇の中山頂を目指したが、ガスが晴れることなくご来光をみることはできなかった。
c0219616_13170687.jpg
下山の途中から、雲ひとつない快晴に。憎たらしいものである。麓のレストラン、マッカリーナから美しい羊蹄山を望み、秋の味覚を楽しんだ。菅谷シェフ、ご馳走さまでした。
c0219616_13170513.jpg
c0219616_13170690.jpg
c0219616_13170655.jpg
c0219616_13232651.jpg
c0219616_13232681.jpg
c0219616_13232696.jpg

[PR]
by kobayashi-skin-c | 2018-12-05 13:28 | PHOTO & ESSAY | Comments(0)