2018年2月 『ドロミテ,トレ・チーメ Tre Cime di Lavaredo, Dolomiti, Italia』
アルプスきっての北壁、岩塔 "Tre Cime di Lavaredo(トレ・チーメ)"がドロミテ、コルチナ・ダンペッツォの北東方向にある。バックカントリースキーで、トレ・チーメ一周に挑んだ。
c0219616_07420934.jpg
3つの岩塔がほぼ垂直に立つ。左端がCima Piccola 2857m、中央がCima Grande 2999m、右がCima Ovest 2973m。Cima Grandeの標高は長らく3003mとされていた。現在も地図によっては3003mと表記されている。わが国の剱岳とまったく同じ数字の変遷を遂げている。「山は高きが故に貴からず」とは言うものの、この素晴らしい山山に対し、岳人は洋の東西を問わず、3000mにこだわったのだろうか。初登は1869年。Cima Grande北壁の初登攀は1933年。エミリオ・コミッチらが3日間をかけて登攀した。


今回のドロミテ、コルチナ・ダンペッツォ行きの半分の目的は、この山を廻るバックカントリー・スキーに挑むことだった。日本から持参したスキーは、バックカントリー用一式を選んだ。だから、ベニスの空港にスキーが届かなかった時には、けっこう落ち込んだ。
 と意気込んではいたものの、現地に着くまでトレ・チーメのバックカントリースキー情報は皆無であった。街のトラベラーズ・インフォーメーションではまったく話しにならなかった。街の散歩中、ふと目にとまったのが、この看板。
c0219616_08072042.jpg
「おお、コルチナ・ダンペッツォにもAGノマドがある」のかと思った。オフィスに入ると、いかにも山屋さんといった風情の人が対応してくれた。"Round Tre Cime, back country ski? OK, OK, perfect!" の二つ返事。このチーフガイドと思しき親分、すぐに携帯電話で仲間のガイドに連絡。「2月18日8:00、ホテルにEdoardoという名のガイドが迎えに行く。いや8:30だ。料金は一人120€、ビーコン、シャベル、プローブは無料でレンタルOK、支払いはツアーが終わってオフィスに来い」との指示、狐につまれたような気持ちであったが、飛び上がるほど嬉しかった。

山小屋三連泊のあと、天気は下り坂。インターネットでみる天気予報は、サイトごとに、一日ごとにコロコロと変わる。結局、17日の夜からちらちらと雪が降り始め、18日の朝も雲が低く垂れ込め雪が降り続いていた。「トレ・チーメが見えない?!」、「パウダースノーか!?」。8:30、ホテル前には20代と思しき好青年が待ち受けていた。"Paulo"と名乗ったか、なんと名乗ったか、"Edoardoが病気で、代わりに今日のガイドを務める"とのこと。Pauloかどうかはっきりしないまま"Paulo"と声を掛け続けたが、帰国してから届いた彼のメールには"Pier"とあった。

彼の車に同乗し、まずはLago Misurinaミズリーナ湖へ向かい、湖畔の駐車場からはスノーモービルに乗り換えてRifugio Auronzoまで。
c0219616_10282008.jpg
そこからスキーにシールを貼って、いよいよトレ・チーメを廻るバックカントリーへ。しかし、「トレ・チーメはどこ?」の状態。雲が低く、霧でもやっている。最初からいきなり吹きさらしの急斜面。おまけに風に吹き飛ばされたのか、下はほとんど氷斜面。スキーがスリップして登りづらい。おまけにPauloの歩調は速く、息切れをしてくる。"Slowly, Paulo"と頼む。しばらくは視界のないまま、左側にあるであろうトレ・チーメの急斜面をトラバース気味に登っていった。ときおり鋭い山の稜線が顔を出す。
c0219616_10345310.jpg

広い雪原を歩くころ、Pauloが "Cima Piccola!"と声を上げた。
c0219616_10345351.jpg
いつの間にか、登山口のトレ・チーメ南面から、Cima Piccolaが立つ東面まで回りこんでいたのだ。霧が抜けてきて、Piccolaの向こうにGrandeも見えるようになってきた。少し急登が続いてからスキーシールをはずして滑走準備。かなりの急斜面だ。東面では思っていた以上の深さの新雪。ヤッホー!と叫びたくなるが、Pauloは「自分が先に滑るが、自分のトレースより左側には入らないように、一人ずつ合図のあとから滑り出すように、雪崩が危ない」の指示を出す。Pauloはたくみにターンして雪を蹴立てる。自分の番、やっぱり雪は重かった。思うようにスキー操作は出来なかった。とにかく「慎重に、慎重に」と自分に言い聞かせる。
c0219616_10345311.jpg
さらに、しばらく滑り降りるとトレ・チーメ北面に出た。なんと、トレ・チーメの全貌が眼前にある。言葉を失った。
c0219616_10345370.jpg
c0219616_10345430.jpg
黄色味を帯びたドロマイトの岩壁が垂直に立つ。左側からCima Piccola, Cima Grande, Cima Ovest。アルプス屈指の北壁。

ふたたびシールを貼って歩き始めるが、左側ばかりを見ながら歩き、写真を撮る。Pauloにどんどん遅れるが、Pauloはあまり気にしていない。でも結局のところ、この写真、すべてPauloが撮影して日本に送ってくれたもの。感謝、感謝である。
c0219616_10345492.jpg
c0219616_10345477.jpg
西面に回り込み、登山口方向が見えるころ、最大斜度のトラバース斜面にさしかかった。Pauloは急に慎重になって、幾度となく斜面をチェック。トレ・チーメ西面は、風で飛ばされたのか雪は固い氷面にうっすらと乗っかっただけで、すぐに落ちていく。ところどころには岩も露出している。Pauloは "Long walking, but safe. We had better to avoid the traverse" とのこと。もちろん従う。Long walkでも、その分たくさんトレ・チーメを見れるのだから異存はなかった。

もう一度北面に戻り、北西方向に雪原を横切って、深い深い谷に向かって新雪の急斜面を滑り降りた。ここには比較的深いパウダーが待っていた。ちょっと危ない滑りもあったが大満足。
c0219616_11010030.jpg
c0219616_11010121.jpg
c0219616_11010026.jpg
谷の底に下りてからは長い長いお帰りコース。巨岩がごろごろと転がる沢すじを、岩をぬうように下っていった。そしてトレ・チーメを最後に望むことができる地点で、Pauloが写真を撮ってくれた。トレ・チーメはまた霧にかすんでいた。

"ありがとう、Paulo君、いやPier君"。"ご苦労さん、衣子さん"。
c0219616_10345270.jpg
c0219616_10233986.jpg

「やあコルティーナ、君はドロミテの女王だ!」の言葉を胸に刻む。お別れだ。

[PR]
# by kobayashi-skin-c | 2018-03-08 10:31 | PHOTO & ESSAY | Comments(0)
2018年2月 『イタリア・ドロミテ、食べて飲んで、山小屋の楽しみ』 February 2018 "Mountain Huts in Dolomiti"

「山小屋に泊まった者でしか味わえぬ楽しみ」

-第二弾ー


c0219616_06232709.jpg
この飲み物はスプリッツァ・アペロール。北イタリア定番の食前酒。さっぱりと甘く、切れもよい。何より色がきれいだ。スキーのあとの渇いた喉を潤す(Rifujgio Scoiattoli スコイァトッリ小屋 2225mにて)



c0219616_06234298.jpg

そして、そのあとは赤ワイン。地元産のピノ・ネッロが美味しい。すみません、こんな顔になってしまいます(この写真はコルチナの街のレストラン)。


夕食は「午後7時から」。どこの山小屋でも言われるが、だいたい7時半ごろにずれこむ。イタリアらしい。待つ間は、絵画のように広がる窓の外の景色を眺めながらワイングラスを傾ける(Rifugio Averau アヴェロウ小屋 2416m)。

c0219616_06333101.jpg

Rifugio Averau アヴェロウ小屋 では夕食のメニューまで用意されていた。
c0219616_06351208.jpg


どこの山小屋でも趣向をこらした地元の料理を楽しむことが出来た。写真を見ていても懐かしく、生唾が出てくる、それほど美味しかった。

c0219616_06384632.jpg

ビーフ・カルパッチョ(日本では例のBSE問題で食べられない)と
パルメジャーノチーズ(Rif. Scoiattoli)


c0219616_06384623.jpg

甘いカボチャを包み込んだラヴィオリ(Rif. Scoiattoli)


c0219616_06510354.jpg

地元産キノコがたっぷり入ったショートパスタ(Rif. Scoiattoli)


c0219616_06395090.jpg

右下から時計回りに、赤カブの入ったラヴィオリ(Casunziei)、
ほうれん草を練りこんだニョッキ、トマト味の自家製パスタ(Rif. Lagazuoi)


c0219616_06395063.jpg

カボチャのリゾット、カリカリに焼いたスペック(干し肉)と
バルサミコが乗せられている(コルチナの街のレストラン)


c0219616_06451481.jpg

牛ほほ肉の赤ワイン煮込み、黄色いのはポレンタ(トウモロコシ粉を
練って蒸したもの)、ワインがすすむ(Rif. Scoiattoli)


c0219616_06472886.jpg

デザートの定番は熱々アップルパイ(ストゥリューデル)。
ドロミテ地方は元来オーストリア・ハンガリー帝国領でドイツ語圏。
第一次世界大戦で戦勝したイタリアが領土とした。今も南チロル地方と
呼ばれ、料理、デザートはチロル風のものがおおい(Rif. Scoiattoli)



c0219616_06543707.jpg
c0219616_06543791.jpg
c0219616_06543795.jpg

朝ごはんには、こんなに沢山のものが並べられている。写真に入りきらないところには濃厚ヨーグルトやミルク、ゆで卵も並べられていた(Rif. Averau)


さらに、さらにお昼時は、スキーコース脇にある素敵な山小屋で(Rif. Scotoni)

c0219616_07013821.jpg
c0219616_07013874.jpg
c0219616_07013849.jpg
なんと山小屋の中では、炭火でTボーン・ステーキが焼かれていたが、注文は二人前から、あの堂々と立っているのがそれである。とても食べきれるはずもなく、可愛く炭火焼ソーセージを二人で分けた。飲み物はビールとスプリッツァ!


そしてまた夕暮れ時になると、
c0219616_07070022.jpg

窓の外に帳がおりてくる(ラガツォイ小屋)。


山小屋にはこんなものまで用意されている(Rifugio Scoiattoli スコイァトッリ小屋のHPから引用)。

c0219616_07102545.jpg
でも寒すぎたのか、勇敢な申込者がいなかったのか、風呂桶は閉じられたままだった。水着は持参していたのだが・・・・・
c0219616_07125189.jpg
さても、さても、食べて、飲んで、滑って、飲んで、食べて、・・・、「ひんしゅくもの」ではあるが、しかし、もう少しお付き合いいただきたい。ドロミテ最終日に一番のドラマが待っていたのです。次回の報告をお楽しみに。



[PR]
# by kobayashi-skin-c | 2018-03-07 16:08 | PHOTO & ESSAY | Comments(0)
2018年2月 『イタリア・ドロミテ - バラの伝承 -』 February 2018 "Enrosadira, Dolomiti in Italy"
「山上には、登った者でしか味わえぬ世界がある。」
と言うにはおこがましい。今回のスキー行ではリフト、ロープウェイが山の上まで連れて行ってくれたのだから。「山小屋に泊まった者でしか味わえぬ世界」と言いなおそう。
c0219616_04533719.jpg

c0219616_04533779.jpg
昼に見たドロミテの姿は、夕刻大きくその化粧を変える。この夕映えが「バラの伝承、エンロサディラ」。山小屋についてホッと一息をついたころ、刻々と山肌が色を変えていく。


c0219616_05002986.jpg
夕陽に照らされるRifugio Lagazuoi(ラガツォイ小屋)2752m


c0219616_05021023.jpg
c0219616_05011275.jpg
c0219616_05011184.jpg
c0219616_05011195.jpg
c0219616_05021012.jpg
c0219616_05021091.jpg
c0219616_05033549.jpg

こんな可愛い夕映えもあった。
c0219616_05172262.jpg

こんなかっこいい!夕映えもあった。感激のひととき。
c0219616_05172827.jpg

そして朝には、再び昇る太陽が壮大なショーを繰り広げる。
c0219616_05210075.jpg
c0219616_05212763.jpg
c0219616_05212719.jpg
c0219616_05212840.jpg
c0219616_05215398.jpg
朝日に照らされるRifugio Lagazuoi(ラガツォイ小屋)


そして誰もいない、リフトもロープウェイも動いていない、まっさらなゲレンデを滑り降りる。
c0219616_04463104.jpg
山小屋に泊まった者だけが味わえる「至福の時」。
まだまだ山小屋の魅力は尽きない。続編を乞うご期待。

バラの伝承 ー エンロサディラ ー
【しばしば夕暮れ時の数秒間、ドロミテの山頂は素晴らしいバラ色に染まります。これは、Enrosadiraと呼ばれる現象で、その「バラ色になる」を意味する言葉通り、ドロミテ特有の鉱物質を含む岩壁が、日没とともにピンク色を帯び、そして徐々に紫色に変わっていきます。また、古くからある伝承には、小人たちが住む魔法の王国の話があります。この王国を治めるラウリン王は、ドロミテ・カテナッチョ山にバラが一面に咲き誇るたいへん美しい庭を持っていました。人の良いラウリン王には、ラディーナという名の美しい娘がいました。ある日、ラテマル山の王子は、荒涼とした未開の土地に咲く見事なバラに興味を持ち、ラウリン王の王国に踏み入りました。そこでラディーナ姫を見た王子は激しい恋に落ち、彼女をさらってラテマル山に連れ帰り、妻にすることにしました。娘がいなくなってうちひしがれたラウリン王は、王国の場所を教えることとなったバラの花を呪い、昼も夜も二度と咲かないように命じました。しかし、夕暮れ時のことは忘れていました。これが、現在でもなおその時間にドロミテの山でEnrosadiraが見られることとなったのです。(コルチナ・ダンペッツォガイドブック、日本語版から引用)】

[PR]
# by kobayashi-skin-c | 2018-03-04 05:46 | PHOTO & ESSAY | Comments(0)
2018年2月 『アルプスを滑る、ドロミテ、コルチナ・ダンペッツォ』February 2018 "Ski in Dolomiti"

「やぁ、コルティーナ、君はドロミテの女王だ!」(ドロミテ街道のトンネルの壁に書かれてあった第一次世界大戦の無名イタリア戦士の銘)


私もドロミテに恋をしてしまった。
2013年に初めて訪れて、そして2014年に再訪。美しい岩壁の山々、白く輝く雪、緑濃い針葉樹の森、長大なスキースロープ、素敵な山小屋、すべてが私を魅了した。しかし、2014年のドロミテでは、訪れる予定であったコルチナ・ダンペッツォを雪崩のため断念せざるを得なかった。20182月、そのコルチナ・ダンペッツォを目指した。そして再びドロミテの山々に抱かれた。

c0219616_04031395.jpg

コルチナ・ダンペッツォまでは、新千歳空港から羽田へ、羽田からロンドン・ヒースロー空港経由でイタリア・ベニス空港へ、そしてバスでコルチナ・ダンペッツォへと至る
27時間の旅。疲れた、そして、さらにベニス空港では預けていたスキーが届かなかった。スキーは一便遅れで到着するが、コルチナ・ダンペッツォへの配達は明後日になる見込みとのこと。この見込みを信じていいものかどうか、そこが問題である。一気に盛り下がる。

なんとか気を取り直してスキー・ストック・ブーツ一式をレンタルすることとした。そして、晴天のドロミテが私たちを迎えてくれた。コルチナ・ダンペッツォの街を囲む3つのスキー場、ファローリア、クリスタッロ、トファーナを滑った。
c0219616_04111997.jpg
c0219616_04111858.jpg
コルチナ・ダンペッツォの名を聞いて、トニー・ザイラー、猪谷千春の名を思い出す人は、もうかなりお歳の方かも知れない。1956年冬のオリンピックがこの地で開催され、トニー・ザイラーはスキー滑降、大回転、回転で三冠王に輝いた。そして猪谷千春は日本人として初の冬のオリンピックメダリストとなった。そんな由縁もある街だ。
c0219616_04250561.jpg
コルチナ・ダンペッツォの街を眼下に、ここは滑降コースの一部。



c0219616_04202072.jpg
c0219616_04202128.jpg
ヨーロッパでは2月にスキーバケーションという休暇制度があり、多くの人々がスキーリゾートに集う。家族連れが多く、子供達はみなスキースクールに入ってスキーを学んでいる。ときには子供レーシングチームもいて、猛烈なスピードで滑り降りている。全員がヘルメットをかぶっている。


ドロミテ全域には12のスキーエリアがあり、450基のリフト、ロープウェイ、スキーコース全長は1200kmという。コルチナ・ダンペッツォはその12のエリアの一つで、38のリフト、120kmに及ぶスキーコースが含まれる。コースの整備は素晴らしく、またリフト、ロープウェイ、スキーバスを乗り継ぐと、異なるエリアへの移動も可能となる。まさにスキー天国!
c0219616_04111992.jpg
c0219616_04314952.jpg
c0219616_04314806.jpg

ロープウェイは目も眩むような岩壁を急角度で上る。
c0219616_04351424.jpg
c0219616_04352765.jpg

ロープウェイ駅に貼られていたポスター。
c0219616_04362296.jpg
なんともユーモラスで、また心強い。こんなに楽しい乗り物も活躍している。
c0219616_04384762.jpg


今回のドロミテでは、三泊四日で山小屋に泊まりながらスキーを楽しむことが出来た。まさに天国。山小屋に泊まった者だけに与えられる特権が、朝一番。誰もいない、まだリフトもロープウェイも動いていない、グルーミングされたばかりのゲレンデを独り占めだ。
c0219616_04463123.jpg
c0219616_04463104.jpg
c0219616_04463111.jpg
c0219616_04463214.jpg
思わず万歳!後ろに聳えるのは5 Torri、英語で言うとfive towerの意味だが、イタリア語では "Cinque Torri" 、チンクエ・トッリと発音する。なんだか恥ずかしい。


滑る、滑る、とにかく滑る。オフピステにもおいしそうな新雪斜面が広がる。しかし、北海道に比べると降雪量は圧倒的に少なく、この新雪もいつ積もったものやら、固く、重かった。
c0219616_04524935.jpg
c0219616_04525094.jpg
c0219616_04525024.jpg
c0219616_04525040.jpg
c0219616_04542023.jpg
c0219616_04542051.jpg
c0219616_04542069.jpg
c0219616_04541923.jpg

リフトで上るたびに、スキーで滑るたびに、山の景観がどんどん変わる。森林限界から針葉樹の森の中に入るころ、素敵な山小屋が現れたり、青空を見上げながらのんびりと緩斜面を滑ったり、飽きることがない。
c0219616_04582615.jpg
c0219616_04582698.jpg
c0219616_04582626.jpg
c0219616_04582730.jpg
c0219616_04582640.jpg
今日一日やったね。そして夜は素敵な山小屋が待つ。
c0219616_05002986.jpg
山小屋に泊まった者でしか味わうことができない世界が、そこには待っている。

次回の報告を乞うご期待。





[PR]
# by kobayashi-skin-c | 2018-03-03 05:07 | PHOTO & ESSAY | Comments(0)
2018年1月『行く年、来る年、雪山に遊ぶ』 January 2018 "The Snow Season Has Come"
2018年、雪山シーズンが始まった。今年は気温が低く、雪も深く、スキーコンディションは最高!

2017年暮、大雪黒岳にて。ノマドYOUさん、宮下親分の案内で、黒岳山頂からパウダースノーの斜面を大滑降。
c0219616_18042715.jpg
c0219616_18055894.jpg
c0219616_18042784.jpg
c0219616_18055874.jpg
c0219616_18042734.jpg
c0219616_18042753.jpg


年が明けて、初夢は大雪旭岳で。夢から覚めると窓の外は白銀の世界。ノマド宮下親分と旭岳バックカントリーへ。去年はここで頬をー15℃の強風に叩かれて凍傷を負った。今年も寒いが絶好のパウダー。
c0219616_18090782.jpg
c0219616_18090715.jpg
c0219616_18090774.jpg
c0219616_18090850.jpg
c0219616_18090793.jpg

そして、札幌近郊の山々も深い深いパウダーに覆われている。宮下親分いわく『危うく溺れ死ぬかと思った』ワオーーーッ!
c0219616_18233524.jpg
c0219616_18190276.jpg
c0219616_18190210.jpg
c0219616_18190289.jpg
c0219616_18190207.jpg
c0219616_18190193.jpg
c0219616_18215973.jpg
c0219616_18190238.jpg
c0219616_18190236.jpg
c0219616_18215910.jpg
「ああ、楽しかった!」と洩らすと、宮下親分から「危ないですね、もうそれは粉中毒ですよ!」と。山があり、雪があり、そして仲間がいる。やめられそうもない。それにしても、写真で自分と衣子のスキーを比べると、差が歴然。衣子のスキーは軽々と雪の上を浮くように滑っているが、私のそれは突っ込み過ぎ、力が入り過ぎ!危ない、危ない。

写真を撮影していただいたノマド宮下親分、オダッチ、YOUさん、ミレー札幌林さん、まことに有難うございました。



[PR]
# by kobayashi-skin-c | 2018-01-25 18:31 | PHOTO & ESSAY | Comments(0)