人気ブログランキング | 話題のタグを見る
2023年10月 『紅葉、札幌近郊の山々』 October 2023 "Autumn Colors in the Suburbs"
散々だった山の紅葉。
札幌近郊の山々では、意外と!

10月17日、手稲山初冠雪。あれだけ暑さに喘いだのに、例年より1日早い冠雪とのこと。
2023年10月 『紅葉、札幌近郊の山々』 October 2023 \"Autumn Colors in the Suburbs\"_c0219616_10434105.jpg

これで一気に紅葉が進み始め、キノコもにょきにょき。
2023年10月 『紅葉、札幌近郊の山々』 October 2023 \"Autumn Colors in the Suburbs\"_c0219616_10475775.jpg
2023年10月 『紅葉、札幌近郊の山々』 October 2023 \"Autumn Colors in the Suburbs\"_c0219616_10475718.jpg

初冠雪の翌日、10月18日、夏に続き今年2回目の空沼岳。ただし雪の山頂は避けて真簾沼(まみすぬま)まで。登山口が紅葉真っ盛り、万計沼(ばんけいぬま)はすでに散り始め、真簾沼の木々はもう裸、おまけに雪が積もっていました。

登山口の紅葉
2023年10月 『紅葉、札幌近郊の山々』 October 2023 \"Autumn Colors in the Suburbs\"_c0219616_10502204.jpg

万計沼
2023年10月 『紅葉、札幌近郊の山々』 October 2023 \"Autumn Colors in the Suburbs\"_c0219616_10502272.jpg

冬眠前のシマリスが忙しく餌探し
2023年10月 『紅葉、札幌近郊の山々』 October 2023 \"Autumn Colors in the Suburbs\"_c0219616_10502261.jpg

真簾沼
2023年10月 『紅葉、札幌近郊の山々』 October 2023 \"Autumn Colors in the Suburbs\"_c0219616_10502277.jpg

真簾沼の上はもう積雪
2023年10月 『紅葉、札幌近郊の山々』 October 2023 \"Autumn Colors in the Suburbs\"_c0219616_10502238.jpg

思い出深い空沼岳、万計沼。50年前の秋の私たち。可愛かったなあ!
2023年10月 『紅葉、札幌近郊の山々』 October 2023 \"Autumn Colors in the Suburbs\"_c0219616_17001052.jpg
2023年10月 『紅葉、札幌近郊の山々』 October 2023 \"Autumn Colors in the Suburbs\"_c0219616_10581583.jpg

50年前の真簾沼。二人おそろいの手作りニッカボッカ。
2023年10月 『紅葉、札幌近郊の山々』 October 2023 \"Autumn Colors in the Suburbs\"_c0219616_10504829.jpg


続いて、私たちの領分の藻岩山、三角山、奥三角山、大倉山、円山の低山。何回も巡りましたが、ここはヒグマたちの領分でもあるのですね。頻繁に目撃情報、そして登山道の閉鎖がありました。
2023年10月 『紅葉、札幌近郊の山々』 October 2023 \"Autumn Colors in the Suburbs\"_c0219616_10491588.jpg
2023年10月 『紅葉、札幌近郊の山々』 October 2023 \"Autumn Colors in the Suburbs\"_c0219616_11074971.jpg

今年の秋は、クマのニュースでもちきりでした。ヒグマよりもむしろ本州のツキノワグマの被害の方が甚大だったようですが、北海道でもヒグマによる登山者の痛ましい事故が起きてしまいました。私たちが大学入学した1970年7月、日高山系カムイエクチカウシ山で大学生パーティー5人のうち3人が殺された事故があり、当時大きな話題となりました。しかしそれ以降、北海道の山で登山者が犠牲となる事故は起きておらず、私たちも日高の山で二度ほどヒグマに遭遇しましたが
2017年7月 『幌尻岳・七つ沼カール』 この時は、キャンプ地のカール上方に大きなヒグマが現れたが、まったく無視された。
2017年8月 『鹿が落ちる、熊が吼える』 この時は、間近までヒグマが迫ってきましたが、ガイドさんの的確な判断で事なきを得た。
(ブログ2017年7月、2017年9月に掲載されています。)
今まではさほど恐怖を感じることはありませんでした。むしろ交通事故の危険よりずっと少ないと、安心、油断をしていたと思います。今回の事故で、山への入り方、ヒグマへの対処の仕方を考え直さなければならない、と感じました。特に若ぐまに注意し、近寄ってきたらもう闘うしかない、との覚悟をもつこと、そしてまずヒグマの生態を良く知ることが大切と思います。

10月下旬の日曜日、地下鉄円山公園駅を出発して、まずは北海道神宮に参詣。そこから大倉山ジャンプ競技場のジャンプ大会を横目に見ながら大倉山に登り、奥三角山、そしてお気に入りのレストラン”アグリスケープ”では少し寒かったものの外のテーブルでランチ!
2023年10月 『紅葉、札幌近郊の山々』 October 2023 \"Autumn Colors in the Suburbs\"_c0219616_10443306.jpg
2023年10月 『紅葉、札幌近郊の山々』 October 2023 \"Autumn Colors in the Suburbs\"_c0219616_10443390.jpg
2023年10月 『紅葉、札幌近郊の山々』 October 2023 \"Autumn Colors in the Suburbs\"_c0219616_10443360.jpg
2023年10月 『紅葉、札幌近郊の山々』 October 2023 \"Autumn Colors in the Suburbs\"_c0219616_10443329.jpg

少し頑張って、自宅を出発して北大キャンパスを抜けて、円山公園から円山へ、いったん住宅街に下りて、旭山に登り、藻岩山頂上、山鼻山、藻岩スキー場を抜けて下山、さらに豊平川河川敷を歩いて帰宅。総歩行距離:27.6km、獲得標高差:836mでした。田中陽希なみ!
2023年10月 『紅葉、札幌近郊の山々』 October 2023 \"Autumn Colors in the Suburbs\"_c0219616_10501889.jpg
札幌の街にも素晴らしい紅葉が下りてきました。散々だった大雪山の紅葉が嘘のようです。自然は微妙ながら奥深いですね。次回のブログは北大キャンパスと札幌の街の紅葉をご覧ください。

# by kobayashi-skin-c | 2023-11-10 11:03 | PHOTO & ESSAY | Comments(0)
2023年9月,10月 『悲惨、山の紅葉』 September, October 2023 "Miserable Autumn Color in the Mountains"
今年の夏は異常に暑かった。
札幌では、8月23日に1876年以降の観測史上最高気温、36.3℃を記録。さらに連続真夏日日数、最多真夏日数、最多夏日数、と異常な暑さ続きでした。

山の紅葉が遅れることは十分に予測できましたが、ここまで悲惨とは。

9月15日、大雪山旭岳。例年ですと、日本で一番早い紅葉が旭岳から始まるのですが、
2023年9月,10月 『悲惨、山の紅葉』 September, October 2023 \"Miserable Autumn Color in the Mountains\"_c0219616_13215137.jpg
姿見の池

2023年9月,10月 『悲惨、山の紅葉』 September, October 2023 \"Miserable Autumn Color in the Mountains\"_c0219616_13215198.jpg
鏡池、まったく紅葉していません!

2023年9月,10月 『悲惨、山の紅葉』 September, October 2023 \"Miserable Autumn Color in the Mountains\"_c0219616_13215154.jpg
裾合平のチングルマはくすんだ赤い色を見せるだけ

2023年9月,10月 『悲惨、山の紅葉』 September, October 2023 \"Miserable Autumn Color in the Mountains\"_c0219616_13215112.jpg
ウラシマツツジがわずかに赤く染まっていました。



9月21日、大雪山黒岳。天気は申し分なく、テント場では霜柱ができるほど冷え込んだのですが。

夕焼けの黒岳避難小屋キャンプサイト
2023年9月,10月 『悲惨、山の紅葉』 September, October 2023 \"Miserable Autumn Color in the Mountains\"_c0219616_13302279.jpg
2023年9月,10月 『悲惨、山の紅葉』 September, October 2023 \"Miserable Autumn Color in the Mountains\"_c0219616_17035413.jpg
2023年9月,10月 『悲惨、山の紅葉』 September, October 2023 \"Miserable Autumn Color in the Mountains\"_c0219616_13304676.jpg

雲の平の一番の紅葉ポイントでも、くすんだ紅葉でした。冬枯れと紅葉のミックス模様。ウラジロナナカマドはほぼすべて紅葉の前に枯葉となっていました。
2023年9月,10月 『悲惨、山の紅葉』 September, October 2023 \"Miserable Autumn Color in the Mountains\"_c0219616_13331523.jpg
2023年9月,10月 『悲惨、山の紅葉』 September, October 2023 \"Miserable Autumn Color in the Mountains\"_c0219616_13331510.jpg

それにしても驚いたのは、北海沢の大雪渓がすっかり姿を消していたこと。「地球温暖化」は忍び寄るどころか、走り来る!
2023年9月,10月 『悲惨、山の紅葉』 September, October 2023 \"Miserable Autumn Color in the Mountains\"_c0219616_13365969.jpg
初夏の北海沢。登山道はすっかり雪の下(2014年7月23日)


2023年9月,10月 『悲惨、山の紅葉』 September, October 2023 \"Miserable Autumn Color in the Mountains\"_c0219616_09342563.jpg
2004年9月15日、北海沢の万年雪


2023年9月,10月 『悲惨、山の紅葉』 September, October 2023 \"Miserable Autumn Color in the Mountains\"_c0219616_13365922.jpg
去年の秋は、かろうじて万年雪として残る(昨年9月21日)


そして今年。雪渓はすっかり消滅!
2023年9月,10月 『悲惨、山の紅葉』 September, October 2023 \"Miserable Autumn Color in the Mountains\"_c0219616_13365970.jpg

この現象は今年だけの異常ではないように感じます。昔見た燃えるような紅葉がこの数年間見られていません。

2006年9月23日の大雪山雲の平、今年の9月21日とまったく同じポイントで撮影しています。
2023年9月,10月 『悲惨、山の紅葉』 September, October 2023 \"Miserable Autumn Color in the Mountains\"_c0219616_09324181.jpg
あの頃はクロマメノキの実も豊富でした。本当は国立公園の実を採ってはいけません!


10月4日、近場の樽前山にまだ早いと思いつつも登りました。予期したとおり紅葉はまったくありませんでした。むしろ枯葉が多く見られました。
2023年9月,10月 『悲惨、山の紅葉』 September, October 2023 \"Miserable Autumn Color in the Mountains\"_c0219616_09435575.jpg
2023年9月,10月 『悲惨、山の紅葉』 September, October 2023 \"Miserable Autumn Color in the Mountains\"_c0219616_09434242.jpg
2023年9月,10月 『悲惨、山の紅葉』 September, October 2023 \"Miserable Autumn Color in the Mountains\"_c0219616_09434245.jpg
2023年9月,10月 『悲惨、山の紅葉』 September, October 2023 \"Miserable Autumn Color in the Mountains\"_c0219616_09434232.jpg


ちなみに次の2枚の写真は2010年10月10日に撮影したもの。
2023年9月,10月 『悲惨、山の紅葉』 September, October 2023 \"Miserable Autumn Color in the Mountains\"_c0219616_09452162.jpg
2023年9月,10月 『悲惨、山の紅葉』 September, October 2023 \"Miserable Autumn Color in the Mountains\"_c0219616_09452128.jpg

それでもしつこく10月11日、大雪山愛山渓から松仙園、沼ノ平へと入りました。というのも10月3日大雪山系では初冠雪が観察され、裾野の紅葉が進んでいる様子だったからです。それと山頂が雪に覆われるころ、登山口までの道路の多くが冬季閉鎖となります。愛山渓も10月12日から閉鎖されることとなっていました。つまりこの日が、今年最後の入山日。山の中では誰一人会いませんでした。

しかし、やっと出会いました、大雪山の紅葉、そして山の雪とのコラボレーション。「すごい」、「きれい」の言葉しかありませんでした。
2023年9月,10月 『悲惨、山の紅葉』 September, October 2023 \"Miserable Autumn Color in the Mountains\"_c0219616_09520082.jpg
2023年9月,10月 『悲惨、山の紅葉』 September, October 2023 \"Miserable Autumn Color in the Mountains\"_c0219616_09520051.jpg


2023年9月,10月 『悲惨、山の紅葉』 September, October 2023 \"Miserable Autumn Color in the Mountains\"_c0219616_09520166.jpg
2023年9月,10月 『悲惨、山の紅葉』 September, October 2023 \"Miserable Autumn Color in the Mountains\"_c0219616_09520152.jpg
2023年9月,10月 『悲惨、山の紅葉』 September, October 2023 \"Miserable Autumn Color in the Mountains\"_c0219616_09520105.jpg
2023年9月,10月 『悲惨、山の紅葉』 September, October 2023 \"Miserable Autumn Color in the Mountains\"_c0219616_09520197.jpg
松仙園と沼ノ平の紅葉に癒され、幸せな気持ちでしたが、同時に、自然はこんなにも脆いものなのかと悲しさを感じました。気象統計でも平均気温の上昇が急激であることが明らかです。ほんの小さなことでも二酸化炭素排出削減ができるよう、現代生活に浸り切りの私たちですが頑張りたいと思います。

# by kobayashi-skin-c | 2023-11-08 10:13 | PHOTO & ESSAY | Comments(0)
2023年9月 『函館散歩、そして俱多楽湖で水遊び』 September 2023 "Walking in Hakodate & Canoeing in Lake Kuttara"
函館でどうしても食べたかったお店の予約が取れた。
昨年一度お訪ねしてすっかりファンに。函館の町も好きだし、ロングドライブもいとわず、一路南下。途中、俱多楽湖に寄りカヌー。
2023年9月 『函館散歩、そして俱多楽湖で水遊び』 September 2023 \"Walking in Hakodate & Canoeing in Lake Kuttara\" _c0219616_12374190.jpg
2023年9月 『函館散歩、そして俱多楽湖で水遊び』 September 2023 \"Walking in Hakodate & Canoeing in Lake Kuttara\" _c0219616_12374154.jpg
俱多楽湖は日本で一番丸く、二番目に透明度の高いカルデラ湖。
その透き通ったエメラルド色!



函館八幡坂から港を望む
2023年9月 『函館散歩、そして俱多楽湖で水遊び』 September 2023 \"Walking in Hakodate & Canoeing in Lake Kuttara\" _c0219616_12374132.jpg


ハリストス正教会(ガンガン寺)
2023年9月 『函館散歩、そして俱多楽湖で水遊び』 September 2023 \"Walking in Hakodate & Canoeing in Lake Kuttara\" _c0219616_12374124.jpg
2023年9月 『函館散歩、そして俱多楽湖で水遊び』 September 2023 \"Walking in Hakodate & Canoeing in Lake Kuttara\" _c0219616_12374049.jpg


ご夫婦で営まれる小さなレストラン
地元の食材を大切にし、なにより料理に心がこもっている
2023年9月 『函館散歩、そして俱多楽湖で水遊び』 September 2023 \"Walking in Hakodate & Canoeing in Lake Kuttara\" _c0219616_12374022.jpg
2023年9月 『函館散歩、そして俱多楽湖で水遊び』 September 2023 \"Walking in Hakodate & Canoeing in Lake Kuttara\" _c0219616_12374000.jpg
2023年9月 『函館散歩、そして俱多楽湖で水遊び』 September 2023 \"Walking in Hakodate & Canoeing in Lake Kuttara\" _c0219616_12391726.jpg
2023年9月 『函館散歩、そして俱多楽湖で水遊び』 September 2023 \"Walking in Hakodate & Canoeing in Lake Kuttara\" _c0219616_12391701.jpg
函館産ワインも数多くそろえられています
2023年9月 『函館散歩、そして俱多楽湖で水遊び』 September 2023 \"Walking in Hakodate & Canoeing in Lake Kuttara\" _c0219616_12374028.jpg
ほんとに感謝しかありません。シェフに、生産者の方々に、そして命をくれた食べ物に。ごちそうさまでした。

# by kobayashi-skin-c | 2023-11-07 12:53 | PHOTO & ESSAY | Comments(0)
2023年8月 『一度はやってみたかったこと、その2、青春18きっぷ』 August 2023 "What I wanna do once in my life ②"
「やってみたいとずっと思っていること」ってありませんか?
まったく手が届かないことを思い続けても仕方ありませんが、チャレンジできそうなこと!
私にとっては、まだ体が動くときに、今しかない「やってみたいこと」。

2023年8月 『一度はやってみたかったこと、その2、青春18きっぷ』 August 2023 \"What I wanna do once in my life ②\"_c0219616_12212532.jpg

その2.「青春18きっぷ」

またまた「なーーんだ、そんなことか」とお叱りを受けそうですが、私にとって「青春18きっぷ」は憧れでした。私は俗に言われる「鉄ちゃん」(熱狂的鉄道ファン)ではありませんが、子供時代から鉄道・汽車が好きでした。小学生の頃は、家のすぐそばを走っていた山陽本線の特急列車をよく見て列車名をすべて言えるほどでした。中学生、高校生になってからも、日がな一日「時刻表」のページをめくりながら、旅の夢を膨らませていました。広島生まれ、育ちの私が北海道大学へ進学した大きな理由に、この「旅好き、鉄道ファン」、そして「遠いところに行ってみたい」という憧れがあったと思います。大学に入学した1970年当時、飛行機は高価で便数も少なく高嶺の花でした。北海道ではまだSL(蒸気機関車)が走っていた時代です。そうそう、青函トンネルはまだ開通しておらず、連絡船で北海道は本州と結ばれていました。札幌⇔広島間、寄り道をしながら国鉄列車で休みごとに旅をしました。青函連絡船からは泳ぐイルカの姿に感動したり、日本海側を青森から大阪まで直通で結ぶ「急行北国」では、お尻を痛くしながら日本海を眺め続け、青森・上野間の「急行十和田」では立ちっぱなしということもありました。夜行列車では真っ暗な中、遠くにポツンぽつんと家々の灯りが流れ、カーーンカーーンと鳴る踏切の音が去っていきます。懐かしい昭和の思い出です。

2023年8月 『一度はやってみたかったこと、その2、青春18きっぷ』 August 2023 \"What I wanna do once in my life ②\"_c0219616_06382850.jpg
「青春18きっぷ」は1982年(昭和57年)、若者向けに国鉄から発売開始となりました(上の切符はWikipediaから引用)。この時私はもうすでに大学を卒業し、医師として研究者として働いていました。広島へ帰省することもなく、本州で開催される会議、研究会への出席にはもっぱら飛行機を使うようになっていました。家庭も持ち子供ができ、旅の夢を忘れていましたが、退職した今、・・・・・「青春18きっぷ」の実現です。


2023年8月 『一度はやってみたかったこと、その2、青春18きっぷ』 August 2023 \"What I wanna do once in my life ②\"_c0219616_06584342.jpg

そう!「青春18きっぷ」に年齢制限はありません。条件は、「若い心を持っている」こと、そして乗車できるのは「普通列車と快速列車のみ」。

富士山登頂後、下山には御殿場口を選び、JR御殿場駅からまずは沼津駅へ出発です。とても嬉しかった!富士山は雲に隠れて見えませんでしたが、窓側の席に陣取り、流れゆく景色を眺めました。鈍行列車の旅、これが本当の旅、なのです、私にとって。 今、日本では新幹線網が全国に張り巡らされ、ずいぶんと便利になりました。けれども、便利さと旅情は相反します。新幹線は移動の手段として便利かもしれません。でもあっという間に景色が後ろへ飛んでいき、おまけにトンネルだらけ。ことに山陽・九州新幹線はモグラ新幹線とも呼ばれており、旅情からは遠くかけ離れている、と思うのであります。

沼津から興津へ、そして浜松へ、・・・・・・・。青春18きっぷは夜の12時まで目いっぱい使うこともできますが、5本の鈍行・快速列車を乗り継ぎこの日は姫路どまりとしました。

2023年8月 『一度はやってみたかったこと、その2、青春18きっぷ』 August 2023 \"What I wanna do once in my life ②\"_c0219616_06584300.jpg

この間、困ったことが一つ起こりました。御殿場駅に売店はあったのですが、美味しそうな弁当がなく、途中の乗り継ぎ駅で買うこととしました。ところが沼津駅でも、興津駅でも、ホームには自販機しかないのです。さらに自販機にビールがありません!さあ、困った。酒飲みにお茶とか、ジュースは汽車の旅に無縁です。空腹と喉の渇きに耐えなければなりませんでした。浜松駅での乗り換え時間、ホームとホームを結ぶ陸橋の上に売店を見つけたとき、なんと嬉しかったことでしょう。

姫路で下車したのには、富士山での寝不足、疲労を癒したかったこと、そして私はまだ姫路城を見たことがなかったことがありました。駅の近くにある温泉付きのビジネスホテルを見つけ、一風呂浴びて真っ先に姫路城に出かけました。ライトアップされた美しい白鷺城が迎えてくれました。この日の歩いた距離24.2km、40,582歩、高低差3,400m。総移動距離は500㎞!
2023年8月 『一度はやってみたかったこと、その2、青春18きっぷ』 August 2023 \"What I wanna do once in my life ②\"_c0219616_06584306.jpg


翌朝には、青空の姫路城が迎えてくれました。
2023年8月 『一度はやってみたかったこと、その2、青春18きっぷ』 August 2023 \"What I wanna do once in my life ②\"_c0219616_06584315.jpg
2023年8月 『一度はやってみたかったこと、その2、青春18きっぷ』 August 2023 \"What I wanna do once in my life ②\"_c0219616_06584345.jpg

今日の「青春18きっぷ」は故郷広島まで。姫路からは、赤穂線、山陽本線、呉線とローカル線を乗り継ぎました。呉線は子供のころ父親の里帰りの時によく利用していました。瀬戸内海の海岸線を走る風光明媚な路線です。トンネルが多く、SL時代にはトンネルに汽車が入るたび、大急ぎで窓を下ろしていたことを思い出します。
  
2023年8月 『一度はやってみたかったこと、その2、青春18きっぷ』 August 2023 \"What I wanna do once in my life ②\"_c0219616_16263467.jpg  
  

55歳は若返ったような楽しい旅でした。
青春18きっぷは、これで2枚を使いました。あと3枚残っています。
『一度はやってみたかったこと、その2、青春18きっぷ』はまだ続きます。



『一度はやってみたかったこと、その2の続き、二人!の青春18きっぷ』

広島では衣子と合流して「二人の青春18きっぷ」。

2023年8月 『一度はやってみたかったこと、その2、青春18きっぷ』 August 2023 \"What I wanna do once in my life ②\"_c0219616_16421497.jpg
広島から岩国へ、そして下関。呆れる衣子を口説きながら、下関、門司を訪ねることとしました。幸いなことに、下関にはかねてから訪ねてみたかった「高津」というレストランがあり、美味しい餌のお蔭で実現です。

2023年8月 『一度はやってみたかったこと、その2、青春18きっぷ』 August 2023 \"What I wanna do once in my life ②\"_c0219616_16491899.jpg
2023年8月 『一度はやってみたかったこと、その2、青春18きっぷ』 August 2023 \"What I wanna do once in my life ②\"_c0219616_16491833.jpg 

 

下関では壇ノ浦古戦場、唐戸市場を訪ね、関門トンネルを通ってレトロな町門司へも足を延ばしました。初めての下関、門司には歴史と文化の匂いがあふれ、とても気に入りました。
源義経と平知盛の像が立つ壇ノ浦古戦場、後ろは関門大橋。

2023年8月 『一度はやってみたかったこと、その2、青春18きっぷ』 August 2023 \"What I wanna do once in my life ②\"_c0219616_16471125.jpg
唐戸市場は観光客で溢れていました。お目当てはお寿司、お刺身。私たちも市場内の人気食堂でふぐ刺しをいただきましたが、お世辞にも美味しいとは思いませんでした。時季外れだったのでしょうかね105.png


行きは関門トンネルを歩いて門司へ、帰りは渡し船で。
2023年8月 『一度はやってみたかったこと、その2、青春18きっぷ』 August 2023 \"What I wanna do once in my life ②\"_c0219616_16471000.jpg
2023年8月 『一度はやってみたかったこと、その2、青春18きっぷ』 August 2023 \"What I wanna do once in my life ②\"_c0219616_16471054.jpg
門司の町には明治時代の建物が多く、往時の港町の繁栄を物語っていました。
2023年8月 『一度はやってみたかったこと、その2、青春18きっぷ』 August 2023 \"What I wanna do once in my life ②\"_c0219616_16471128.jpg
2023年8月 『一度はやってみたかったこと、その2、青春18きっぷ』 August 2023 \"What I wanna do once in my life ②\"_c0219616_16471047.jpg

「青春18きっぷ」はもう一枚残っています。普通乗車券を一枚買い足し、もう一度鈍行列車を乗り継いで広島へ帰りました。鈍行列車には、途中駅から次々に赤いユニフォーム姿のカープファンが乗り込んできます。もちろん、マツダスタジアムでの応援のため。私たちも、もちろん!

故郷の味にも舌鼓。姉たちの手作り料理が「おふくろの味」でした。
2023年8月 『一度はやってみたかったこと、その2、青春18きっぷ』 August 2023 \"What I wanna do once in my life ②\"_c0219616_17025440.jpg
2023年8月 『一度はやってみたかったこと、その2、青春18きっぷ』 August 2023 \"What I wanna do once in my life ②\"_c0219616_17025457.jpg

最後の夜、ディープなお店のお好み焼で乾杯113.png
2023年8月 『一度はやってみたかったこと、その2、青春18きっぷ』 August 2023 \"What I wanna do once in my life ②\"_c0219616_17025389.jpg
思いっきり「青春18きっぷ」を楽しみました。

「やってみたいとずっと思っていること」ってありませんか?
今日こそあなたの人生の一番若い日、まだまだやれることはたくさんあります。
今日が良き日でありますように。

# by kobayashi-skin-c | 2023-11-06 17:37 | PHOTO & ESSAY | Comments(0)
2023年8月 『一度はやってみたかったこと、その1、麓から富士登山』 August 2023 "What I wanna do once in my life ①"
「やってみたいとずっと思っていること」ってありませんか?
まったく手が届かないことを思い続けても仕方ありませんが、チャレンジできそうなこと!
私にとっては、まだ体が動くときに、今しかない「やってみたかったこと」。

2023年8月 『一度はやってみたかったこと、その1、麓から富士登山』 August 2023 \"What I wanna do once in my life ①\"_c0219616_11213212.jpg

その1「麓から富士登山」

なんだ、そんなこと、と思われる方が多いかもしれませんが、富士山頂上まで登られた方の大半は五合目まで車かバスで行き、五合目登山口から登られたのではないでしょうか。今までに三回の富士登山経験がありますが、私もご多分に漏れず三回ともに五合目からでした。最初は1999年、20世紀最後の年の記念でした。2014年には頂上からスキーで滑り降りました。2016年にはモンブラン、マッターホルン登山のための高度順応のためでした。
2023年8月 『一度はやってみたかったこと、その1、麓から富士登山』 August 2023 \"What I wanna do once in my life ①\"_c0219616_11273441.jpg
2023年8月 『一度はやってみたかったこと、その1、麓から富士登山』 August 2023 \"What I wanna do once in my life ①\"_c0219616_11260359.jpg
2023年8月 『一度はやってみたかったこと、その1、麓から富士登山』 August 2023 \"What I wanna do once in my life ①\"_c0219616_11260285.jpg
「富士登山、一度も登らぬ馬鹿に二度登る馬鹿」とのことわざがあることをご存知ですか。4度目の富士に登ろうとする私は大馬鹿者?ではないのです。このことわざは古くから伝えられているもの。その時代に富士山観光道路なんてありません。みんな麓から登っていました。

というわけで「本物の富士初登山」にチャレンジです。
8月27日、乾癬学会を終えた翌日早朝、東京駅からの高速バス富士河口湖行きに乗り込み、富士山駅(富士吉田市)で下車。そこから歩き始めました。くそ暑かった東京に比べヒンヤリとしています。
2023年8月 『一度はやってみたかったこと、その1、麓から富士登山』 August 2023 \"What I wanna do once in my life ①\"_c0219616_11390265.jpg
真正面にで~~んと富士山。山頂は遠いです。まずは富士浅間神社北口本宮にお詣り。
2023年8月 『一度はやってみたかったこと、その1、麓から富士登山』 August 2023 \"What I wanna do once in my life ①\"_c0219616_11390202.jpg
2023年8月 『一度はやってみたかったこと、その1、麓から富士登山』 August 2023 \"What I wanna do once in my life ①\"_c0219616_11454158.jpg
ここが登山口なのです。太陽が上がるにつれて暑さが増す中、ひたすらダラダラと登ります。富士山麓樹海の中を進むのがせめてもの救いです。が、眺望はまったくありません。目指すは四合目の山小屋。ときおり下山してくる人が通り過ぎますが、静かです。10時に登山口を出発し、15時前、四合目佐藤小屋に到着しました。夕飯は名物カレー、おかわりをしました。この間、写真撮影なし。19時には就寝、目が覚めたら出発と決め、できれば頂上でご来光をと思いましたが、山小屋のご主人曰く「24時出発だね!」とのこと。目が覚めたのは1:00でした。
2023年8月 『一度はやってみたかったこと、その1、麓から富士登山』 August 2023 \"What I wanna do once in my life ①\"_c0219616_11390273.jpg
さあ、出発!誰も歩いていません。
ところが、5合目登山口からの登山道に合流すると、登山道には光の列!各合目の山小屋の前は仮眠をとる外国人だらけ、宿代を節約しての弾丸登山のようだ。9合目あたりで東の空が真っ赤になったが、ご来光は雲の中137.png そして山頂付近は人ごみでいっぱい、ほとんどが外国人146.png
2023年8月 『一度はやってみたかったこと、その1、麓から富士登山』 August 2023 \"What I wanna do once in my life ①\"_c0219616_11390251.jpg
外輪山を巡り最高峰剣ヶ峰に着くと、なんと長蛇の列153.png 
2023年8月 『一度はやってみたかったこと、その1、麓から富士登山』 August 2023 \"What I wanna do once in my life ①\"_c0219616_11390267.jpg
もう二度と来るものか!と思った私でした。
「一度やってみたかったこと」、さらに続きます。

# by kobayashi-skin-c | 2023-11-02 12:15 | PHOTO & ESSAY | Comments(0)