人気ブログランキング | 話題のタグを見る
2023年5月『四国遍路⑦最終編、涅槃の道場 讃岐の国』  May 2023, "⑦Shikoku-Henro, Sanukino-Kuni"
2023年5月『四国遍路⑦最終編、涅槃の道場 讃岐の国』  May 2023, \"⑦Shikoku-Henro, Sanukino-Kuni\"_c0219616_09370541.jpg
お遍路最終編、讃岐の国(香川県)です。残るは66番霊場雲辺寺から88番霊場大窪寺まで23寺。


5月13日、38日目

  分け入つても 分け入つても 青い山
         (種田山頭火)

お大師様生誕の地「讃岐の国(香川県)」に入りました。
この日は、お遍路中もっとも標高の高い66番霊場雲辺寺へ。岡田屋での朝食は、またまたお父さんがご飯をよそってくれます。そしてお接待にとお昼のおにぎりを持たせてくれました。なんと有難いことでしょう。
雲辺寺道は、お父さんから詳しく教えられた道順を辿り、難なく標高912mの霊場にいたりました。
2023年5月『四国遍路⑦最終編、涅槃の道場 讃岐の国』  May 2023, \"⑦Shikoku-Henro, Sanukino-Kuni\"_c0219616_06123120.jpg
2023年5月『四国遍路⑦最終編、涅槃の道場 讃岐の国』  May 2023, \"⑦Shikoku-Henro, Sanukino-Kuni\"_c0219616_06123225.jpg
標高912m雲辺寺からの眺めに、冒頭の山頭火の句を思い出しました。山頭火は日本全国の放浪の後、四国にわたりお遍路。形式にとらわれない多くの句をうたい、そして松山市で居をむすび最後を迎えました。

67番霊場大興寺では、「運慶」作の躍動感あふれる仁王像に迎えられました。観音寺市の68番、69番は同じ境内にあり、らくちん遍路でした。
2023年5月『四国遍路⑦最終編、涅槃の道場 讃岐の国』  May 2023, \"⑦Shikoku-Henro, Sanukino-Kuni\"_c0219616_06123208.jpg
2023年5月『四国遍路⑦最終編、涅槃の道場 讃岐の国』  May 2023, \"⑦Shikoku-Henro, Sanukino-Kuni\"_c0219616_06123257.jpg

5月14日、39日目

  青々と なんとのどかに 五重の塔

70番本山寺から75番善通寺まで、今日も一気に札を打ちました。善通寺はお大師様の生誕の地。立派な大伽藍を有し、多くの参拝客でにぎわっていました。今年はお大師様生誕1250年です。秘仏公開、大法要が営まれていましたが、再度衣子とともに訪れることとしました。
2023年5月『四国遍路⑦最終編、涅槃の道場 讃岐の国』  May 2023, \"⑦Shikoku-Henro, Sanukino-Kuni\"_c0219616_06265303.jpg
2023年5月『四国遍路⑦最終編、涅槃の道場 讃岐の国』  May 2023, \"⑦Shikoku-Henro, Sanukino-Kuni\"_c0219616_06271395.jpg
2023年5月『四国遍路⑦最終編、涅槃の道場 讃岐の国』  May 2023, \"⑦Shikoku-Henro, Sanukino-Kuni\"_c0219616_06244961.jpg

5月15日、40日目

  讃岐では 金色麦と 緑の池

とくれば、うどん!ですね。
2023年5月『四国遍路⑦最終編、涅槃の道場 讃岐の国』  May 2023, \"⑦Shikoku-Henro, Sanukino-Kuni\"_c0219616_06123232.jpg
2023年5月『四国遍路⑦最終編、涅槃の道場 讃岐の国』  May 2023, \"⑦Shikoku-Henro, Sanukino-Kuni\"_c0219616_06364062.jpg
2023年5月『四国遍路⑦最終編、涅槃の道場 讃岐の国』  May 2023, \"⑦Shikoku-Henro, Sanukino-Kuni\"_c0219616_06364061.jpg
善通寺を出発して高松市に入ります。田園の中を歩いていると、まわりがほとんど麦畑であることに気づきます。雨が少ない讃岐の国では昔からため池を作り、稲作よりも麦が選ばれたのでしょうか。それとも、うどんを作るためだったのでしょうか。この日も一気に76番霊場から80番霊場まで5ヶ寺に札を打ちました。うどんも絶好調でいただきました。

有難き言葉、その① 76番霊場金倉寺のトイレ
2023年5月『四国遍路⑦最終編、涅槃の道場 讃岐の国』  May 2023, \"⑦Shikoku-Henro, Sanukino-Kuni\"_c0219616_08252278.jpg
有難き言葉、その② 遍路小屋の壁
2023年5月『四国遍路⑦最終編、涅槃の道場 讃岐の国』  May 2023, \"⑦Shikoku-Henro, Sanukino-Kuni\"_c0219616_08305834.jpg

有難き言葉、その③ お宿の廊下
     今日がこの人生の
     一番若い日です
     これからでもおそくはない
     やれることはいくらでもある


5月16日、41日目

  初夏の 深い森の中 そっとお接待

高松と坂出の間、標高400mの山並みの中に81番霊場白峯寺と82番根香寺が立つ。白峯寺には四国で唯一の御陵がある。平安時代末期の「保元の乱」に敗れた崇徳上皇が讃岐に流され、この地で崩御。京の都ではその後異変が頻発し、崇徳上皇の怨霊の仕業と考えられた。このため26年後、後鳥羽天皇がこの地に御陵を建立し、崇徳上皇の霊を祀ったそうな。
2023年5月『四国遍路⑦最終編、涅槃の道場 讃岐の国』  May 2023, \"⑦Shikoku-Henro, Sanukino-Kuni\"_c0219616_09090495.jpg

山路の81番と82番の間、遍路道に「景子ちゃんの接待所」と書かれた箱が置かれていた。箱の中には飲み物とお菓子。この山中、むろんあたりには誰もいない。何よりの励ましでした。

    ありがたきかな 同行二人
2023年5月『四国遍路⑦最終編、涅槃の道場 讃岐の国』  May 2023, \"⑦Shikoku-Henro, Sanukino-Kuni\"_c0219616_09093933.jpg

狸からも励まされました😲 遍路道の向こうに黒い生き物、すわイノシシ!と身構えましたが、よく見ると狸。近付くとすぐに森の中に消えました。ところが、その数分後に私は道迷いをしました。狸、あなどるべからず。引き返して83番一宮寺へ。
2023年5月『四国遍路⑦最終編、涅槃の道場 讃岐の国』  May 2023, \"⑦Shikoku-Henro, Sanukino-Kuni\"_c0219616_09093962.jpg

5月17日、42日目

  遍路道 みなが背負う 生命と死

2023年5月『四国遍路⑦最終編、涅槃の道場 讃岐の国』  May 2023, \"⑦Shikoku-Henro, Sanukino-Kuni\"_c0219616_09252940.jpg
88番霊場大窪寺に札を打ち「結願」しました。遍路旅のブログにお付き合いくださり誠にありがとうございます。お見苦しいばかりの自撮り写真の数々、そして恥ずかしいばかりの駄句の数々をお許しください。無事八十八ヶ寺を巡り終え、私が得たことは何だったでしょうか。「悟り」とか「解脱」といった心持ではけっしてありません。目指したチャレンジの達成感でもありません。何か心静かに思うのは「人として生きていく力をもらった」ということでしょうか。

   自らを知り 自らにおごらず
   自らに挑み 自らを超える
   日々人生遍路
2023年5月『四国遍路⑦最終編、涅槃の道場 讃岐の国』  May 2023, \"⑦Shikoku-Henro, Sanukino-Kuni\"_c0219616_09252133.jpg
2023年5月『四国遍路⑦最終編、涅槃の道場 讃岐の国』  May 2023, \"⑦Shikoku-Henro, Sanukino-Kuni\"_c0219616_09252191.jpg


5月18日、43日目、5月19日、44日目

88番から1番霊場霊山寺へ。四国一周の輪を閉じたわけです。今日一緒に霊山寺山門をくぐったのはフランス人フランクさん、ドイツ人サビーナさんでした。彼らの笑顔も安堵と誇らしさに満ち溢れていました。
2023年5月『四国遍路⑦最終編、涅槃の道場 讃岐の国』  May 2023, \"⑦Shikoku-Henro, Sanukino-Kuni\"_c0219616_09332671.jpg
44日間、歩いた距離1223.6km、登った高さ25,264mでした。皆さんに、お大師様に感謝です。
しばらくは四国に留まり、まだ冒険とロマンの旅を続けます。



# by kobayashi-skin-c | 2023-06-30 09:53 | PHOTO & ESSAY | Comments(0)
2023年5月『四国遍路⑥・菩提の道場 伊予の国後編』 April, May 2023, "⑥Shikoku-Henro, IyonoKuni Part 3"
伊予の国は前、中、後編となってしまいました。

5月7日、32日目

 衣子去り 今日からまた雨 一人お遍路

 衣子去り 今日からまた雨 自撮りお遍路

松山の町は朝から涙雨。また一人、雨の中お遍路歩きを再開。濡れそぼりながら「何で歩いているんだろう」、と考えてしまいました。その答えはなかなか見つかりません。ただ「止まることはできない」ことは確かです。
2023年5月『四国遍路⑥・菩提の道場 伊予の国後編』 April, May 2023, \"⑥Shikoku-Henro, IyonoKuni Part 3\"_c0219616_18102405.jpg
2023年5月『四国遍路⑥・菩提の道場 伊予の国後編』 April, May 2023, \"⑥Shikoku-Henro, IyonoKuni Part 3\"_c0219616_18102460.jpg
2023年5月『四国遍路⑥・菩提の道場 伊予の国後編』 April, May 2023, \"⑥Shikoku-Henro, IyonoKuni Part 3\"_c0219616_18102476.jpg
びしょびしょになりながら32.4㎞、海辺の民宿でお世話になりました。民宿のお父さん、お母さんの暖かさが忘れられません。


5月8日、33日目

  陽射し浴び 一人遍路も ルルルンルン🎶🎶

翌朝は快晴でした。ふたたび童謡を口ずさみながら、歩く楽しさを取り戻しました。今治の町を通り抜け、今日は54番、55番、56番、57番、そして58番仙遊寺に札を打ち、仙遊寺宿坊のお世話になりました
2023年5月『四国遍路⑥・菩提の道場 伊予の国後編』 April, May 2023, \"⑥Shikoku-Henro, IyonoKuni Part 3\"_c0219616_18205391.jpg
2023年5月『四国遍路⑥・菩提の道場 伊予の国後編』 April, May 2023, \"⑥Shikoku-Henro, IyonoKuni Part 3\"_c0219616_18205450.jpg
瀬戸内海を望みながら自撮り旅! 下の写真も自撮りなのが分かりますか?
2023年5月『四国遍路⑥・菩提の道場 伊予の国後編』 April, May 2023, \"⑥Shikoku-Henro, IyonoKuni Part 3\"_c0219616_18205448.jpg
2023年5月『四国遍路⑥・菩提の道場 伊予の国後編』 April, May 2023, \"⑥Shikoku-Henro, IyonoKuni Part 3\"_c0219616_18203261.jpg
56番泰山寺ではラインハルトと足摺岬以来久々の再会。ラインハルトはドイツからの来訪。サンチャゴ・デ・コンポステーラ巡礼を3回辿ったとのこと。


58番仙遊寺は瀬戸内海を望む山中の美しいお寺。
2023年5月『四国遍路⑥・菩提の道場 伊予の国後編』 April, May 2023, \"⑥Shikoku-Henro, IyonoKuni Part 3\"_c0219616_18264845.jpg
2023年5月『四国遍路⑥・菩提の道場 伊予の国後編』 April, May 2023, \"⑥Shikoku-Henro, IyonoKuni Part 3\"_c0219616_18205481.jpg

5月9日、34日目

  ほのぼのと 瀬戸の日の出 仙遊寺
2023年5月『四国遍路⑥・菩提の道場 伊予の国後編』 April, May 2023, \"⑥Shikoku-Henro, IyonoKuni Part 3\"_c0219616_04381583.jpg
2023年5月『四国遍路⑥・菩提の道場 伊予の国後編』 April, May 2023, \"⑥Shikoku-Henro, IyonoKuni Part 3\"_c0219616_04381562.jpg
宿坊に泊まると朝6時から勤行があります。お寺により多少作法は異なりますが、本堂に集まり着席。ご本尊様の前でお経を唱える和尚さんとともに、開経偈(かいぎょうげ)、般若心経(はんにゃしんぎょう)、御本尊真言(ごほんぞんしんごん)、光明真言(こうみょうしんごん)、御宝号(ごほうごう)、回向文(えこうもん)を皆で合唱します。そして焼香、さらに和尚さんのお説教と続き、これが30‐60分でその後に朝食となります。通常のお詣り(札打ち)では本堂の中に入ることは許されず、ご本尊のお姿も外から暗がりを通して少し垣間見ることができるだけですが、勤行の際には間近で相対します。ご本尊以外にも寺宝の仏像、曼陀羅図も見ることができます。通常は写真の撮影はできませんが、仙遊寺和尚さんからは「自由に撮っていいですよ」とのこと。そしてお説教はユーモアたっぷりで、腹を抱えて笑いました。笑うっていいことですね。穏やかな朝を迎えることができます。

この日は59番霊場国分寺に札を打ち、海から山へ。「遍路ころがし」60番霊場横峰寺が立つ石鎚山中腹に向かって歩みを進めました。
2023年5月『四国遍路⑥・菩提の道場 伊予の国後編』 April, May 2023, \"⑥Shikoku-Henro, IyonoKuni Part 3\"_c0219616_04474622.jpg
2023年5月『四国遍路⑥・菩提の道場 伊予の国後編』 April, May 2023, \"⑥Shikoku-Henro, IyonoKuni Part 3\"_c0219616_04495488.jpg
2023年5月『四国遍路⑥・菩提の道場 伊予の国後編』 April, May 2023, \"⑥Shikoku-Henro, IyonoKuni Part 3\"_c0219616_04495407.jpg

5月10日、35日目

  極楽か 花の浄土の 横峰寺

「遍路ころがし」横峰寺遍路道はすてきな山道でした。急流の妙谷川に沿って息を切らせながら急坂を登り、そして待っていたのは極楽かと見まがうばかりの花のお寺でした。60番霊場横峰寺。
2023年5月『四国遍路⑥・菩提の道場 伊予の国後編』 April, May 2023, \"⑥Shikoku-Henro, IyonoKuni Part 3\"_c0219616_04551166.jpg
2023年5月『四国遍路⑥・菩提の道場 伊予の国後編』 April, May 2023, \"⑥Shikoku-Henro, IyonoKuni Part 3\"_c0219616_04551124.jpg
2023年5月『四国遍路⑥・菩提の道場 伊予の国後編』 April, May 2023, \"⑥Shikoku-Henro, IyonoKuni Part 3\"_c0219616_04551146.jpg
2023年5月『四国遍路⑥・菩提の道場 伊予の国後編』 April, May 2023, \"⑥Shikoku-Henro, IyonoKuni Part 3\"_c0219616_04551162.jpg
さらに奥に進むと、石鎚山を眼前に拝むことができる星ガ森に出ました。ここで標高780m、石鎚山は1982mあります。
2023年5月『四国遍路⑥・菩提の道場 伊予の国後編』 April, May 2023, \"⑥Shikoku-Henro, IyonoKuni Part 3\"_c0219616_04551120.jpg
2023年5月『四国遍路⑥・菩提の道場 伊予の国後編』 April, May 2023, \"⑥Shikoku-Henro, IyonoKuni Part 3\"_c0219616_04551132.jpg
ここからも石鎚山に登ることはできますが、体力と身の安全を考えて、先にとっておきましょう。下山して伊予小松市にある61番霊場香園寺、62番宝寿寺に札を打ちました。


5月11日、36日目

  襖一つ イビキ高らかに 隣部屋

朝一番で、63番霊場吉祥寺、64番前神寺に札を打ちましたが、この日は体調不良。遍路中一番大切なのが健康。中でも快食、快眠、快便だとたいへん気持ちよく歩けます。ところが、年齢のせいか快眠がいまいち。昨晩のようなこともあるし、疲れていても必ずしもぐっすり眠れません。お酒を飲んだ方がいいのか、飲まない方がいいのか、いろいろ試しましたがよく分かりません。新居浜市の工業地帯を横目にひたすら平地を34.0㎞、四国中央市(旧土居町)に宿をとりました。
2023年5月『四国遍路⑥・菩提の道場 伊予の国後編』 April, May 2023, \"⑥Shikoku-Henro, IyonoKuni Part 3\"_c0219616_05282107.jpg
2023年5月『四国遍路⑥・菩提の道場 伊予の国後編』 April, May 2023, \"⑥Shikoku-Henro, IyonoKuni Part 3\"_c0219616_05282157.jpg

新居浜市で食べた卵ぶっかけうどん。美味しかった!もうすぐ香川県に入る。讃岐の国ではもっと美味しいのだろうなあ。
2023年5月『四国遍路⑥・菩提の道場 伊予の国後編』 April, May 2023, \"⑥Shikoku-Henro, IyonoKuni Part 3\"_c0219616_05282508.jpg

5月12日、37日目

  谷わたる うぐいすの声 境目峠

  伊予・讃岐 阿波にまたがる 境目峠
2023年5月『四国遍路⑥・菩提の道場 伊予の国後編』 April, May 2023, \"⑥Shikoku-Henro, IyonoKuni Part 3\"_c0219616_05401849.jpg
境目峠とは分かりやすい、いよいよ伊予の国(愛媛県)から讃岐の国(香川県)に入ったかと思いきや、どうも阿波の国(徳島県)に入ったらしい。峠の頂上の道標には「是より東徳島県三好郡」とある。三県がこの辺りで交わっている。峠を越えて、お遍路さん名物民宿の「岡田屋」さん!極楽でした。宿でまず有難いのが「お風呂ができていますよ」、そして日課の洗濯・物干しを終え、日課のビール!何より宿の方々の暖かい言葉、思いやり、すべてがご接待です。
2023年5月『四国遍路⑥・菩提の道場 伊予の国後編』 April, May 2023, \"⑥Shikoku-Henro, IyonoKuni Part 3\"_c0219616_05401862.jpg
御歳94!食事中ご飯をよそってくれます。そして明日の「遍路ころがし」雲辺寺道を手作りの地図で詳しく教えてくださいました。
2023年5月『四国遍路⑥・菩提の道場 伊予の国後編』 April, May 2023, \"⑥Shikoku-Henro, IyonoKuni Part 3\"_c0219616_05401892.jpg
今日は65番霊場三角寺に札を打ちました。
2023年5月『四国遍路⑥・菩提の道場 伊予の国後編』 April, May 2023, \"⑥Shikoku-Henro, IyonoKuni Part 3\"_c0219616_05401846.jpg
明日は遍路中もっとも標高の高い雲辺寺、そしてお大師様が生まれた讃岐の国(香川県)に入ります。

# by kobayashi-skin-c | 2023-06-30 06:01 | PHOTO & ESSAY | Comments(0)
2023年5月『四国遍路⑤・菩提の道場 伊予の国中編』 May 2023, "⑤Shikoku-Henro, IyonoKuni Part 2"
四国遍路「菩提の道場」伊予の国中編です。

5月1日、26日目

 お遍路に 太陽を連れて やってきた

これぞ五月晴れ!衣子が合流して、一昨日の大雨が噓のよう。
2023年5月『四国遍路⑤・菩提の道場 伊予の国中編』 May 2023, \"⑤Shikoku-Henro, IyonoKuni Part 2\"_c0219616_15583668.jpg
伊予大洲から内子の町へ。内子も古い町並みが残された素敵な町です。途中、お大師様が橋の下で一夜を過ごしたという遺跡「十夜ヶ橋」があり、お大師様の寝姿の像が安置されています。お遍路はこの橋を渡るときは、お大師様の眠りを妨げないよう杖をつかない約束となっています。
2023年5月『四国遍路⑤・菩提の道場 伊予の国中編』 May 2023, \"⑤Shikoku-Henro, IyonoKuni Part 2\"_c0219616_15583634.jpg
2023年5月『四国遍路⑤・菩提の道場 伊予の国中編』 May 2023, \"⑤Shikoku-Henro, IyonoKuni Part 2\"_c0219616_15583777.jpg
二人一緒に、はいポーズ!

2023年5月『四国遍路⑤・菩提の道場 伊予の国中編』 May 2023, \"⑤Shikoku-Henro, IyonoKuni Part 2\"_c0219616_15583797.jpg
静かでやすらぐ町です。肱川の中州にかかる橋。爽やかな風に乗って鯉のぼりがはためきます。
2023年5月『四国遍路⑤・菩提の道場 伊予の国中編』 May 2023, \"⑤Shikoku-Henro, IyonoKuni Part 2\"_c0219616_15583705.jpg
2023年5月『四国遍路⑤・菩提の道場 伊予の国中編』 May 2023, \"⑤Shikoku-Henro, IyonoKuni Part 2\"_c0219616_15583750.jpg
古い町家がお遍路ハウスとなっていました。今日はここに宿泊。
2023年5月『四国遍路⑤・菩提の道場 伊予の国中編』 May 2023, \"⑤Shikoku-Henro, IyonoKuni Part 2\"_c0219616_16304198.jpg
一昨日札を打った43番明石寺から次の44番までは70.5㎞の長丁場。この日はのんびり英気を養いました。


5月2日、27日目

 名にしおう 岩屋の寺の よじ登り

この日は札を打つ順番を44番から45番岩屋寺に変更し、標高の高い岩屋寺から逆に明日44番霊場大宝寺を回ることとしました。岩屋寺は奇岩の聳える標高670mの山の中、厳しくもおごそかな山寺でした。
2023年5月『四国遍路⑤・菩提の道場 伊予の国中編』 May 2023, \"⑤Shikoku-Henro, IyonoKuni Part 2\"_c0219616_16410360.jpg
2023年5月『四国遍路⑤・菩提の道場 伊予の国中編』 May 2023, \"⑤Shikoku-Henro, IyonoKuni Part 2\"_c0219616_16410437.jpg
2023年5月『四国遍路⑤・菩提の道場 伊予の国中編』 May 2023, \"⑤Shikoku-Henro, IyonoKuni Part 2\"_c0219616_16410479.jpg

45番札所 おてん婆さん 挑む!
2023年5月『四国遍路⑤・菩提の道場 伊予の国中編』 May 2023, \"⑤Shikoku-Henro, IyonoKuni Part 2\"_c0219616_16410446.jpg
2023年5月『四国遍路⑤・菩提の道場 伊予の国中編』 May 2023, \"⑤Shikoku-Henro, IyonoKuni Part 2\"_c0219616_16410486.jpg
2023年5月『四国遍路⑤・菩提の道場 伊予の国中編』 May 2023, \"⑤Shikoku-Henro, IyonoKuni Part 2\"_c0219616_16410449.jpg
2023年5月『四国遍路⑤・菩提の道場 伊予の国中編』 May 2023, \"⑤Shikoku-Henro, IyonoKuni Part 2\"_c0219616_16410405.jpg


5月3日、28日目

  千年の 杉木立 四十四番寺

44番大宝寺も山深い森の中に立つおごそかな寺院。心洗われる心地でした。
2023年5月『四国遍路⑤・菩提の道場 伊予の国中編』 May 2023, \"⑤Shikoku-Henro, IyonoKuni Part 2\"_c0219616_16470449.jpg
2023年5月『四国遍路⑤・菩提の道場 伊予の国中編』 May 2023, \"⑤Shikoku-Henro, IyonoKuni Part 2\"_c0219616_16470561.jpg
2023年5月『四国遍路⑤・菩提の道場 伊予の国中編』 May 2023, \"⑤Shikoku-Henro, IyonoKuni Part 2\"_c0219616_16470553.jpg
2023年5月『四国遍路⑤・菩提の道場 伊予の国中編』 May 2023, \"⑤Shikoku-Henro, IyonoKuni Part 2\"_c0219616_16470506.jpg
2023年5月『四国遍路⑤・菩提の道場 伊予の国中編』 May 2023, \"⑤Shikoku-Henro, IyonoKuni Part 2\"_c0219616_16470454.jpg

久万高原の町ではこんな可愛いお大師様にも会いました。
2023年5月『四国遍路⑤・菩提の道場 伊予の国中編』 May 2023, \"⑤Shikoku-Henro, IyonoKuni Part 2\"_c0219616_16470535.jpg

久万高原の山中にある宿は食事が出ないため、町のスーパーでビール、じゃこ天、タケノコ、巻き寿司、いなり寿司を仕入れて晩御飯。標高が高いため夜は冷える。囲炉裏と薪ストーブが備えられていたのが嬉しかった。
2023年5月『四国遍路⑤・菩提の道場 伊予の国中編』 May 2023, \"⑤Shikoku-Henro, IyonoKuni Part 2\"_c0219616_16470572.jpg

5月4日、29日目

  峠越え 瀬戸内の海 わがふるさと

久万高原から三坂峠を越えると、眼前に松山平野、瀬戸内海が広がった。太平洋とはまったく異なる、宇和の海とも違う。穏やかな海だ。
2023年5月『四国遍路⑤・菩提の道場 伊予の国中編』 May 2023, \"⑤Shikoku-Henro, IyonoKuni Part 2\"_c0219616_17051995.jpg
  句(うた)を詠む 心に響け 子規(ほととぎす)

峠を下ると46番霊場浄瑠璃寺、47番八坂寺が待っていた。伊予松山は正岡子規の生まれた土地がら、多くの句碑が立つ。
2023年5月『四国遍路⑤・菩提の道場 伊予の国中編』 May 2023, \"⑤Shikoku-Henro, IyonoKuni Part 2\"_c0219616_17051952.jpg
2023年5月『四国遍路⑤・菩提の道場 伊予の国中編』 May 2023, \"⑤Shikoku-Henro, IyonoKuni Part 2\"_c0219616_17051901.jpg
2023年5月『四国遍路⑤・菩提の道場 伊予の国中編』 May 2023, \"⑤Shikoku-Henro, IyonoKuni Part 2\"_c0219616_17051875.jpg
2023年5月『四国遍路⑤・菩提の道場 伊予の国中編』 May 2023, \"⑤Shikoku-Henro, IyonoKuni Part 2\"_c0219616_17051985.jpg
2023年5月『四国遍路⑤・菩提の道場 伊予の国中編』 May 2023, \"⑤Shikoku-Henro, IyonoKuni Part 2\"_c0219616_17051906.jpg
2023年5月『四国遍路⑤・菩提の道場 伊予の国中編』 May 2023, \"⑤Shikoku-Henro, IyonoKuni Part 2\"_c0219616_17051958.jpg
浄瑠璃寺のボタンが満開でした。


5月5日、30日目

  お遍路に 順風送れ 鯉のぼり

今日は「こどもの日」。札幌を出発してちょうど1ヶ月が経った。幸い体調は良く、怪我をした左足首も大丈夫だ。お遍路途次に見上げた鯉のぼり三景(高知県安芸市、高知県久礼、愛媛県内子町)。
2023年5月『四国遍路⑤・菩提の道場 伊予の国中編』 May 2023, \"⑤Shikoku-Henro, IyonoKuni Part 2\"_c0219616_17134208.jpg
2023年5月『四国遍路⑤・菩提の道場 伊予の国中編』 May 2023, \"⑤Shikoku-Henro, IyonoKuni Part 2\"_c0219616_17143009.jpg
2023年5月『四国遍路⑤・菩提の道場 伊予の国中編』 May 2023, \"⑤Shikoku-Henro, IyonoKuni Part 2\"_c0219616_17155320.jpg
松山の町が近付いて霊場が次々に続く。
2023年5月『四国遍路⑤・菩提の道場 伊予の国中編』 May 2023, \"⑤Shikoku-Henro, IyonoKuni Part 2\"_c0219616_17312191.jpg
2023年5月『四国遍路⑤・菩提の道場 伊予の国中編』 May 2023, \"⑤Shikoku-Henro, IyonoKuni Part 2\"_c0219616_17312167.jpg
2023年5月『四国遍路⑤・菩提の道場 伊予の国中編』 May 2023, \"⑤Shikoku-Henro, IyonoKuni Part 2\"_c0219616_17312127.jpg
2023年5月『四国遍路⑤・菩提の道場 伊予の国中編』 May 2023, \"⑤Shikoku-Henro, IyonoKuni Part 2\"_c0219616_17312129.jpg

そして、今日の宿泊地道後温泉に到着した。
2023年5月『四国遍路⑤・菩提の道場 伊予の国中編』 May 2023, \"⑤Shikoku-Henro, IyonoKuni Part 2\"_c0219616_17385094.jpg
コロナが一段落したためか、連休のためか、道後温泉は人でごった返していた。ここは別世界か

  別世界 こっちか遍路か とまどう我


5月6日、31日目
休息をかねて、今日は松山市内をのんびりと観光です。
まず朝一番「道後温泉本館」へ。激込み、と聞いていたので5時半に行くと、すでに長蛇の列。結局11時の予約整理券を手に入れた。
2023年5月『四国遍路⑤・菩提の道場 伊予の国中編』 May 2023, \"⑤Shikoku-Henro, IyonoKuni Part 2\"_c0219616_17461591.jpg
道後温泉本館は令和の大改修工事中。建物全体がすっぽりとラッピングされていました。お遍路中の私にとって、やはりこの光景が「別世界」ですね。

お遍路サイドウォーク。
フラワームーン レトロ電車で 松山城
2023年5月『四国遍路⑤・菩提の道場 伊予の国中編』 May 2023, \"⑤Shikoku-Henro, IyonoKuni Part 2\"_c0219616_17493790.jpg
2023年5月『四国遍路⑤・菩提の道場 伊予の国中編』 May 2023, \"⑤Shikoku-Henro, IyonoKuni Part 2\"_c0219616_17493776.jpg
2023年5月『四国遍路⑤・菩提の道場 伊予の国中編』 May 2023, \"⑤Shikoku-Henro, IyonoKuni Part 2\"_c0219616_17493745.jpg
お遍路さんはもちろん歩いて登城です。

道後温泉入浴シーンの撮影は無理ですが、…………
2023年5月『四国遍路⑤・菩提の道場 伊予の国中編』 May 2023, \"⑤Shikoku-Henro, IyonoKuni Part 2\"_c0219616_17522656.jpg
明日、衣子は札幌に帰ります。



# by kobayashi-skin-c | 2023-06-29 18:02 | PHOTO & ESSAY | Comments(0)
2023年4月『四国遍路④・菩提の道場 伊予の国前編』 April 2023, "④Shikoku-Henro, IyonoKuni Part 1"
阿波の国(徳島県)鳴門市を出発し、長かった土佐の国(高知県)をひたすら歩き、今日からいよいよ伊予です! 連休中は、衣子が合流します。
2023年4月『四国遍路④・菩提の道場 伊予の国前編』 April 2023, \"④Shikoku-Henro, IyonoKuni Part 1\"_c0219616_11512653.jpg
ネットから拝借した上のお遍路地図には県名、県境が記されていませんね。失礼しました。四国の左下「観自在寺40」から上辺「三角寺65」までが伊予の国「菩提の道場」です。伊予の国も大きく長く、ここは前・中・後編に分けて報告いたします。


4月27日、22日目

峠来て 国境(くにざかい)から 宇和の海

2023年4月『四国遍路④・菩提の道場 伊予の国前編』 April 2023, \"④Shikoku-Henro, IyonoKuni Part 1\"_c0219616_12034334.jpg
峠越えはフランスから来たフランクさんと一緒でした。

伊予の国遍路は「菩提の道場」と称される。土佐の国はまさに「修行の道場」でした。松尾峠を越えて伊予の国に足を踏み入れると、気候も景色も匂いも悟りが近いことを知らせている、とは思い過ごしかしら。

   芳しき みかんの花の 咲く峠
2023年4月『四国遍路④・菩提の道場 伊予の国前編』 April 2023, \"④Shikoku-Henro, IyonoKuni Part 1\"_c0219616_12034215.jpg
ミカンの花と愛南ゴールド
2023年4月『四国遍路④・菩提の道場 伊予の国前編』 April 2023, \"④Shikoku-Henro, IyonoKuni Part 1\"_c0219616_12034258.jpg

そして伊予の国と言えば「鯛」! あれっ、写真はカツオですね😅
2023年4月『四国遍路④・菩提の道場 伊予の国前編』 April 2023, \"④Shikoku-Henro, IyonoKuni Part 1\"_c0219616_12034387.jpg
2023年4月『四国遍路④・菩提の道場 伊予の国前編』 April 2023, \"④Shikoku-Henro, IyonoKuni Part 1\"_c0219616_12034393.jpg
そして、40番札所観自在寺に迎えられました。


4月28日、23日目
南伊予、津島の町に来ています。のどかで、静かで、心が静まります。50.1㎞ある40番と41番の間、美しい宇和海を眺めながらの遍路道です。
2023年4月『四国遍路④・菩提の道場 伊予の国前編』 April 2023, \"④Shikoku-Henro, IyonoKuni Part 1\"_c0219616_12195171.jpg
2023年4月『四国遍路④・菩提の道場 伊予の国前編』 April 2023, \"④Shikoku-Henro, IyonoKuni Part 1\"_c0219616_12195148.jpg

  宇和の海 みかんのかほり そして我
2023年4月『四国遍路④・菩提の道場 伊予の国前編』 April 2023, \"④Shikoku-Henro, IyonoKuni Part 1\"_c0219616_12195198.jpg


  また来るぞ さけびし向こうに 宇和の海
2023年4月『四国遍路④・菩提の道場 伊予の国前編』 April 2023, \"④Shikoku-Henro, IyonoKuni Part 1\"_c0219616_12195275.jpg

そして「鯛」!
2023年4月『四国遍路④・菩提の道場 伊予の国前編』 April 2023, \"④Shikoku-Henro, IyonoKuni Part 1\"_c0219616_12195243.jpg
2023年4月『四国遍路④・菩提の道場 伊予の国前編』 April 2023, \"④Shikoku-Henro, IyonoKuni Part 1\"_c0219616_12195247.jpg
現存天守の一つ宇和島城。現存天守とは江戸時代以前に創建され、 現在まで残っている天守 (改修含む)のことです。 全国で 12城残っており 、四国には高知城、宇和島城、松山城、丸亀城が残っています。


4月29日、24日目

  霧登る 歯長峠 ただ一人

伊予の国も修行です。この日は終日雨。41番霊場龍光寺、42番霊場仏木寺に札を打ち濡れながら歯長峠を越えました。
2023年4月『四国遍路④・菩提の道場 伊予の国前編』 April 2023, \"④Shikoku-Henro, IyonoKuni Part 1\"_c0219616_12373616.jpg
2023年4月『四国遍路④・菩提の道場 伊予の国前編』 April 2023, \"④Shikoku-Henro, IyonoKuni Part 1\"_c0219616_12373615.jpg
2023年4月『四国遍路④・菩提の道場 伊予の国前編』 April 2023, \"④Shikoku-Henro, IyonoKuni Part 1\"_c0219616_12373670.jpg
2023年4月『四国遍路④・菩提の道場 伊予の国前編』 April 2023, \"④Shikoku-Henro, IyonoKuni Part 1\"_c0219616_12373674.jpg
2023年4月『四国遍路④・菩提の道場 伊予の国前編』 April 2023, \"④Shikoku-Henro, IyonoKuni Part 1\"_c0219616_12373647.jpg
終日、歩きお遍路には誰一人会うことはありませんでしたが、峠下の宿では新しいお遍路フレンドに巡り合いました。


4月30日、25日目

  ひらりひらり お前も遍路 アゲハチョウ

April come she will ........ (サイモンとガーファンクル)

お遍路道でアゲハ蝶がまとわりつくように飛び回ります。今日は4月最後の日、特別な日です。衣子が札幌から合流します。
2023年4月『四国遍路④・菩提の道場 伊予の国前編』 April 2023, \"④Shikoku-Henro, IyonoKuni Part 1\"_c0219616_12440416.jpg
朝一番で43番霊場明石寺に札を打ち、大洲市内の宿で待ち合わせ。
2023年4月『四国遍路④・菩提の道場 伊予の国前編』 April 2023, \"④Shikoku-Henro, IyonoKuni Part 1\"_c0219616_15395343.jpg
2023年4月『四国遍路④・菩提の道場 伊予の国前編』 April 2023, \"④Shikoku-Henro, IyonoKuni Part 1\"_c0219616_15395349.jpg
2023年4月『四国遍路④・菩提の道場 伊予の国前編』 April 2023, \"④Shikoku-Henro, IyonoKuni Part 1\"_c0219616_15395304.jpg
2023年4月『四国遍路④・菩提の道場 伊予の国前編』 April 2023, \"④Shikoku-Henro, IyonoKuni Part 1\"_c0219616_15395323.jpg
肱川のたもとに広がる大洲の町は古い町並みが残る美しいところです。お遍路姿から浴衣に着替え、街中をそぞろ歩き。お遍路歩きとはだいぶ趣きが異なります。ここから6日間、衣子と一緒にお遍路です。

# by kobayashi-skin-c | 2023-06-29 15:52 | PHOTO & ESSAY | Comments(0)
2023年4月『四国遍路③・修行の道場土佐の国 後編』 April 2023, "③Shikoku-Henro, TosanoKuni Part 2"
2023年4月『四国遍路③・修行の道場土佐の国 後編』 April 2023, \"③Shikoku-Henro, TosanoKuni Part 2\"_c0219616_10070833.jpg
おさらいをしておきましょう。今は高知県(土佐の国)、弓なりの土佐湾の真ん中あたりまで来ています。


4月20日、15日目

  かがみの海 のりあい船で 行く遍路

昨日札を打った36番青龍寺から次の37番霊場岩本寺までが60.0㎞、そしてその次の38番霊場金剛福寺までがさらに94.2㎞。土佐の国が「修行の道場」と言われる所以でしょうか。この日は朝早く宿を出て船着き場へ。宇佐湾に続く浦の内湾(横波三里)を船で渡ります。なんでもお大師様も青龍寺へ行くときは船で渡ったと伝えられているのです。ですからこの渡し船も正式なお遍路コースなのです。
2023年4月『四国遍路③・修行の道場土佐の国 後編』 April 2023, \"③Shikoku-Henro, TosanoKuni Part 2\"_c0219616_17554342.jpg
2023年4月『四国遍路③・修行の道場土佐の国 後編』 April 2023, \"③Shikoku-Henro, TosanoKuni Part 2\"_c0219616_17554421.jpg
2023年4月『四国遍路③・修行の道場土佐の国 後編』 April 2023, \"③Shikoku-Henro, TosanoKuni Part 2\"_c0219616_17554454.jpg
船で約10㎞進み、横浪で下船した後、27.4㎞。中土佐町久礼の町に着きました。知っている方は少ないかもしれません。久礼はカツオの町。昔、純平と八千代が暮らしていました。
2023年4月『四国遍路③・修行の道場土佐の国 後編』 April 2023, \"③Shikoku-Henro, TosanoKuni Part 2\"_c0219616_18001533.jpg
港に出ると純平と八千代!?
2023年4月『四国遍路③・修行の道場土佐の国 後編』 April 2023, \"③Shikoku-Henro, TosanoKuni Part 2\"_c0219616_18010525.jpg
カツオのたたきを目当てに町の大正市場へと向かいましたが、「この3日間カツオの水揚げがない」とのこと。仕方なくイサキのたたきを買ったところ、お接待にとご飯、タケノコのおひたし、カツオの燻製を持たしてくれました。
2023年4月『四国遍路③・修行の道場土佐の国 後編』 April 2023, \"③Shikoku-Henro, TosanoKuni Part 2\"_c0219616_18070487.jpg
お接待をいただきながらこの夜は久礼で宿泊。


4月21日、16日目

  四万十の 夢にまでみた うなぎ喰らう
  四万十の 清き流れに アイシング
2023年4月『四国遍路③・修行の道場土佐の国 後編』 April 2023, \"③Shikoku-Henro, TosanoKuni Part 2\"_c0219616_18214364.jpg
久礼の町を出発し25.9㎞、37番霊場岩本寺へ。この日は足がはかどりました。お昼過ぎには岩本寺のある四万十町に入りました。その理由は、「うなぎ」!「うなきち」と呼ばれる名店があり、ちょうど話題になっていた「うな丼大臣」も訪れたお店です。なんでもお昼2時くらいには品切れとなるとのこと、足がはかどったわけです。美味しかった~💕 岩本寺宿坊に入るのにはまだ時間が早すぎたので、町の観光センターで自転車を借りて四万十川にかかる若井の沈下橋へ。憧れの清流四万十川、夢にまで見た四万十川、何かデジャブの感覚でした。
2023年4月『四国遍路③・修行の道場土佐の国 後編』 April 2023, \"③Shikoku-Henro, TosanoKuni Part 2\"_c0219616_18214244.jpg
2023年4月『四国遍路③・修行の道場土佐の国 後編』 April 2023, \"③Shikoku-Henro, TosanoKuni Part 2\"_c0219616_18214390.jpg
2023年4月『四国遍路③・修行の道場土佐の国 後編』 April 2023, \"③Shikoku-Henro, TosanoKuni Part 2\"_c0219616_18214388.jpg

4月22日、17日目

お接待 遍路フレンズ 笑みこぼれ

岩本寺からは94.2㎞先の足摺岬、38番霊場金剛福寺を目指します。途中2泊します。今日は太平洋をずっと左に見ながら歩き、海辺の民宿に投宿しました。今日で17日目、総歩行距離488.5㎞。まだ半分も歩いていません。この頃になると宿やお接待所で一緒になるメンバーが顔見知りになってきます。この日、道端のおじいさんから「コーヒーを飲んでいきなさい」と声を掛けられ、おじいさん手作りのお接待所に入ると、あらまみんな顔見知り。思わずみんなの笑みがこぼれました。遍路フレンズの皆さん、いい笑顔ですね。
2023年4月『四国遍路③・修行の道場土佐の国 後編』 April 2023, \"③Shikoku-Henro, TosanoKuni Part 2\"_c0219616_18494456.jpg
2023年4月『四国遍路③・修行の道場土佐の国 後編』 April 2023, \"③Shikoku-Henro, TosanoKuni Part 2\"_c0219616_18494413.jpg
豆知識 「お接待とは」 お遍路さんに対する四国の文化と言ってよいと思います。お遍路は「同行二人」と言われるよう、お大師様とともに歩いています。その二人に祈りを託すおもてなしが「お接待」であり、「お接待をすることで自らの代わりに遍路巡礼を託す」、あるいは、「お接待自体が功徳である」(四国遍路公式WEBサイト)と言わています。「お接待」を受ける私たち遍路は、ありがたく頂戴することが修行となっています。

海辺の景色
2023年4月『四国遍路③・修行の道場土佐の国 後編』 April 2023, \"③Shikoku-Henro, TosanoKuni Part 2\"_c0219616_18494427.jpg

そして今日の海辺の宿
2023年4月『四国遍路③・修行の道場土佐の国 後編』 April 2023, \"③Shikoku-Henro, TosanoKuni Part 2\"_c0219616_18494590.jpg
2023年4月『四国遍路③・修行の道場土佐の国 後編』 April 2023, \"③Shikoku-Henro, TosanoKuni Part 2\"_c0219616_18494533.jpg
ビールを片手にこぼれる笑顔、まだまだ悟りの世界からは遠いようです。

  大海原 ビール片手に 笑みこぼれ


4月23日、18日目

  潮風に 霞む岬の 遠さかな

足摺岬まであと30㎞。景色の良い四万十川河口付近を歩きました。砂浜、松原がとてもきれいでした。心が洗われます。
2023年4月『四国遍路③・修行の道場土佐の国 後編』 April 2023, \"③Shikoku-Henro, TosanoKuni Part 2\"_c0219616_09505119.jpg
浮鞭(うきびち)海岸
2023年4月『四国遍路③・修行の道場土佐の国 後編』 April 2023, \"③Shikoku-Henro, TosanoKuni Part 2\"_c0219616_09474905.jpg

入野松原
2023年4月『四国遍路③・修行の道場土佐の国 後編』 April 2023, \"③Shikoku-Henro, TosanoKuni Part 2\"_c0219616_09474961.jpg
2023年4月『四国遍路③・修行の道場土佐の国 後編』 April 2023, \"③Shikoku-Henro, TosanoKuni Part 2\"_c0219616_09482725.jpg

四万十大橋を渡る。四万十の清流も河口付近にまで来ると大河の趣です。
2023年4月『四国遍路③・修行の道場土佐の国 後編』 April 2023, \"③Shikoku-Henro, TosanoKuni Part 2\"_c0219616_09474909.jpg

この日は、足摺岬まで28㎞の「安宿」に泊まりました。電話で予約の際「やすやどさんですか?」と聞くと「あんしゅくです!」とのこと。失礼しました。カツオの刺身、ごちそうさま。
2023年4月『四国遍路③・修行の道場土佐の国 後編』 April 2023, \"③Shikoku-Henro, TosanoKuni Part 2\"_c0219616_09474932.jpg

4月24日、19日目

   潮騒に 心洗われ 心みがく

「鯨道」とよばれる遍路道をたどりながら、念願の足摺岬に!台風接近のせいか風が強く、波が高く押し寄せ、「これが足摺岬!」と実感しました。そして38番霊場金剛福寺に札を打つことができました。自分の足に感謝、みんなに感謝。
2023年4月『四国遍路③・修行の道場土佐の国 後編』 April 2023, \"③Shikoku-Henro, TosanoKuni Part 2\"_c0219616_10210507.jpg

1丁(109.9m)ごとに置かれた「丁石」。江戸時代のものが所々に残っている。
2023年4月『四国遍路③・修行の道場土佐の国 後編』 April 2023, \"③Shikoku-Henro, TosanoKuni Part 2\"_c0219616_10210597.jpg
2023年4月『四国遍路③・修行の道場土佐の国 後編』 April 2023, \"③Shikoku-Henro, TosanoKuni Part 2\"_c0219616_10210531.jpg
2023年4月『四国遍路③・修行の道場土佐の国 後編』 April 2023, \"③Shikoku-Henro, TosanoKuni Part 2\"_c0219616_10210571.jpg
2023年4月『四国遍路③・修行の道場土佐の国 後編』 April 2023, \"③Shikoku-Henro, TosanoKuni Part 2\"_c0219616_10210587.jpg
2023年4月『四国遍路③・修行の道場土佐の国 後編』 April 2023, \"③Shikoku-Henro, TosanoKuni Part 2\"_c0219616_10210534.jpg

4月25日、20日目

   落ちてなお 凛とたたずむ 紅つばき
冷たい雨が降りしきる中、足摺岬を出発し三十九番札所延光寺へ向かう。ここも62.8㎞、ただ無心に歩く。山辺の遍路道に落ちた赤い椿の花に目がとまった。
2023年4月『四国遍路③・修行の道場土佐の国 後編』 April 2023, \"③Shikoku-Henro, TosanoKuni Part 2\"_c0219616_10300906.jpg


4月26日、21日目
台風の影響でまだ雨が残る中、39番札所延光寺に向かって、海の遍路から山の遍路へ。長く厳しい道のりでした。歩いている間、ほとんど無心です。悟りを開かん、と深く思考できるのではないかと期待もしていましたが、考えることと言えばせいぜい今日の句を頭に浮かべるぐらい。たいていは歌を口ずさんでいました。それも子供のころの童謡ばかり(「夕焼け小焼け」が一番多かったかな)。そしてこのポーズが大のお気に入りでした。
反射鏡 見るたびポーズ 山遍路
雨上がり 新緑の中に 竹の秋
2023年4月『四国遍路③・修行の道場土佐の国 後編』 April 2023, \"③Shikoku-Henro, TosanoKuni Part 2\"_c0219616_10330436.jpg
2023年4月『四国遍路③・修行の道場土佐の国 後編』 April 2023, \"③Shikoku-Henro, TosanoKuni Part 2\"_c0219616_10330458.jpg
2023年4月『四国遍路③・修行の道場土佐の国 後編』 April 2023, \"③Shikoku-Henro, TosanoKuni Part 2\"_c0219616_10330446.jpg
39番霊場延光寺に札を打ちました。ずいぶんと髭が伸びました。特に験を担いだわけではありませんが、何となく「非日常」のことをしてみたかったのでしょうか。そもそもお遍路を始める前、①頭を剃ろう、②酒断ちをしよう、③緊急時以外は携帯を避けよう、の「三断ち」をこころざしましたが、①は衣子の「絶対ダメ、そんなことしたら別れるわよ!」であえなく断念。②は最初に泊まった宿坊で到着するなりビールの自販機をみつけ「シュパッ!」であえなく断念、③は毎日Facebookがお友達でした。

次の40番霊場観自在寺からは、もう伊予の国 愛媛県です。
お遍路日記はあたかも観光案内のごとくですが、なにとぞご寛容のほどをよろしくお願い申し上げます。

# by kobayashi-skin-c | 2023-06-29 11:42 | PHOTO & ESSAY | Comments(0)