人気ブログランキング | 話題のタグを見る
2021年7月 『大雪山クワンナイ沢遡行』 July 2021 "Canyoning in Kuwannai River, Mt Taisetsu"
沢登りを始めるきっかけとなったのは、日高幌尻岳額平川コースを辿るためだった(2017年7月 『幌尻岳・七つ沼カール』 July 2017 "Mt Porosiri & Nanatsu-numa Curl"。一度覚えた沢登りは楽しく爽快で、とくにノマド時代の佑さんに連れていってもらった日高の沢でのイワナ釣りと河原でのテント泊は、一生モノの思い出として残っている(2017年8月 『鹿が落ちる、熊が吼える』 August 2017 "Falling Deer, Roaring Bear")。その沢キャンプの時、山スキー、釣りの師匠Tさんから、夢のような滑滝が続く「クワンナイ沢」のことを聞き、私の憧れとなった。

2021年7月 『大雪山クワンナイ沢遡行』 July 2021 \"Canyoning in Kuwannai River, Mt Taisetsu\"_c0219616_06464536.jpg
7月30日、国際山岳ガイド宮下岳夫さんの案内で、仲間三人と共に念願のクワンナイ沢遡行に挑んだ。一昨年、昨年は衣子と共に地図を調べ、山行記録を読み、北海道森林局に入渓届を出し、二人でクワンナイ沢を企んだが、天候に恵まれず諦めていた経緯がある。今夏、衣子は沢での負傷(昨年11月、今年7月)、恐怖心が残り、私一人での参加となった。

まずは、天人峡にある清流橋のたもとからクワンナイ沢へと入渓。広い河原に透き通った水がとうとうと流れる。ひんやりとした感覚が心地よい。川のほとりには柱状節理の崖が続く。大雪山系は巨大な火山であり、過去の火山活動で流れた溶岩が冷え固まってこの柱状節理が形成された。
2021年7月 『大雪山クワンナイ沢遡行』 July 2021 \"Canyoning in Kuwannai River, Mt Taisetsu\"_c0219616_06464508.jpg
今年の大雪山は残雪が多く水量も豊富で、ひざ上~股下まで届く川の中を幾度となく渡渉。遡るにつれ次第に川幅が狭まり沢登りらしくなってきた。
2021年7月 『大雪山クワンナイ沢遡行』 July 2021 \"Canyoning in Kuwannai River, Mt Taisetsu\"_c0219616_08535962.jpg

倒木の橋を渡る。
2021年7月 『大雪山クワンナイ沢遡行』 July 2021 \"Canyoning in Kuwannai River, Mt Taisetsu\"_c0219616_06464504.jpg
スリリングな岩壁の「へつり」。下手くそな私は二度も頭からざぶん!
2021年7月 『大雪山クワンナイ沢遡行』 July 2021 \"Canyoning in Kuwannai River, Mt Taisetsu\"_c0219616_06464520.jpg


途中の河原でテントを張り、大好きな沢の夜を過ごした。この夜、クマに襲われることはなかった。
翌朝5:00キャンプ地を出発、いよいよクワンナイ沢核心部分へと迫る。まず「魚留の滝」。
2021年7月 『大雪山クワンナイ沢遡行』 July 2021 \"Canyoning in Kuwannai River, Mt Taisetsu\"_c0219616_06464662.jpg
「魚留の滝」を越えて、いよいよ滑(ナメ)滝の始まり。舗装道路のような滑らかな岩盤には分厚い苔が張り付き、ふかふかの絨毯を踏んで歩くようだ。夢見心地の遡行は1時間以上にわたって続いた。「滝の瀬十三丁」の名が付けられているとおり、約2㌔、サラサラ、キラキラと流れる滑滝の中で、私の心は子供に返ったようにはしゃいでいた。
2021年7月 『大雪山クワンナイ沢遡行』 July 2021 \"Canyoning in Kuwannai River, Mt Taisetsu\"_c0219616_08594117.jpg
2021年7月 『大雪山クワンナイ沢遡行』 July 2021 \"Canyoning in Kuwannai River, Mt Taisetsu\"_c0219616_08594164.jpg
2021年7月 『大雪山クワンナイ沢遡行』 July 2021 \"Canyoning in Kuwannai River, Mt Taisetsu\"_c0219616_08594233.jpg
2021年7月 『大雪山クワンナイ沢遡行』 July 2021 \"Canyoning in Kuwannai River, Mt Taisetsu\"_c0219616_08594265.jpg
2021年7月 『大雪山クワンナイ沢遡行』 July 2021 \"Canyoning in Kuwannai River, Mt Taisetsu\"_c0219616_08594237.jpg
2021年7月 『大雪山クワンナイ沢遡行』 July 2021 \"Canyoning in Kuwannai River, Mt Taisetsu\"_c0219616_08594165.jpg
2021年7月 『大雪山クワンナイ沢遡行』 July 2021 \"Canyoning in Kuwannai River, Mt Taisetsu\"_c0219616_08594202.jpg
やがて「ハングの滝」が現れ、滑滝は終了した。
2021年7月 『大雪山クワンナイ沢遡行』 July 2021 \"Canyoning in Kuwannai River, Mt Taisetsu\"_c0219616_09130698.jpg


続いて現れた通称「そうめんの滝」では滝の裏側に回り込み、ここでも大いにはしゃいだ。
2021年7月 『大雪山クワンナイ沢遡行』 July 2021 \"Canyoning in Kuwannai River, Mt Taisetsu\"_c0219616_09130673.jpg

川幅は狭まり、源頭部に近付いたことがわかる。
2021年7月 『大雪山クワンナイ沢遡行』 July 2021 \"Canyoning in Kuwannai River, Mt Taisetsu\"_c0219616_09130621.jpg

源頭部の雪渓脇に素敵なキャンプ地。お花畑に囲まれ天国のような場所である。
2021年7月 『大雪山クワンナイ沢遡行』 July 2021 \"Canyoning in Kuwannai River, Mt Taisetsu\"_c0219616_09130666.jpg
2021年7月 『大雪山クワンナイ沢遡行』 July 2021 \"Canyoning in Kuwannai River, Mt Taisetsu\"_c0219616_09130611.jpg

宮下さんに、そして素敵な仲間たちに感謝。ありがとう、クワンナイ沢。
2021年7月 『大雪山クワンナイ沢遡行』 July 2021 \"Canyoning in Kuwannai River, Mt Taisetsu\"_c0219616_09130630.jpg
2021年7月 『大雪山クワンナイ沢遡行』 July 2021 \"Canyoning in Kuwannai River, Mt Taisetsu\"_c0219616_09130651.jpg

贅沢な時間を過ごした「クワンナイ沢」。今度は、私が衣子を案内しよう。

# by kobayashi-skin-c | 2021-08-19 09:28 | PHOTO & ESSAY | Comments(0)
2021年7月 『世界遺産、知床縦走』 July 2021 "Trekking in World Heritage, Shiretoko"
知床、しれとこ、シリ・エトゥク
「秘境」、「日本のさいはて」、「手つかずの大自然」、「オホーツク」、「ひぐま」などさまざまな想いが連なり、憧れがかきたてられる。北海道大学に入学したころ、森繁久彌が歌う「知床旅情」が大ヒットしていた。ご多分に漏れず私も大きなキスリング(リュック)を背負い、いわゆるカニ族と呼ばれる出で立ちで知床へ行った。夏にもかかわらず、テントの中で震えながら寝ていたことを思い出す。

知床羅臼岳にはすでに二度登頂しているが、目指すは知床連山の縦走。昨夏、悪天候であきらめた経緯がある。今夏は、衣子の膝の怪我もあり、二泊三日ののんびり縦走を計画した。が、・・・・・・・・

今夏の北海道は異例の暑さ!知床も麓の斜里町では32℃、山の上でも25℃。暑さに苦しんだ。でもやっぱり山の上は天国だった。
2021年7月 『世界遺産、知床縦走』 July 2021 \"Trekking in World Heritage, Shiretoko\"_c0219616_11262531.jpg
二泊目の宿泊地、硫黄山第一火口テント場。雪渓の雪解け水が小川を作り、高山植物の花が咲き乱れている。この世の天国と見まごう。
2021年7月 『世界遺産、知床縦走』 July 2021 \"Trekking in World Heritage, Shiretoko\"_c0219616_11454453.jpg

ここに来るまでには縦走路特有のアップダウンの連続。ハイマツトンネルやナナカマドトンネル。途中の道迷い、水切れもあった。ときおりオホーツク海から吹き上げてくる風に癒されながら、知床の大自然を満喫した。

早朝札幌を立ち新千歳空港から女満別空港へ。レンタカーを借りて小清水町のモン・ベルショップに立ち寄りガスボンベを購入。斜里町ウトロの岩尾別登山口に11:30到着。木下小屋を11:40に出発した。


羅臼平にテントを張り、いよいよ羅臼岳を出発し縦走へと歩き始めた。三峰のコルから羅臼岳を望む。

2021年7月 『世界遺産、知床縦走』 July 2021 \"Trekking in World Heritage, Shiretoko\"_c0219616_11382992.jpg
三峰を越えてサシルイ岳へ。後ろに三峰、羅臼岳。
この辺りはお花畑が広がっていた。
2021年7月 『世界遺産、知床縦走』 July 2021 \"Trekking in World Heritage, Shiretoko\"_c0219616_12052701.jpg
2021年7月 『世界遺産、知床縦走』 July 2021 \"Trekking in World Heritage, Shiretoko\"_c0219616_12052764.jpg
2021年7月 『世界遺産、知床縦走』 July 2021 \"Trekking in World Heritage, Shiretoko\"_c0219616_12052881.jpg
2021年7月 『世界遺産、知床縦走』 July 2021 \"Trekking in World Heritage, Shiretoko\"_c0219616_12052841.jpg
2021年7月 『世界遺産、知床縦走』 July 2021 \"Trekking in World Heritage, Shiretoko\"_c0219616_12052740.jpg
2021年7月 『世界遺産、知床縦走』 July 2021 \"Trekking in World Heritage, Shiretoko\"_c0219616_12052746.jpg
2021年7月 『世界遺産、知床縦走』 July 2021 \"Trekking in World Heritage, Shiretoko\"_c0219616_12052836.jpg

サシルイからオッカバケ岳を越え、向こうに二つ池。
2021年7月 『世界遺産、知床縦走』 July 2021 \"Trekking in World Heritage, Shiretoko\"_c0219616_12090797.jpg
畔にはエゾカンゾウがたくさん咲いていた。
2021年7月 『世界遺産、知床縦走』 July 2021 \"Trekking in World Heritage, Shiretoko\"_c0219616_12052893.jpg
さらに南岳へと向かう。このあたりの山道はハイマツトンネル、ナナカマドトンネルが続き、おまけに岩ゴロゴロでかなり体力を消耗した。
2021年7月 『世界遺産、知床縦走』 July 2021 \"Trekking in World Heritage, Shiretoko\"_c0219616_11455411.jpg
2021年7月 『世界遺産、知床縦走』 July 2021 \"Trekking in World Heritage, Shiretoko\"_c0219616_11453876.jpg
2021年7月 『世界遺産、知床縦走』 July 2021 \"Trekking in World Heritage, Shiretoko\"_c0219616_11455362.jpg
まだまだ道のりは遠い。稜線の左端が目指す硫黄山!

天国へと続くような草原の道もあった。
2021年7月 『世界遺産、知床縦走』 July 2021 \"Trekking in World Heritage, Shiretoko\"_c0219616_11455338.jpg
そしてこの日最後に待ち受けていたのが、知円別岳を越えた先の、顕著な火山地形。
2021年7月 『世界遺産、知床縦走』 July 2021 \"Trekking in World Heritage, Shiretoko\"_c0219616_11453367.jpg
2021年7月 『世界遺産、知床縦走』 July 2021 \"Trekking in World Heritage, Shiretoko\"_c0219616_12151839.jpg
ザラザラの砂礫は滑りやすく、おまけに手でつかめるような木、岩もない。緊張した。そして行く手の奇妙な形の岩(ラクダ岩とよぶことにしよう)を抜ける道に迷いちょっとヒヤリ。ラクダ岩を越えると眼下に今日のキャンプ地が見えてきた。眼下に見えるのだが、分かれ道がない。GPSにも出ていない。砂礫の急斜面を下ろうとしたが、とても危なくて無理だ。「もう仕方ない、分かれ道がみつからなければ、硫黄山登山口まで下山しよう、ビバークもやむなし」と腹をくくって、わずかに残っていた雪渓のしたたり水を補給し、道を進んだ。そして硫黄山山頂が目の前に近づいたころ、ありました分岐道。そして天国のような第一火口キャンプ指定地へと辿りついた次第。朝5時半に羅臼平を出発し、15:50到着。10時間20分の行動時間でした。「地獄から天国」とはまさにこのことのよう。テントの上のほうに、あの地獄のラクダ岩が見える。
2021年7月 『世界遺産、知床縦走』 July 2021 \"Trekking in World Heritage, Shiretoko\"_c0219616_12302684.jpg

そして3日目、最後の硫黄山山頂を踏み、遠かった道を振り返った。
2021年7月 『世界遺産、知床縦走』 July 2021 \"Trekking in World Heritage, Shiretoko\"_c0219616_11460781.jpg
2021年7月 『世界遺産、知床縦走』 July 2021 \"Trekking in World Heritage, Shiretoko\"_c0219616_11460772.jpg
右端、うっすらと高くそびえているのが羅臼岳。念願を叶えることができ、大きな歓びが込み上げる。衣子さん、ごくろうさまでした。

帰り道、斜里町にある「天へ続く道」を訪ねた。私にとってはまさに「天国へと続く道!」。今回見ることができなかった(もう散っていた)シレトコスミレを見にまた来たいな、と思ったのは僕だけかしら。
2021年7月 『世界遺産、知床縦走』 July 2021 \"Trekking in World Heritage, Shiretoko\"_c0219616_11462842.jpg




# by kobayashi-skin-c | 2021-08-06 12:45 | PHOTO & ESSAY | Comments(0)
2021年7月 『花の楽園 - 大雪山』 July 2021 "Flower Paradise, Mt Taisetsu"
一番好きな高山植物はなんだろう?
2021年7月 『花の楽園 - 大雪山』 July 2021 \"Flower Paradise, Mt Taisetsu\"_c0219616_09511261.jpg
私はエゾコザクラを真っ先に挙げる。まず、色がきれい。深い赤紫色です。そして可憐。10㌢にも満たない茎の上に、2,3輪の花をのせる。もう51年も前のこと、大学1年生の夏休み、初めて大雪山(トムラウシ山)を縦走した。テント場のまわりに咲いていたのが、このエゾコザクラだった。

古希を迎えた今も、山への憧れは熱く続いたまま。
7月、沢登りで転倒して脛骨挫傷を負った衣子も、少し痛みが和らいできたようなので、白雲岳避難小屋に宿泊して、ゆっくりのんびり、1泊2日の花山旅に出かけた。
2021年7月 『花の楽園 - 大雪山』 July 2021 \"Flower Paradise, Mt Taisetsu\"_c0219616_10023691.jpg
昨年、大幅に改修された白雲岳避難小屋は快適で、コロナ対策もしっかりとられていた。羊蹄山避難小屋や黒岳石室が新築、改築でずいぶんと不便になったのとは大違い。

今年の大雪山系の夏はまだ残雪が多い。
2021年7月 『花の楽園 - 大雪山』 July 2021 \"Flower Paradise, Mt Taisetsu\"_c0219616_10072888.jpg
2021年7月 『花の楽園 - 大雪山』 July 2021 \"Flower Paradise, Mt Taisetsu\"_c0219616_10072959.jpg
2021年7月 『花の楽園 - 大雪山』 July 2021 \"Flower Paradise, Mt Taisetsu\"_c0219616_10125525.jpg
花を愛でながら、赤岳、緑岳、白雲岳の山頂も踏んだ。この三山を巡るのが流行りみたい。トリコロール縦走というのだそうだ。イタリア国旗である。
2021年7月 『花の楽園 - 大雪山』 July 2021 \"Flower Paradise, Mt Taisetsu\"_c0219616_10122198.jpg
2021年7月 『花の楽園 - 大雪山』 July 2021 \"Flower Paradise, Mt Taisetsu\"_c0219616_10115831.jpg
2021年7月 『花の楽園 - 大雪山』 July 2021 \"Flower Paradise, Mt Taisetsu\"_c0219616_10122183.jpg

雪が解けた雪渓の縁からお花たちが咲き始める。
2021年7月 『花の楽園 - 大雪山』 July 2021 \"Flower Paradise, Mt Taisetsu\"_c0219616_10072947.jpg
一面のチングルマ、そしてエゾノツガザクラ。
2021年7月 『花の楽園 - 大雪山』 July 2021 \"Flower Paradise, Mt Taisetsu\"_c0219616_10150411.jpg
2021年7月 『花の楽園 - 大雪山』 July 2021 \"Flower Paradise, Mt Taisetsu\"_c0219616_10145859.jpg


ここからは、たくさんのお花たちを紹介いたします。ご鑑賞ください。もう何度もブログに掲載したのですが、今年の大雪山のお花は、今まで見たことがないほど、たくさん、きれいに、咲いていました。

まずは、高山植物の女王「コマクサ」。駒草平では、見渡す限りピンクの花が点々と広がっていました。
2021年7月 『花の楽園 - 大雪山』 July 2021 \"Flower Paradise, Mt Taisetsu\"_c0219616_10180728.jpg
2021年7月 『花の楽園 - 大雪山』 July 2021 \"Flower Paradise, Mt Taisetsu\"_c0219616_10180779.jpg


花を求めていたのは私たちだけでありません。高山蝶「タカネヒカゲ」。
2021年7月 『花の楽園 - 大雪山』 July 2021 \"Flower Paradise, Mt Taisetsu\"_c0219616_10352900.jpg

大好きなホソバウルップソウ。一面に咲いています。
2021年7月 『花の楽園 - 大雪山』 July 2021 \"Flower Paradise, Mt Taisetsu\"_c0219616_10211715.jpg

ホソバウルップソウ、タカネスミレ、コマクサの豪華な競演
2021年7月 『花の楽園 - 大雪山』 July 2021 \"Flower Paradise, Mt Taisetsu\"_c0219616_10211763.jpg


ここからは、花の名前五十音順です。

イソツツジ
2021年7月 『花の楽園 - 大雪山』 July 2021 \"Flower Paradise, Mt Taisetsu\"_c0219616_10243615.jpg

イワウメ
2021年7月 『花の楽園 - 大雪山』 July 2021 \"Flower Paradise, Mt Taisetsu\"_c0219616_10245215.jpg

イワギキョウ
2021年7月 『花の楽園 - 大雪山』 July 2021 \"Flower Paradise, Mt Taisetsu\"_c0219616_10251982.jpg

ウコンウツギ
2021年7月 『花の楽園 - 大雪山』 July 2021 \"Flower Paradise, Mt Taisetsu\"_c0219616_10254885.jpg

エゾイワツメクサ、 ここからしばらくエゾの名を冠する花々が続きます。
2021年7月 『花の楽園 - 大雪山』 July 2021 \"Flower Paradise, Mt Taisetsu\"_c0219616_10261355.jpg

エゾオヤマノエンドウ
2021年7月 『花の楽園 - 大雪山』 July 2021 \"Flower Paradise, Mt Taisetsu\"_c0219616_10273200.jpg

エゾコザクラ
2021年7月 『花の楽園 - 大雪山』 July 2021 \"Flower Paradise, Mt Taisetsu\"_c0219616_10274834.jpg

エゾツツジ
2021年7月 『花の楽園 - 大雪山』 July 2021 \"Flower Paradise, Mt Taisetsu\"_c0219616_10280801.jpg


エゾノツガザクラ
2021年7月 『花の楽園 - 大雪山』 July 2021 \"Flower Paradise, Mt Taisetsu\"_c0219616_10285811.jpg

エゾノリュウキンカ
2021年7月 『花の楽園 - 大雪山』 July 2021 \"Flower Paradise, Mt Taisetsu\"_c0219616_10292002.jpg

エゾハクサンイチゲ
2021年7月 『花の楽園 - 大雪山』 July 2021 \"Flower Paradise, Mt Taisetsu\"_c0219616_10295235.jpg

エゾヒメクワガタ
2021年7月 『花の楽園 - 大雪山』 July 2021 \"Flower Paradise, Mt Taisetsu\"_c0219616_10302461.jpg

エゾミヤマツメクサ
2021年7月 『花の楽園 - 大雪山』 July 2021 \"Flower Paradise, Mt Taisetsu\"_c0219616_10304734.jpg

キバナシオガマ
2021年7月 『花の楽園 - 大雪山』 July 2021 \"Flower Paradise, Mt Taisetsu\"_c0219616_10304662.jpg

キバナシャクナゲ
2021年7月 『花の楽園 - 大雪山』 July 2021 \"Flower Paradise, Mt Taisetsu\"_c0219616_10304627.jpg
2021年7月 『花の楽園 - 大雪山』 July 2021 \"Flower Paradise, Mt Taisetsu\"_c0219616_10304639.jpg

クモマユキノシタ
2021年7月 『花の楽園 - 大雪山』 July 2021 \"Flower Paradise, Mt Taisetsu\"_c0219616_10323390.jpg

コケモモ
2021年7月 『花の楽園 - 大雪山』 July 2021 \"Flower Paradise, Mt Taisetsu\"_c0219616_10325314.jpg

ゴゼンタチバナ
2021年7月 『花の楽園 - 大雪山』 July 2021 \"Flower Paradise, Mt Taisetsu\"_c0219616_10331462.jpg

サンカヨウ
2021年7月 『花の楽園 - 大雪山』 July 2021 \"Flower Paradise, Mt Taisetsu\"_c0219616_10341063.jpg
タカネオミナエシ
2021年7月 『花の楽園 - 大雪山』 July 2021 \"Flower Paradise, Mt Taisetsu\"_c0219616_10364627.jpg

タカネスミレが一面に咲き乱れていました。
2021年7月 『花の楽園 - 大雪山』 July 2021 \"Flower Paradise, Mt Taisetsu\"_c0219616_10372959.jpg
2021年7月 『花の楽園 - 大雪山』 July 2021 \"Flower Paradise, Mt Taisetsu\"_c0219616_10372967.jpg

タカネヤハズハハコ
2021年7月 『花の楽園 - 大雪山』 July 2021 \"Flower Paradise, Mt Taisetsu\"_c0219616_10380414.jpg

チョウノスケソウ
2021年7月 『花の楽園 - 大雪山』 July 2021 \"Flower Paradise, Mt Taisetsu\"_c0219616_10383867.jpg

チングルマ
2021年7月 『花の楽園 - 大雪山』 July 2021 \"Flower Paradise, Mt Taisetsu\"_c0219616_10385488.jpg

マルバシモツケ
2021年7月 『花の楽園 - 大雪山』 July 2021 \"Flower Paradise, Mt Taisetsu\"_c0219616_10391714.jpg

ミネズオウ
2021年7月 『花の楽園 - 大雪山』 July 2021 \"Flower Paradise, Mt Taisetsu\"_c0219616_10395193.jpg

ミヤマキンポウゲ
2021年7月 『花の楽園 - 大雪山』 July 2021 \"Flower Paradise, Mt Taisetsu\"_c0219616_10401193.jpg

ミヤマリンドウ
2021年7月 『花の楽園 - 大雪山』 July 2021 \"Flower Paradise, Mt Taisetsu\"_c0219616_10403668.jpg

メアカンキンバイ
2021年7月 『花の楽園 - 大雪山』 July 2021 \"Flower Paradise, Mt Taisetsu\"_c0219616_10410530.jpg

リシリリンドウ
2021年7月 『花の楽園 - 大雪山』 July 2021 \"Flower Paradise, Mt Taisetsu\"_c0219616_10413667.jpg

リシリリンドウ変種? リシリリンドウの花弁は通常5つなのに、6枚の花弁??
2021年7月 『花の楽園 - 大雪山』 July 2021 \"Flower Paradise, Mt Taisetsu\"_c0219616_10413680.jpg


夜は満天の星でした。朝日を緑岳の頂上で迎え、朝日に焼ける高根ケ原、遠くトムラウシ山を望みました。大雪山の魅力はつきません。「命尽きるまで、何度も足を運びたい」、そう思った花山旅でした。衣子さん、ご苦労様でした。
2021年7月 『花の楽園 - 大雪山』 July 2021 \"Flower Paradise, Mt Taisetsu\"_c0219616_11143674.jpg
2021年7月 『花の楽園 - 大雪山』 July 2021 \"Flower Paradise, Mt Taisetsu\"_c0219616_11143624.jpg

# by kobayashi-skin-c | 2021-07-16 11:16 | PHOTO & ESSAY | Comments(0)
2021年6月 『夏山に遊ぶ -沢登り・花の山-』 June 2021 "Pleasure in the Mountains"
初夏の北海道の山で遊ぶ。

我家から車で30分の登山口から入山すると、そこはもう大自然。
札幌は大都市、と札幌人は自負しているが、そのすぐ傍にこの大人の遊び場!

沢に遊び、山の花に見惚れる。

まずは、琴似発寒川で沢登り。
2021年6月 『夏山に遊ぶ -沢登り・花の山-』 June 2021 \"Pleasure in the Mountains\"_c0219616_12032490.jpg
案内は、国際山岳ガイドの宮下親分。こんな難所も親分のサポートで安心。
2021年6月 『夏山に遊ぶ -沢登り・花の山-』 June 2021 \"Pleasure in the Mountains\"_c0219616_12032331.jpg

小滝、早瀬、渕が続き、大滝が終点。最後は、アイヌネギ(行者ニンニク)のお土産まで、大自然からいただきました。山の神に感謝です。
2021年6月 『夏山に遊ぶ -沢登り・花の山-』 June 2021 \"Pleasure in the Mountains\"_c0219616_12032411.jpg
2021年6月 『夏山に遊ぶ -沢登り・花の山-』 June 2021 \"Pleasure in the Mountains\"_c0219616_12032402.jpg
2021年6月 『夏山に遊ぶ -沢登り・花の山-』 June 2021 \"Pleasure in the Mountains\"_c0219616_12032461.jpg
2021年6月 『夏山に遊ぶ -沢登り・花の山-』 June 2021 \"Pleasure in the Mountains\"_c0219616_12032406.jpg


続いて、登山口まで45分の定山渓天狗岳。男らしい山容と、花が美しい定天(じょうてん)。大好きな遊び場である。
2021年6月 『夏山に遊ぶ -沢登り・花の山-』 June 2021 \"Pleasure in the Mountains\"_c0219616_12122425.jpg
男らしい山容であり、花が美しい定天。帰化植物(ルピナス)と一緒なのはいただけないね。

下はエゾグンナイフウロウ。ハクサンフウロウ、チシマフウロウに比べると、濃い青色をしている。
2021年6月 『夏山に遊ぶ -沢登り・花の山-』 June 2021 \"Pleasure in the Mountains\"_c0219616_12122439.jpg

美人のエゾノハナシノブ(シノブちゃん 113.png
2021年6月 『夏山に遊ぶ -沢登り・花の山-』 June 2021 \"Pleasure in the Mountains\"_c0219616_12122410.jpg

岩に張り付くヤマハナソウ
2021年6月 『夏山に遊ぶ -沢登り・花の山-』 June 2021 \"Pleasure in the Mountains\"_c0219616_12122494.jpg

アツモリソウ
2021年6月 『夏山に遊ぶ -沢登り・花の山-』 June 2021 \"Pleasure in the Mountains\"_c0219616_12122455.jpg
2021年6月 『夏山に遊ぶ -沢登り・花の山-』 June 2021 \"Pleasure in the Mountains\"_c0219616_12122593.jpg
山頂から観る羊蹄山。やっぱり、でかいね。
2021年6月 『夏山に遊ぶ -沢登り・花の山-』 June 2021 \"Pleasure in the Mountains\"_c0219616_12122331.jpg
2021年6月 『夏山に遊ぶ -沢登り・花の山-』 June 2021 \"Pleasure in the Mountains\"_c0219616_12122399.jpg
山の神、キムンカムイの爪痕がトドマツの幹に残されていた。オスのヒグマは縄張りのしるしとして、自分の強さを誇示するため、より高い位置に爪痕を残す。山の神の怒りをかうことがないよう、山の神に祈りを込める。

北海道の夏山、もう少し遊ばせてもらおう。

# by kobayashi-skin-c | 2021-07-08 13:09 | PHOTO & ESSAY | Comments(0)
2021年6月 『再び羊蹄山へ、山頂のビバーク』 June 2021 "Mt Yotei (Ezo-Fuji), again; Bivouac on the Summit"
夏山シーズンの到来。雪渓が残る羊蹄山へ向かった。
コロナ禍の影響で山頂避難小屋は昨年から閉じられたまま。
念のため、テントを担いで登り、山頂でビバーク。
雲海へ沈む夕日、雲海から昇る朝日を望み、幸せと勇気を貰った。
2021年6月 『再び羊蹄山へ、山頂のビバーク』 June 2021 \"Mt Yotei (Ezo-Fuji), again; Bivouac on the Summit\"_c0219616_11463227.jpg
2021年6月 『再び羊蹄山へ、山頂のビバーク』 June 2021 \"Mt Yotei (Ezo-Fuji), again; Bivouac on the Summit\"_c0219616_11463217.jpg
2021年6月 『再び羊蹄山へ、山頂のビバーク』 June 2021 \"Mt Yotei (Ezo-Fuji), again; Bivouac on the Summit\"_c0219616_11463312.jpg
2021年6月 『再び羊蹄山へ、山頂のビバーク』 June 2021 \"Mt Yotei (Ezo-Fuji), again; Bivouac on the Summit\"_c0219616_11463395.jpg
2021年6月 『再び羊蹄山へ、山頂のビバーク』 June 2021 \"Mt Yotei (Ezo-Fuji), again; Bivouac on the Summit\"_c0219616_11463335.jpg
2021年6月 『再び羊蹄山へ、山頂のビバーク』 June 2021 \"Mt Yotei (Ezo-Fuji), again; Bivouac on the Summit\"_c0219616_11463347.jpg


2021年6月 『再び羊蹄山へ、山頂のビバーク』 June 2021 \"Mt Yotei (Ezo-Fuji), again; Bivouac on the Summit\"_c0219616_11491947.jpg
山頂では、神にも出会った(ブロッケン現象)。
自然現象とは分かっていても、神秘さを感じる。
もう幾度ここで神に会うことができるだろうか。

# by kobayashi-skin-c | 2021-07-08 11:55 | PHOTO & ESSAY | Comments(0)